歌手の給料・年収

歌手の平均年収・給料の統計データ

実力主義の世界

歌手として活動している人は、プロとして音楽事務所に所属している人もいればセミプロとして個人事業主をしている人もいますし、アルバイトとして不定期で歌っている人もいます。

活動の場もさまざまです。

大きなコンサートホールやライブ会場で歌っている人もいれば、ストリートミュージシャンをする人もいますし、バーやレストランなどの飲食店で歌っている人もいます。

最近では、動画サイトやSNSを通じて音楽配信を行うという新しいスタイルの歌手も誕生しています。

このような事情から、歌手の給料や年収は一般の会社員以上に個々で大きな差が出やすいため、一概に「いくら」とはいえません。

個人の人気や活動量に応じて金額が決まります。

完全なる実力主義の世界です。

歌手の平均年収・月収・ボーナス

歌手の年収の平均値を出すことは非常に難しいため、公的な統計データがありません。

実際、音楽活動での収入が年間100万円未満の歌手もたくさんいますし、大きなヒットを生み出すことで年収が何千万円、何億円にまで達する歌手もいるようです。

収入源はライブの集客数やCD・DVDの売り上げによって決まりますが、ヒット曲ができればカラオケなどの印税収入も入ります。

ビジュアルで売り出している歌手の場合、写真集やグッズで収益を上げることも可能でしょう。

歌手の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

歌手の手取りの月収は、少ない人だと数万円程度です。

地元のイベントやお祭りで歌ったり、結婚式や飲食店で歌ったり、ライブを開いたりして毎月の収入を稼ぎますが、知名度がない歌手の場合は一回当たりの単価が高くないので、回数をこなさなければ収入は高くなりません。

安定したオファーがくるようになると、毎月数十万円は稼げるようになります。

日本全国、あるいは世界的に活躍している歌手であれば、毎月の手取りが数百万円に達することも珍しくありません。

ライブやCDの売り上げ以外にも、CMの出演料などがあるので、高額な収入を得ることができます。

歌手の初任給はどれくらい?

事務所に所属している新人歌手は、通常であれば音楽事務所が用意したマンションや寮に住居を移して生活をします。

しかし、その時点では歌が売れているわけではありませんから、歌手活動の結果としての収入はありません。

新人時代は事務所から月10万円から20万円ほどの給料をもらって生活する人も多いようです。

一方、ヒットし始めると完全出来高制で「ギャラの○%を支払う」といった契約を結ぶ場合もあります。

人気が高まると収入を一気にアップさせることができますが、最初は苦しい生活からのスタートとなる人が多いのが現状です。

歌手の福利厚生の特徴は?

歌手の福利厚生は、事務所に所属しているかどうか、あるいはどんな事務所に所属しているかで異なります。

大手の事務所の場合、自社のアーティストや社員を住まわせるための社宅や寮を用意していることがありますし、マネージャーによるサポート体制が整っているので最低限の休暇も確保できます。

しかし、小規模な事務所や個人事務所の場合は、経営的にも不安定なところが多く、マネージャーやスタッフも数が少ないのが現状です。

福利厚生の面ではあまり期待しないほうがよいでしょう。

歌手の給料・年収の特徴

不安定な収入

歌手の収入の大きな特徴として、とにかく不安定ということが挙げられます。

「一発屋」という言葉の通り、ある作品が大ヒットしても、その後は鳴かず飛ばずでいつの間にか姿が見えなくなるといったことが決して珍しくありません。

活動状況は収入にもおおいに影響します。

売れた年の売上が数千万円あったとしても、次の年の売上は数百万円、あるいは数十万円にまで落ち込むこともあります。

歌手は人気商売という面が大きいため、浮き沈みの激しい仕事なのです。

印税収入の魅力

プロダクションから入る給料だけでなく、歌手は楽曲の売り上げによる「印税収入」を得ています。

この印税収入には、「作詞印税」「作曲印税」「歌唱印税(アーティスト印税)」などがあります。

それぞれの割合は、CD価格からパッケージ代を除いた金額の1%~3%程度ですが、新人歌手の場合は1%が相場です。

印税をもらうのがソロ歌手で、作詞作曲を手がけない場合は1%のみの印税が入りますが、もし作詞作曲を手がける場合は、作詞印税や作曲印税が加えられ、おおよそ1.5%ずつ入ります。

個人とグループの違い

歌手の収入のシステムは、個人で活動しているか、グループ歌手で活動しているかでも異なります。

グループで活動している場合は、歌唱印税の1%をグループの人数で分けなければなりません。

なお、これらの印税はカラオケや着メロとして曲が使われても加算されます。

大ヒットを連発し、時間が経ってもカラオケで歌い継がれるような歌手になると、より安定した収入を得られるようになるでしょう。

歌手の勤務先別の給料・年収

事務所に所属する歌手

事務所に所属しながら活動する歌手は、「レコード会社」と「音楽プロダクション(事務所)」の両方と契約を結ぶことになります。

それぞれと交わした契約によって、双方から収入が入ってきます。

プロダクションをひとことで表せば、歌手のマネージメントをしてくれる存在です。

プロダクションとマネージメント契約を結ぶと、歌手には「契約金」として、最初に数十万円~数百万円のお金が入ります。

その後の収入は、活動の実績によって変わってきます。

個人事業主の歌手の場合

事務所には所属せずに、個人事業主として活動する歌手もいます。

CDを発売したりライブを開いたりするのではなく、バーやレストランなどの飲食店で歌う活動をメインにしている歌手や、ボーカル教室を開いている歌手の場合、個人事業主として自分のペースで働くことが多いようです。

収入は固定制ではありませんし、給料という形で支払われるわけではありません。

飲食店での一回の出演で三万円もらえるとしたら、ここから交通費や楽譜代などの経費を差し引いた金額が手元に残ります。

歌手の正社員以外の給料・年収

アルバイト

アルバイトの歌手として働いている人は、一回の出演につき数万円程度の出演料を受け取ることが多いようです。

ただし、これはあくまでもメインボーカルとして参加した場合のこと。

複数の人が参加するバックコーラスの場合、金額は一回につき数千円程度ということもあります。

人数が多ければ多いほど、一人当たりの出演料も減ってしまう傾向があります。

主婦や学生をしながらアルバイトでの歌手活動を続けている人もいます。

収入を目的としているというよりも「歌が好きだから」という理由で歌っている人が多いのではないでしょうか。

フリーランス

フリーランスの歌手として働いている人もいます。

自分のライブ活動による収益以外にも、ボーカル教室をしたり他のミュージシャンに楽曲の提供をしたりしながら収入を得ていることが多いようです。

事務所に所属している歌手のように契約金や固定給が支払われるわけでないので、生活は不安定になりがちです。

自分でさまざまな収入源を確保しておくことが大切です。

歌手の働き方の種類・雇用形態

歌手が収入を上げるためには?

歌手が収入を上げるためには、とにかく収入源を増やすことが大切です。

具体的にいうと、テレビや雑誌、イベントへの出演料、ライブやコンサートの売り上げ、ファンクラブの売り上げ、グッズの販売益などがあります。

これらのお金の流れについてはたいていの場合、音楽プロダクションがプロデュースしており、それも含めて歌手の給料に反映されていきます。

人気がある歌手ほど、大規模なコンサートに数多く出演したり、ファンクラブの会員数やグッズ販売の収益も大きなものとなります。

売れっ子歌手になれば、一般の人が稼げないような高額なお金を得ることも夢ではありません。