歌手に向いている人・適性・必要なスキル

歌手に向いている性格・適性

歌が好きであること

歌が好きであること。

これは歌手になるための一番の条件です。

歌手として生活していける人はごくわずかですし、そこに辿り着くまでには多くの苦労が伴います。

ですが、どんなにつらいときでも、歌が好きであればだいたいのことは乗り越えられるはずです。

人が好きであること

歌手として活動するためには、さまざまな人たちと関わっていかなければいけません。

楽曲のアレンジをしてくれるアレンジャーや楽器を演奏してくれるバックバンドのミュージシャン、レコード会社や事務所のスタッフ、マネージャー、それからファン。

自分を支えてくれるたくさんの人たちと積極的にコミュニケーションを取りながら信頼関係を築くことができる人が歌手に向いています。

夢を追い続けられること

歌手になりたいという初心を大事にし続けることも大切です。

なかにはデビューした途端、初心を忘れてしまう人がいますが、そういう人はたいていの場合長続きしません。

歌唱力が落ちたりパフォーマンスのレベルが下がったりしてしまえば、あっというまにファンは離れてしまうのです。

なぜ歌手になりたいと思ったのか、なぜ歌うことが好きなのかという気持ちを忘れずに持ち続けることは、歌手として長く活躍するためには欠かせないことです。

歌手になるには

歌手に必要なスキル・能力

恵まれた声質

歌手として活躍するための何よりの商売道具となるのは、やはり声です。

美しい声質であることはもちろん大切ですが、ハスキーだったり声域が広かったりというように他人とは異なる何かがあれば、それがそのまま歌手としての個性となります。

体力があること

歌手の仕事で一番大切なのは体力です。

体力がなければステージ上で何時間も歌うことができませんし、レコーディング作業も難航します。

また、体力や筋力がないと、伸びのある美しい声は出ません。

そのため、多くの歌手はデビュー後もジムに通うなどして自主トレーニングをしています。

そういった努力を続けられるどうかでも、歌手としての適性が問われます。

表現したいものがあること

歌手として大成するには、自分の中に表現したいものを持っていることが大切です。

歌手は歌を使って自分の思いを表現する表現者です。

「恋の喜びを表現したい」「世界の美しさを伝えたい」「社会への怒りを届けたい」…。

表現したい何かを持っている限り、その人は歌手に向いているといえるでしょう。

歌手に向いていないのはどんな人?

それでは、歌手に向いていないのはどんな人でしょうか。

まず、歌手はコンサートやライブなどを通して大勢のファンの前で歌を歌うことが多い職業なので、とにかくシャイで人前に出るのが苦手という人は難しいでしょう。

また、CDのレコーディングやコンサートなどでは、ここぞというときに実力を発揮しないといけないので、緊張しやすくて本番に弱いというタイプの人は難しいかもしれません。

もちろん、歌手の中には「昔から人前に出るのが苦手だった」とか「あがり症で本番に弱いタイプだった」という人もいないわけではありません。

たくさんの経験を重ねて場数を踏むことで性格を変えていくことはできるのです。

内気な性格の人や緊張しやすい人も歌手の夢をあきらめる必要はありません。