歌手と声優の違い

歌手と声優の仕事内容の違い

歌手と同じように自分の声を商売道具にしている職業として、声優があります。

歌手と声優の仕事にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、歌手の仕事が歌を歌うことであるのに対して、声優の場合はアニメのキャラクターの声を吹き込んだり番組のナレーションをしたりするのがメインであり、必ずしも歌を歌う必要はないということが挙げられます。

極端にいえば「セリフを話すのは好きだけど歌を歌うのは得意ではない」という人も声優になることができます。

ただし、売れっ子の声優の場合は、アニメで担当したキャラクターの声でオープニングやエンディングの歌を歌ったりキャラクターのイメージソングのCDをリリースしたりする機会も多いので、実際には声優と歌手を兼任している人も多くいるのが現状です。

声優の仕事

歌手と声優のなる方法・資格の違い

歌手と声優は、どちらも特別な資格を必要とする仕事ではありません。

民間の大手企業のように学歴を必要とする職業でもないので、やる気さえあれば誰でもチャレンジすることができます。

歌手になる方法としてはオーディションやコンテストに合格するか、自作の音源を送って売り込むか、あるいはライブ会場などでスカウトされるかが一般的です。

声優の場合はオーディションが最も多いようです。

どちらの場合も、声のよさが求められるのはもちろんのこと、他の人にはないような個性やキャラクター、場合によっては本人のルックスなども重視されます。

どちらも人気の高い職業なので、オーディションを何年間も受け続けても一度もチャンスを掴むことができない人がたくさんいるという非常にシビアな世界です。

歌手と声優の資格・必要なスキルの違い

歌手と声優は、それぞれどのようなスキルが必要とされるのでしょうか。

まず、声を商売道具として仕事をするという点では同じなので、「耳に残るような独特の声質を持っている」「どんな言葉でも滑舌よく発音することができる」「声量がある」などが求められるという点では歌手も声優も同じです。

ボイストレーニングの教室に通って発声練習をしたり、喉を痛めないように毎日の体調管理に気を配ったりするという点も、同じです。

しかし、歌手の場合は、このような能力に加えて、更に「音感がある」ことや「歌唱力がある」ことも大事になります。

さらに、アイドルの歌手として歌っている場合は「ルックスがよい」「トーク力がある」ことが大事ですし、シンガーソングライターの場合は「作詞や作曲ができる」「楽器ができる」というスキルが必要となります。

歌手と声優の学校・学費の違い

歌手になる場合も声優になる場合も、特別な学歴は必要ありません。

しかし、自分の声だけで仕事を勝ち取っていかなければいけないシビアな世界のため、専門的なスキルを身に付けるために学校に通う人が多いようです。

歌手の専門学校は音楽系のスクールが多く、ボイストレーニングをしたり作詞や作曲のノウハウを学んだり、楽器の扱い方を覚えたりして歌手デビューを目指します。

一方、声優の場合は映像系のスクールや声優養成所が多く、アニメ制作の舞台裏を学んだり、実際の台本を片手にセリフの読み方を特訓したりします。

どちらの学校の場合も必ずしも行く必要はありませんが、オーディションやコンテストでの合格を目指すのであれば、このような専門的な学校で学ぶのもよいのではないでしょうか。

歌手と声優の給料・待遇の違い

歌手と声優の給料の違いはあるのでしょうか。

まず覚悟しなければいけないのは、どちらの仕事も実力が全ての人気商売であり、収入は非常に不安定だということです。

自身の代表作となるようなヒット作品に出会えれば仕事が爆発的に増えて年収数千万円を稼ぎだすことも可能です。

一般的な会社員には決してできないような生活を送ることができるでしょう。

しかし、その一方で、ヒット作品に恵まれないまま仕事量が減ってしまえば、生活はとても苦しくなってしまいます。

「このままでは生活していけない」という理由で夢半ばで諦めて転職して会社員になる人もいますし、飲食店などのアルバイトをしながら生活費を得る人も珍しくありません。

歌手も声優も非常にシビアな世界なのです。

歌手と声優はどっちがおすすめ?

 

歌手と声優はどちらも若者から絶大な人気を誇る職業です。

クリエイティブな業界で働けることや、たくさんのファンに応援してもらいながら好きな仕事ができることに魅力を感じ、「将来は歌手か声優になりたい」と憧れる人もいるのではないでしょうか。

どちらの職業がよいのかを迷う人は、少しでも自分が自信が持てるほうに進むとよいでしょう。

歌が上手い、音感がある、作詞や作曲ができる人は歌手を選ぶのがおすすめですし、演技が得意、脚本を読むのが好き、セリフを覚えるのが得意、という人は声優を選ぶのがおすすめです。

最近では、歌手をしながら声優としても活動していたり、その逆で声優をしながら歌手として活動したりすることも増えてきています。

両方ともやってみたい人は、まずはどちらかの職業で実力をつけ、新たな仕事にもチャレンジしていくとよいでしょう。