ミュージシャンに向いている人・適性・必要なスキル

ミュージシャンに向いている性格・適性

努力を続けられる・根気強く行動できる

ミュージシャンとして成功をおさめた人のほとんどは、過酷な「下積み時代」を経験しています。

ストリートミュージシャンとしての路上ライブやライブハウスでの音楽活動、レコード会社への熱烈なアピールを繰り返すことで、ようやく人々に注目され、ミュージシャンとして成功することができるのです。

そんな過酷な下積み時代を乗り越えられるだけの根気強さと、常に自分の音楽を高みに押し上げられる努力の日々に耐えられないと、ミュージシャンとして成功することは難しいでしょう。

不安定な生活にも耐えられる・楽しむことができる

ミュージシャンとしての生活は、決して「安定した生活」とはいえません。

日々の生活にすら困る時代もあれば、急激に仕事が増える日々、急に音楽性に迷いを感じるスランプ時代、さまざまなスタイルの生活が目まぐるしくミュージシャンの生活を彩ります。

急激な生活の変化に耐えられる体力面と精神面でのタフさを持ち合わせていないと、不安定で波乱万丈なミュージシャンの人生についていけなくなってしまうかもしれません。

音楽を心から愛している

ミュージシャンとして何よりも大切なことは「音楽を、心から愛していること」です。

音楽を愛している人でなければ、人々に感動を届けられる素晴らしい音楽を生み出すことはできませんし、そこに至るまでの過酷な日々にも耐えられないでしょう。

ミュージシャンになるには? どんなデビュー方法がある?

ミュージシャンに必要なスキル・能力

音楽の技術・センス

ミュージシャンは音楽を生業とするわけですから、どうしても音楽の技術やセンスは問われます。

天性の才能の部分も少なくはありませんが、日々の練習という決して簡単ではない努力によって培われる部分も少なくありません。

コミュニケーション能力

ミュージシャンとして活動し、成功をおさめるためにはコミュニケーション能力の高さも問われます。

コミュニケーションが不十分だとバンドを組んでいればバンドメンバーとの関係が悪化したり、レコード会社やテレビ局から仕事がもらえなくなってしまうことも十分に考えられます。

タフさ

ミュージシャンとして成功をおさめるためには、体力面および精神面でのタフさが欠かせません。

下積み時代はアルバイトで生計をたてる必要がありますし、デビュー後は過酷な仕事スケジュールをこなさなければなりません。

ミュージシャンは失敗やスランプといった出来事も経験しますが、精神的なタフさを持っていないとそこで挫折して取り返しのつかない状態に陥ってしまうことも考えられるのです。

ミュージシャンに向いていないのはどんな人?

音楽を続ける原動力に欠けている

ミュージシャンを志す人にも多くの志望動機がありますが、中にはミュージシャンを続けていくのに十分な原動力・志望動機に欠けているという人も珍しくありません。

そんな人は、ちょっとした失敗や不測の出来事に不満を抱き、すぐにミュージシャンを辞めてしまうことが考えられます。

不安定な生活に耐えられない

ミュージシャンという仕事は、最初から安定した収入を得られるような仕事ではありません。

駆け出しのころは音楽活動で得られる収入はとても少なく、アルバイトで生計を維持しなければ生活できないほどです。

ミュージシャンの中には安定した生活を得るためにその道を閉ざしてしまう人が多いので、不安定な生活を覚悟したうえでミュージシャンを志すかどうか考えることになるでしょう。