サウンドクリエイターの現状と将来性

サウンドクリエイターの現状

ひとことでサウンドクリエイターといっても、携わる作品の種類はゲームの効果音やアニメのテーマソング、映画のサウンドトラックなどさまざまです。

ジャンルによって置かれている状況は多少異なりますが、現代のサウンドクリエイターは、ただ音楽のセンスを持って作曲をするというだけではありません。

デジタル技術の扱いにも精通していることが求められる傾向にあり、プログラミングやディレクションなど作曲以外のさまざまなスキルを備えた人材が重宝されることが多くなってきています。

サウンドクリエイターの需要

現代ではスマートフォンの普及によってアプリゲームで流れるサウンドのニーズが増しており、その領域で活躍するサウンドクリエイターの需要が大きくなっています。

一方、誰もが音楽づくりを楽しめるようになったいま、DTMの敷居は下がっており、サウンドクリエイターとして仕事をする人が増えているという現状があります。

独学でも比較的簡単にDTMによってサウンド制作ができるようになったため、サウンドクリエイターの仕事の単価は減少傾向にあり、単価も下がっているのが現状です。

サウンドクリエイターは、以前にも増して厳しい価格競争の中で仕事をすることを強いられていくでしょう。

サウンドクリエイターの将来性

ゲーム、アニメ、映画といったエンターテインメント分野の作品はいつの時代も人々に必要とされており、コンテンツ産業の成長も期待されているなか、サウンドクリエイターのニーズ自体は今後もあるといえます。

しかし、安定した給料や待遇が得られる大手企業で働けるサウンドクリエイターはごくわずかであり、また、希望するジャンル以外の制作に携わる人も少なくありません。

専門職であるということ、また求人数が急激に増えるようなことは考えにくいことから、地道に腕を磨いて認められるような努力が必要不可欠です。

とくにフリーランスで働くことを希望する場合には、オールマイティーに対応できるサウンドクリエイターになることが、この世界で生き残っていく重要なポイントになるといわれています。

サウンドクリエイターの今後の活躍の場

今後も映画やゲームなどのエンターテインメントがあり続ける限り、サウンドクリエイターの仕事もなくなることはないでしょう。

今後はスマートフォンの普及に従って、アプリゲームやインターネットドラマなど、新しい活躍の場へと移行していくと考えられています。

さらに、近年は自宅で音楽づくりが手軽にできるようになったことから、人気クリエイターはフリーランスとして活動し、国内にとどまらず海外でも活躍する人が増えていくでしょう。

一方で、今後は海外の優秀なサウンドクリエイターとも切磋琢磨していかなくてはなりません。

常に向上心を持ち、自分の音楽のレベルを上げ、ひとつひとつの作品に向き合っていく努力は欠かせません。