このサイトはピアニストを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ピアニスト」

仕事内容
ピアニストは、ピアノを演奏して人々に感動を与える仕事です。演奏活動メインの人もいれば、音楽学校や個人スクールなどで人に教えること中心に活動する人もいます。ピアニストが演奏する音楽ジャンルはクラシックだけではなく、ポップスやジャズなどさまざまです。また、一人だけで演奏するわけではなく、歌手の伴奏をしたり、他の楽器を演奏するミュージシャンと一緒に奏でたりすることもよくあります。
なるには
ピアニストとして活躍する人の多くは、幼い頃からピアノを習い、音大でさらなる技術を身につけています。特にクラシックのピアニストを目指すのであれば、音大を卒業し、コンクールに入賞することが必須と言えるでしょう。海外の音楽学校へ留学する人も少なくありません。その他、ライブハウスの専属ミュージシャンになったり、結婚式やパーティーで演奏するピアニストを集めたイベント会社で働くこともできます。
給料
ピアニストの収入は演奏料がメインとなり、完全実力主義の世界なので、収入は人によって大きく差があります。単独でリサイタルが開けるほどの存在になれば、一回の演奏で100万円以上を得ることもできますが、そこにたどり着くためには国際的なコンクールで入賞するなどの実績が必要です。演奏活動の傍らピアノ講師として働く人も多く、年収は300万円~500万円程度が相場ですが、会社員のように安定した収入が得られるとは限りません。
将来性
ピアニストは、それほど時代の変遷に左右される仕事ではありません。特にクラシックに関しては、同じ曲をその時代時代のピアニストが演奏し続け、人々に感動を与えています。ポップスなど大衆音楽のジャンルでは、自分の個性を発揮してさまざまな場で演奏することもできます。ただし、音楽家全般に言えることですが、実力がなければプロとして生き残るのは難しい仕事です。情熱を持ち、日々鍛錬を続けることが何よりも大切です。