サウンドクリエイターのやりがい・魅力

サウンドクリエイターのやりがい・楽しさ

自分だけの音を生み出す

サウンドクリエイターの最も大きなやりがいのひとつは、自分で新しい音を生み出すことができるところにあります。

自らのアイデアを何もないところから音を通して表現することは刺激的で、自分の実力やセンスが試される仕事です。

一流サウンドクリエイターとして認められるようになれば、個人で活動したとしても、大きな収入を手にすることも夢ではありません。

仕事のなかで自分の力を試すことができ、さらに自分そのものを音で表現できることにやりがいを感じているサウンドクリエイターは多くいます。

成果が形として残る

サウンドクリエイターのやりがいには、自分の仕事の成果を世に残すことができるという点もあげられます。

自ら作り上げたサウンドが、作品として世に知れ渡り、多くの人々に聴かれることに喜びを感じることができます。

自分の名前が作品のクレジットに掲載されることは大きな喜びであり、誇らしい気持ちになることができるでしょう。

また、サウンドクリエイターが作った音楽は、「サウンドトラック」として発売されることもあります。

「音楽が作品を盛り上げた」「リアルな効果音がよかった」と評価をしてもらい、CDの売り上げがよければ、より多くの喜びを感じることができるでしょう。

チームで作品を作り上げる

ゲームや映画など、どのような作品に携わる場合でも、その制作には多くのスタッフが関わっていきます。

制作過程では、各分野のプロフェッショナルと協力しながらチームで協力して作品を完成させていくため、チーム作業ならではの面白みも苦労も実感することができるでしょう。

たとえ途中でトラブルが起きたり思うように作業が進まなかったりしても、皆でそれを乗り越え、見事完成したときは大きな喜びが実感できるものです。

サウンド制作そのものは一人で作業をする時間も多くなりますが、一方でチームプレーで物事を進めていく醍醐味も味わえるのが、サウンドクリエイターの仕事です。

サウンドクリエイターの仕事内容

サウンドクリエイターの魅力

好きなことを仕事にできる

サウンドクリエイターになる人は、「この仕事に就きたい」という強い想いを持っていることがほとんどです。

もともと音楽や音に興味がある人、ゲーム音楽や映画音楽が好きな人にとっては、まさにうってつけの仕事でしょう。

また、仕事をする上でも、業界にはもともと音楽が好きな人が非常に多いため、新しい音楽との出会いや音作りの技術などさまざまな刺激に触れることができ、常に新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。

自分だけの作品を作る

サウンドクリエイターは、自分の好きな音楽を自由に作れるわけではありません。

作品のイメージに沿った音楽が求められますし、常に予算や締め切りのことを考えながら仕事をすすめなくてはなりません。

しかし、こうした困難の中で作り上げる音楽は、唯一無二のものです。

近年は、DTMや音楽ソフトの発達により、素人でも気軽に音楽づくりを楽しめるようになりました。

だからこそ、サウンドクリエイターにはプロとしての豊かな感性や自分ならではの個性が求められるのです。

さまざまな制約がありながらも、自分だけの音楽作品を作り上げるということは、この仕事ならではの魅力です。