独学でサウンドクリエイターになれる?

サウンドクリエイターを独学で目指す人はいる?

学歴や資格は必要ない

サウンドクリエイターは、なるために特別な資格が求められる仕事ではありません。

大手企業では学歴がある程度見られることもありますが、学歴についても問われることはほとんどなく、大卒の人もいれば専門学校卒の人も、なかには高卒の人もいます。

サウンドクリエイターとしての資質やセンス、努力する気持ち、熱意などがあれば、どのような人でもサウンドクリエイターとして働けるチャンスを掴むことはできます。

そのため、たとえ独学であってもサウンドクリエイターになることは可能です。

自らアクションを起こす

いくら「サウンドクリエイターになりたい」と思っていても、それだけで自動的にチャンスが舞い込んでくるほど甘い世界ではありません。

作曲できるだけの基礎的な知識や技術を身につけたら、自らデモテープをどんどん作り、制作会社等へ送るといったことを繰り返すことが必要です。

また、どうしても働きたい企業を見つけたら、たとえ求人が出ていなかったとしてもアタックしてみるといった行動力もときに求められます。

この業界では人脈やコネも重要になってくるため、まずはアルバイトとして現場に入り込み、関係者とのパイプを築いていくことによって希望する仕事を紹介してもらえるようなケースもあります。

独学以外の学習方法は?

サウンドクリエイターを目指す場合、音楽大学や専門学校への進学が一般的です。

ただし、音楽学校は、入試の段階で音楽の知識や技術が問われるため、まったくの未経験者が独学で合格するのは非常に難しいです。

また、どうしても数年の期間を経ること、多額の費用がかかってしまうことは、未経験者からするとハードルが高いといえます。

独学のメリット

学習方法はさまざま

音楽理論や作曲のノウハウについては、市販されている関連書籍を使って学ぶことができます。

インターネット上にも情報はたくさんありますし、DTMなどのソフトの扱い方も独学で身につけることは十分に可能です。

それだけで不安がある場合には、通信講座や民間のスクールの受講を検討してみてもよいでしょう。

このように音楽について学ぶ方法はさまざまであるため、自分に合った方法を選べるというメリットはあります。

また、楽器の演奏レベルを高める必要はとくにありませんが、ピアノやギターなど、何かしら弾けるようになっておくと、実務では役に立つでしょう。

音楽を手軽に聴ける時代

サウンドクリエイターになるには、日頃からたくさんの音楽を聴き、音に対する感度を高める努力も求められます。

特定のジャンルに留まらず、昔から人気のある音楽、トレンドの音楽など幅広く聴いてセンスを高めておくとよいでしょう。

近年は音楽配信サイトや動画サイトなどで世界中の音楽を手軽に聴くことができるため、これはさほど難しいことではありません。

独学のデメリット

サウンドクリエイターを目指す際には独学も十分可能ですが、独学の場合どうしても他人に作品を発表する場がありません。

どれだけ音や音楽を作ったとしても、他人に聞いて評価をしてもらわなくては、ただの自己満足に終わってしまいます。

ホームページやSNSを通じて自分で作曲した音楽を第三者に聴いてもらい、評価してもらう機会を積極的に設けるとよいでしょう。