「音楽プロデューサー」とは

音楽制作全般の責任者として、アーティストの売り出し方や楽曲コンセプトなどを決定する。

音楽プロデューサーはCDをはじめとする音楽制作全般を指揮する総合的な責任者であり、アーティストのコンセプトや売り出し方の決定、プロモーション関連などの業務も担います。

音楽プロデューサーになるための王道は、音楽系の大学や専門学校を卒業後、音楽業界の企業へ就職しキャリアアップしていくパターン。

充分なセンスと実力を備えた人だけが到達できる職種だといえるでしょう。

超有名音楽プロデューサーの年収は10億円を超えることもありますが、一般的な音楽プロデューサーの平均年収は200万円〜500万円と、それほど高いものではありません。

さまざまな企業の音楽配信ビジネスへの参入やデジタルコンテンツの多様化などにより楽曲の数は増加傾向にあり、音楽プロデューサーの活躍の場は、今後ますます増えていくことが予想されます。

「音楽プロデューサー」の仕事紹介

音楽プロデューサーの仕事内容

音楽プロデューサーはCDをはじめとする音楽制作全般を指揮する総合的な責任者です。

アーティストのコンセプトや売り出し方を決定し、それに基づいて制作する楽曲の方向性を決め、サウンド制作やレコーディングを行います。

またプロモーション関連でもCDジャケットやプロモーションビデオの撮影・制作、メディアの取材、ライブの企画などの幅広い業務が発生するほか、予算の管理も重要な仕事のひとつ。

音楽プロデューサーにはこれらを楽曲制作と同時に進める手腕が求められます。

音楽プロデューサーになるには

音楽プロデューサーは音楽業界において経験を積み、充分なセンスと実力を備えた人だけが到達できる職種です。

音楽プロデューサーになるための王道は、音楽系の大学や専門学校を卒業後、レコード会社など音楽業界の企業へ就職し、キャリアアップしていくパターンです。

ほかにも有名アーティストやミュージシャン、作詞家や作曲家などの音楽クリエイターといった音楽業界ですでに知名度のある人が音楽プロデューサーへ転身することもあります。

音楽プロデューサーの給料・年収

超有名音楽プロデューサーの場合、高額納税者番付に挙がったり、年収が10億円を超えることもありますが、これはほんの一握りの成功者の例であり、一般的な音楽プロデューサーはこうした臆の所得とは無縁です。

一般的な音楽プロデューサーのほとんどは無名や新人のアーティストのプロデュースを手がけ、平均年収は200万円〜500万円と、事務職と比べてもそれほど高いものではありません。

フリーランスや会社を起こして働く音楽プロデューサーの場合収入は担当するアーティストや仕事の依頼元との契約によって大きく異なります。

音楽プロデューサーの現状と将来性・今後の見通し

2000年以降はインターネットの普及による楽曲ダウンロードの件数増加に反比例してCDの売上げは右肩下がりの一方となり、音楽業界全体の市場は低迷しています。

しかし、業界内外からさまざまな企業が音楽配信ビジネスに参入し、音楽プロデューサーに新たな雇用を生み出す効果も。

また、デジタルコンテンツの多様化、多チャンネル化により、楽曲の数も圧倒的に増えています。

アーティストとともに楽曲を制作する音楽プロデューサーの活躍の場は、今後ますます増えていくことが予想されます。