プロの歌手とアマの歌手の違い

「プロ」と「アマ」の仕事内容の違い

音楽の世界では、しばしば「プロ(プロフェッショナル)」や「アマ(アマチュア)」という使い分けをされることがありますが、この違いはどこにあるのでしょうか。

一般的に「プロ」というのはお金をもらって歌手を職業として生活している人、「アマ」はそうでない人と分けられます。

歌手の場合は、プロもアマもたくさんいますし、その線引きに関しては非常にあいまいな部分がありますが、単純に仕事内容について比較するとプロの歌手のほうが幅広い活動を行っていることが多いようです。

たとえば、プロはCDのリリースやマスメディアへの出演が多く、ライブやコンサートの規模が大きいことが特徴です。

また、楽曲制作の際に長期間スタジオを貸し切ったりバックバンドを雇ったりミュージックビデオを作ったりするのも、プロならではの高額な予算を使った仕事といえるのではないでしょうか。

「プロ」と「アマ」のなる方法の違い

プロの歌手になるためには、ミュージシャンや俳優が所属する音楽事務所に所属したり、レコード会社と契約をしたりするのが一般的です。

オーディションやスカウト、自作の音源の持ち込みなどからプロへの道が始まります。

もちろん、プロのなかにも個人で事務所を立ち上げて活動している人もいますが、ある程度の人気が出るまでは大手の音楽事務所やレコード会社の力に頼るほうが無難でしょう。

ギャラの交渉なども個人で行うよりは事務所を通したほうがスムーズにいくからです。

一方、アマの歌手の場合、あくまでも趣味の活動の範囲内で歌を歌っているので、特に組織には所属していないという人のほうが多いようです。

極端にいえば「歌手です」と名乗りさえすれば歌手になれるのがアマの世界です。

「プロ」と「アマ」の資格・必要なスキルの違い

歌手のプロとアマの大きな違いは、本人がそれを「職業」としてやっているかどうか、という意識の差といえるかもしれません。

アマであれば、あくまでも趣味の活動として自分が満足する曲を作って歌うだけでも十分に楽しめますし、それが素晴らしいものであれば、周囲の人を感動させたり喜ばせたりすることもできるかもしれません。

しかし、プロとしての活動を続けていきたいと思うのなら、もっと広い視野を持って歌っていかなければ大きな成功は望みにくいところがあります。

職業にする以上、やはり「ヒットして、稼げるようになる」ことを目指していく必要があるからです。

また、アマであれば自分の好き勝手にできていたことも、プロになると事務所の意向や世間のニーズを踏まえた活動をしなければならないなど、しがらみが出てくる可能性もあります。

こういった事情から、プロとしてやっていくためにはヒットを目指して稼げるようにするためのスキルが求められることがわかります。

「プロ」と「アマ」の学校・学費の違い

プロの歌手として活動する場合も、アマの歌手として活動する場合も、特別な学歴などは必要ありません。

音楽系のスクールや専門学校はたくさんありますが、必ずしもそのような学校を卒業しなければいけないというわけではないようです。

ただし、プロとしてやっていくうえでは専門的な学校で学んだ知識が生かせることはあります。

学生時代の人間関係が音楽業界での人脈を作ることに役立つ場合もあるようです。

アマの歌手の場合は歌う仕事だけで食べていけるわけではないので、学生時代に歌うこと以外のスキルをしっかり身に付けておくことが大切です。

就職の際に困らないようにしっかり勉強をしたり資格を取得しておいたりするほうが、将来的には困らないでしょう。

「プロ」と「アマ」の給料・待遇の違い

プロとアマでは、給料や待遇にも大きな差があります。

プロの場合は楽曲の印税やコンサートなどの出演料で生活していくことが可能ですが、アマの場合はコンサートやライブに参加しても出演料は微々たるものということが多いようです。

特にレストランバーで歌ったりイベント会場で歌ったりする場合、一回あたりの謝礼はよくても数万円です。

ギターやピアノ、ハーモニカなど楽器を使って歌う人の場合は楽器のメンテナンス料金もかかりますし、練習のために音楽スタジオを借りたりカラオケに通ったりすることも多いので、謝礼をもらってもそれほど大きな収入にはならないこともあるでしょう。

アマの歌手の場合はとにかく「好きだから歌っている」という意味合いが強いので、ギャラに関してはあまり頓着しない人が多いようです。

「プロ」と「アマ」はどっちがおすすめ?

プロとアマでは、求められるものが違います。

プロの場合は高い歌唱力が必要なのはもちろんのこと、他人を楽しませることや世間のニーズに応えること、安定した収入を得られるような活動をすることが求められますが、アマの場合はとにかく自分が満足できればそれでよいのです。

自分はとにかく楽しく活動できればそれでいい、という人の場合はあえてアマを選択するというのもひとつの方法でしょう。

実際には、20代のうちや独身のうちはプロの歌手に挑戦してみて、自分の可能性や適性に限界を感じたらアマに転じるという人も多いようです。

プロからアマになるのは簡単ですが、アマからプロになるのは非常に難しいので、歌手を目指すのであればまずはプロを目標にして挑戦してみるのがよいのではないでしょうか。