「クラブDJ」の仕事とは

クラブDJの仕事内容

クラブDJは、クラブなどのお店やイベントなどでBGMとなる音楽を選び、音楽を流していく仕事です。

自分の知識とセンスを生かし、その場の雰囲気や客層に合った選曲をすることはもちろんですが、ターンテーブルやミキサーを操作しながら音の調整をしたり曲を絶妙に繋いだりと、細かな気配りも求められます。

クラブDJの活躍は夜が中心となるため、日中は他の仕事をしながら副業的に働いている人が多いです。

クラブDJになるには

クラブ営業を行っている店舗では、専属のDJを雇っているケースがあります。

経験がなくても、センスが良いと判断されれば、すぐに働ける可能性もあるでしょう。

自分で選曲した曲を繋げた「ミックステープ」を聞いてもらい、採用可否が判断されることが多いです。

他にも、DJイベントに積極的に通って売り込みを行ったり、養成スクールを出てフリーのDJになる人など、さまざまです。

実力と業界の人脈が大いに求められる仕事です。

クラブDJの給料・年収

店舗専属で働くクラブDJの年収は、400万円以下が一般的です。

経営に携わらない場合、ほぼ無給のボランティアで働く人も少なくありません。

フリーで働くクラブDJは、どれだけ活躍できるかによって収入もだいぶ変わります。

業界で名の知れたDJになれば、大きなイベントにも呼ばれ、年収1000万円以上を稼ぐこともできるでしょう。

しかし、年収100万円以下ということもざらにあり、実際には他の仕事と掛け持ちで働く人が多いです。

クラブDJの現状と将来性・今後の見通し

クラブDJの世界は飽和状態になりつつあり、残念ながら満足いく収入が得られないDJも多数存在します。

今後はDJ同士の競争も、より厳しくなっていくものと考えられており、いかに他の人と違った個性や魅力をアピールできるかが勝負だと言えるでしょう。

しかし、絶対的なルールや決め事のない世界なので、自分自身で企画を考え工夫し、フットワーク軽く行動していけば、どこかで自分が活躍できるフィールドが見つかるでしょう。