「ラジオディレクター」とは

ラジオディレクター_画像

ラジオ番組の企画・構成を行い、現場監督として制作スタッフをまとめ上げる。

ラジオディレクターとは、ラジオ番組の企画、構成や番組内で使用する曲の選曲などを行い、本番でパーソナリティなどへの指示を出す人のことをいいます。

多くの人の間に立ち、的確に指示を与えなければならないので、コミュニケーション能力と順応性が求められます。

ラジオディレクターとなるためには、ラジオ局に就職する、ナレーター事務所などの制作系部署に所属する、フリーのディレクターになるなどの方法があります。

大手のラジオ局の採用は今も高学歴の新卒を採用するケースが一般的のようです。

なお、ラジオ局に入社してもディレクター業に就けるかは運次第となります。

大手ラジオ局であれば、かなりの給与を期待できますが、ローカル局や下請けの制作会社、フリーランスの場合は、厳しい待遇となります。

「ラジオディレクター」の仕事紹介

ラジオディレクターの仕事内容

ラジオの企画や構成を担当

ラジオディレクターとは、番組の企画、構成からはじまり、番組内で使用する曲の選曲などを行い、本番でパーソナリティなどへの指示を出す人のことをいいます。

仕事の内容は、勤務先の放送局や担当する番組によって大きく異なります。

音楽専門番組であればブース内での生演奏などに備える準備をしますし、ニュースなどの情報番組であれば鉄道や交通の最新情報を常にチェックします。

また、タレントがトークを繰り広げる番組であればゲストの話しやすい台本を考えたりエコーなどのエフェクトを要所要所で面白く魅力的にかけていったりと、さまざまな工夫をします。

AM・FM局により用意する情報にも違いがあるので、その都度対応する必要があります。

ラジオディレクターの就職先・活躍の場

ラジオ局や制作会社で活躍

ラジオディレクターの主な活躍の場となるのはラジオ局です。

大手ラジオ局に入社し制作チームに配属されてディレクターを任されると、ラジオ番組の制作に主体的に携わることができます。

ラジオ局以外の活躍の場としては、ラジオ番組の制作会社やナレーター事務所などがあります。

ラジオ局の求人は非常に少なく採用試験は狭き門として知られているので、どちらかというと制作会社やナレーター事務所の仕事を探すほうが現実的でしょう。

ラジオディレクターの1日

担当する番組に合わせて出社

5:00 出社して新聞やインターネットニュースをチェック
5:30 パーソナリティと打ち合わせ
6:30 番組開始
9:00 放送終了
9:10 パーソナリティと朝食をとりながら反省会
10:30 他収録番組の録音
14:00 翌日の台本作り
19:00 退社

ラジオディレクターには定時というものが存在しないので、担当する番組によって勤務時間は異なります。

番組を複数掛け持ちしているディレクターの場合は、激務になることもあります。

ラジオディレクターになるには

アルバイトから入社する道も

大手のラジオ局員になる場合、高学歴の新卒を採用するケースが一般的です。

ただし、ラジオ局に新卒で入社するのは狭き門なので、ラジオディレクターを志望する多くの人が制作会社やナレーター事務所への就職を目指しています。

近年はラジオ業界は経営の厳しさからか、正社員としてのディレクターの求人が以前に比べて少なくなっている現状がありますが、まずはアルバイトから業界に入るというのも有効な方法の一つでしょう。

ラジオディレクターの学校・学費

放送技術系の専門学校へ進学

ラジオディレクターになるための基本的なスキルを身につけることができるのは、放送技術系の専門学校です。

カメラマン・ディレクター・照明・音響などさまざまなコースがあるので、そこからディレクターコースを選ぶとよいでしょう。

放送技術系の専門学校に通っていると、テレビ局や制作会社からのアルバイトの求人もたくさん来るので、学生時代のうちに本物のテレビやラジオの世界を体感することができるのも大きな魅力です。

