女性の歌手のキャリアパス・結婚後の生活

女性の歌手の現状

歌手は男女の性別に関係なく活躍することができる職業です。

また、現在プロの歌手として活躍している女性の年齢層は、10代の中高生から40代の中年女性、70~80代のお年寄りまでさまざまです。

一般的には年齢によってメインで活動している音楽のジャンルは異なります。

たとえば、若い女性歌手の場合はアイドルやシンガーソングライターとして活動していることが多く、中年の女性の場合はジャズシンガーやシャンソンの歌い手として、年配の女性の場合は演歌歌手や民謡の歌い手として活躍していることも多いようです。

音楽への情熱や高い歌唱力があれば、若者からお年寄りまで活躍することができるのが、歌手という職業の魅力といえるでしょう。

女性の歌手の強み・弱み

女性の歌手には、男性の歌手にはない強みと弱みがあります。

まず強みに関しては、女性目線の歌を歌うことができるという点です。

たとえば、若い女の子の揺れ動く恋心を表現するような歌は、男性のベテラン歌手が歌うよりも同世代の女性の歌手が歌った方が共感を呼ぶことができるのです。

作詞や作曲まで本人が手掛けている場合はとくに多くの人からの共感に繋がるでしょう。

その一方で、女性の歌手ならではの難しさというのもあります。

たとえば、男性目線の歌を歌いにくい、声域が高いので楽曲の幅が狭くなる、などが挙げられます。

また、女性の歌手は男性の歌手に比べると体力がないので、長丁場のライブや全国ツアーに向けて体調管理が重要になることもあるようです。

歌手の結婚後の働き方・雇用形態

女性の歌手が結婚した後は、どのような働き方ができるでしょうか。

これに関してはパートナーがどのくらい仕事を理解してサポートしてくれるかによって異なります。

家事や体調管理など全面的なサポートが望める場合は、今まで通りの活動ができるでしょう。

家庭を優先するために少し仕事をセーブしたほうがよい場合は、全国ツアーをやめて近場の会場だけを回るようにしたり、テレビやラジオや雑誌などの取材を減らしたり、新曲をリリースするスピードを落としたりすることができます。

この場合、事務所やプロダクションと契約している場合は仕事量に関してよく話し合う必要があります。

個人事業主としてフリーで活動している場合は自分のペースで仕事をすれば問題ありません。

歌手は子育てしながら働ける?

女性の歌手のなかには、結婚や妊娠、出産を経て、子育てをしながら活動を続けている人もたくさんいます。

出産前から産後一年くらいまでは活動を休止し、子どもを家族やベビーシッターや保育所に預けられるようになったら現場に復帰するというパターンが多いようです。

もちろん、幼児のうちは風邪をひいたり突然熱を出したりして体調を崩すことも多いですし、子どももまだまだ母親に甘えたい年齢でもあるため、出産前と同じペースでの活動はできないということも珍しくありません。

しかし、細々とでも歌い続けていることで歌唱力が落ちることやファンが離れてしまうことを食い止めることができるので、子育てをしながら自分のペースで活動を続けていくことには大きな意義があるのです。

歌手は女性が一生働ける仕事?

歌手という職業は、一般的な会社員や公務員と比べると仕事の自由度が高いのが特徴です。

そのため、女性が結婚や出産などで働き方を変えたいと思ったときにも、仕事の量や働く時間帯を調整することで働きやすくすることができます。

女性の歌手の中には、十代でデビューをしてから実に何十年もの間、音楽業界の第一線で活躍し続けている人もいます。

日本の歌手でいうと、誰もが名前を知っている松田聖子さんや松任谷由実さんを思い浮かべるとイメージしやすいのではないでしょうか。

長く活躍するためには本人の才能や努力に加えて体調管理が欠かせませんが、歌手が女性にとって生涯輝き続けることができる魅力的な職業であることは間違いないでしょう。