ラジオパーソナリティの募集状況・オーディションに合格するには?

ラジオパーソナリティの募集状況

ラジオパーソナリティの求人はそれほど多くありません。

人気のある職業なのでラジオ局の就職試験やオーディションは非常に倍率が高くなります。

狭き門ではあることは間違いありませんが「音楽に詳しい」「喋りが面白い」などの理由からオーディションで抜擢され、有名なパーソナリティになった人は数多くいます。

誰にも負けないような話術や専門知識、人間性を磨きながら、新たな募集が行われるチャンスを待つのがよいでしょう。

ラジオパーソナリティのオーディションに合格するには?

人に話をすることから

未経験の人でもラジオパーソナリティを目指すことは可能です。

現在活躍しているパーソナリティも、誰もがはじめは未経験だったわけです。

ラジオパーソナリティを目指していても、まだ人前で喋ったことがないという人は、学校の放送部やインターネットのライブ配信や動画配信などで、「他人に話す経験」を積んでみるのがよいでしょう。

人に話を伝えることにはとにかく慣れることが大切で、今の環境でも、ラジオパーソナリティとしての経験は少しずつ積むことはできるのです。

話し方の知識やスキルを身に付ける

オーディションで合格するためには、やはり基本的な技術が備わっていなければなりません。

専門学校やアナウンサースクールなど、ラジオパーソナリティとしての基本技術、発声や滑舌などを利用するとよいでしょう。

パーソナリティとしてのトークのおもしろさや個性・キャラクターは、基本技術が備わっていて初めて発揮されるため、未経験でも基本技術を会得していることが、何よりも大切だと言えるでしょう。

アイデアを溜め込んでおく

パーソナリティとして未経験の時代からやっておくべきこととして挙げておきたいのは、「何をリスナーに伝えたいのか?」「どうやってリスナーを楽しませるか?」を考えておくことです。

パーソナリティになったとき、どんな番組を作るのかを考え、アイデアを出しておくことは、プロになってから必ず役立ちます。

もちろん経験がものを言うこともありますが、経験が浅くても、そういったアイデアをたくさん持っていれば、仕事のオファーが来る可能性も高くなるでしょう。

ラジオパーソナリティとして心がけること

ラジオの歴史を知ること

ラジオパーソナリティとして活躍する上では、ラジオの歴史を知っておくことも大切です。

ラジオ放送が開始され、80年近くが経っています。

言うまでもなく、これまでに数えきれないほどの番組が放送され、放送史に残る番組も多くあります。

話し方や番組構成の仕方、リスナーの反応を知る上でも、こうした歴史や過去の人気番組の知識を身に付けておくとよいでしょう。

人間性があらわになる仕事

ラジオパーソナリティはその名の通り、しゃべる人物の「パーソナリティ」がリスナーにあらわになる仕事です。

それゆえ、ちょっとしたコメントでも如実にパーソナリティの人間性が表れるのです。

人気パーソナリティは、その人間性がリスナーに愛されている人物と言っても過言ではありません。

滑舌が良く、声色も聞き心地が良いだけでは、人気パーソナリティになることはできません。

人との出会いを大切にすること

ラジオパーソナリティにとって、人との出会いも大切なことです。

ラジオ番組は、テレビに比べ少数精鋭のスタッフで制作している分、パーソナリティの魅力・伝えたいこと・長所や短所をきちんと理解したスタッフがいるかどうかが大切になってくるのです。

どれだけ魅力的なパーソナリティでも、その魅力に気づかないスタッフと番組を作っていては、人気は得られません。

また、パーソナリティや番組を応援してくれるリスナーを大切にすることも重要です。

良き理解者でもあるスタッフやリスナーを味方につけて、ともに番組を作っていくことは、人気ラジオパーソナリティにとって必要不可欠なことだといえるでしょう。