ラジオディレクターの給料・年収

大手ラジオ局は高収入に

ラジオディレクターにはさまざまな雇用形態があり、給与の幅は相当あります。

大手ラジオ局の場合は平均年収が600万円〜1000万円ほどとかなり高めで、プロデュサーや局長などなれば年収はさらに上がります。

一方でローカル局や下請けの制作会社の場合、ラジオディレクターの平均は350万円〜600万円ほどといわれています。

地方局の場合、地域により幅があるので一概にはいえませんが、大手に比べれば低くはなるでしょう。

ラジオディレクターのやりがい、楽しさ

リスナーの反応がやりがいに

ラジオの番組は自分のために作るのではなくて、すべてリスナーのために作るものです。

ですから、作り手にとって一番気になるのが「リスナーの反応」です。

ラジオは、リスナーから寄せられるFAX・はがき・電話などで反応をダイレクトに感じることができるので、そのことがディレクター自身の日々のやる気につながります。

よい反応も悪い反応もしっかりと受け止めることで、制作者として着実に成長することができるでしょう。

ラジオディレクターのつらいこと、大変なこと

リスクの見極めが重要に

ラジオはテレビに比べると出演者が自由にトークができるという強みがありますが、こうした自由さゆえに一歩間違えると大きなトラブルが起きることがあります。

放送中に問題発言や放送禁止事項が発生してしまった場合は、番組の現場監督であるディレクターは対応に追われて大変です。

番組が盛り上がるのはよいことですが、トラブルになるギリギリのところでディレクターの判断でセーブをかけなければならないのが難しいところです。

ラジオディレクターに向いている人・適性

順応性が高い人

ラジオの現場は基本的に生放送が多くなります。

当然、トラブルやアクシデントが起こるリスクも高くなるので、順応性が高い人が求められます。

意外かもしれませんが、当日ゲストが来ない、などのアクシデントもたまに起こります。

そんな時、ラジオディレクターはパーソナリティやスタッフを落ち着かせることが大切です。

どんなトラブルにもパニックに陥ることなく冷静に対応でき、あらゆる状況に素早く順応性できる人が求められます。

ラジオディレクター志望動機・目指すきっかけ

ラジオにしかできないことを

ラジオは映像がない分、出演者のトークによってリスナーの気分を高めながらラジオの世界に引き込んでいかなければなりません。

音と声だけで表現することの難しさ、そして面白さがそこにはあります。

ラジオ業界を目指すのであればこうした点を踏まえて「なぜテレビではなくてラジオなのか」「ラジオで何がしたいのか」を面接でアピールすることが大切です。

大好きな番組やラジオの思い出などについても語れるようにしておきましょう。

ラジオディレクターの雇用形態・働き方

フリーランスで働く人も

ラジオディレクターの雇用形態はさまざまです。

ラジオ局や制作会社に社員として雇われている人もいれば、アルバイトとして雇われている人もいます。

また、このような組織に所属せずに個人で仕事を受注しているフリーランスのラジオディレクターもいます。

ただし、ほとんどのフリーのディレクターが一旦はラジオ局や制作会社でキャリアを積み多方面に人脈を広げてから独立しており、実績のない人がフリーになるのは難しい業界です。

ラジオディレクターの勤務時間・休日・生活

休日もネタ探しに奔走

放送業界と聞くと、どうしても毎日が忙しくて休みなど取れないイメージがあるかもしれませんが、ラジオディレクターにももちろん休日はあります。

ただし、ラジオディレクターの多くは、常に面白いネタになることがないかと外出することが多く、休日といっても家にじっとしていることがあまりありません。

また、家にいる場合もゆっくりラジオを聴くという人が非常に多いようです。

休日の経験も仕事に生かすことが大事なのでしょう。

ラジオディレクターの求人・就職状況・需要

求人情報を定期的にチェック

ラジオディレクターを目指すのであれば、ラジオ局や制作会社のHPを小まめにチェックすることをオススメします。

マスコミ業界は体力的にも精神的にもキツイので、人員の入れ替わりが激しい世界です。

誰かが辞めると誰かを雇うの繰り返しなので、多いところでは2〜3ヵ月に1度求人募集をしている制作会社もあるほどです。

チャンスは絶対にあるので、確実にチャンスを掴めるように、定期的に求人情報をチェックするようにしましょう。

ラジオディレクターの転職状況・未経験採用

テレビ業界からの転職者も

ラジオディレクターとしてキャリアのある方は、中途採用としてラジオ局が求人募集をしている場合もありますし、制作会社も人手不足のところが多いので需要はあるでしょう。

自分がこれまでに制作した番組や、得意分野などをきちんとまとめて転職活動を進めていくことが大切です。

ラジオの制作が未経験でもテレビの制作ディレクターを経験している人の場合は、経験を生かしやすいので転職には有利となるでしょう。

ラジオディレクターの現状と将来性・今後の見通し

ラジオ離れが進む厳しい時代

現在、日本においてはラジオ離れが進んでおり、ラジオを常習的に聞いている人が減少しているのが現実です。

聴取率がとれないのであれば、スポンサー探しも難しく、番組自体が終わってしまうことも今や珍しくありません。

制作費が削減されているという厳しい現状もあります。

そのため、ラジオディレクターは制作費をかけないような番組づくりを心がけ、今以上に素晴らしいアイデアや面白い企画を生み出す力が求められるでしょう。