「ラジオディレクター」とは

ラジオ番組の企画・構成を行い、現場監督として制作スタッフをまとめ上げる。

ラジオディレクターとは、ラジオ番組の企画、構成や番組内で使用する曲の選曲などを行い、本番でパーソナリティなどへの指示を出す人のことをいいます。

多くの人の間に立ち、的確に指示を与えなければならないので、コミュニケーション能力と順応性が求められます。

ラジオディレクターとなるためには、ラジオ局に就職する、ナレーター事務所などの制作系部署に所属する、フリーのディレクターになるなどの方法があります。

大手のラジオ局の採用は今も高学歴の新卒を採用するケースが一般的のようです。

なお、ラジオ局に入社してもディレクター業に就けるかは運次第となります。

大手ラジオ局であれば、かなりの給与を期待できますが、ローカル局や下請けの制作会社、フリーランスの場合は、厳しい待遇となります。

「ラジオディレクター」の仕事紹介

ラジオディレクターの仕事内容

ラジオディレクターは、ラジオ番組の企画、演出、選曲、台本制作、番組放送中の時間管理などを行う仕事です。

ラジオ番組制作において、現場監督のような役割を担っています。

音楽番組、ニュース番組、トーク番組など、関わる番組のジャンルによって細かな業務は異なりますが、ラジオは生放送のものが多いため、常に緊張感を持ちつつスムーズに進行させていく力が必要となります。

ラジオ局や制作会社に勤めるほか、フリーランスで働く人もいます。

ラジオディレクターになるには

ラジオ局で働きたい場合は、基本的に大学へ進み新卒採用試験を受ける必要があります。

大手では一流大学からの採用者が多いですが、制作会社であればあまり学歴は問われず、専門学校卒業生の採用やアルバイトとしてスタートする道もあります。

しかし、営業などの仕事に回される可能性もあり、必ずしもすぐに制作職に就けるとは限りません。

ラジオ業界の求人数は少しずつ減っているため、積極的に情報を集めていく必要があるでしょう。

ラジオディレクターの給料・年収

大手のラジオ局では年収1000万円以上を稼ぐディレクターも多くおり、プロデューサーなど管理職になれば、さらに年収は上がるでしょう。

一方、地方局や中小の制作会社の場合の給料はまちまちで、年収500万円以下という人もいます。

福利厚生などの待遇面も、大手のほうが恵まれている傾向にあります。

フリーランスで働く場合、番組1本ごとに決められた収入を得ますが、なかなか生活が安定しない人も多いようです。

ラジオディレクターの現状と将来性・今後の見通し

ラジオを聞く人が減っている中、ラジオ制作に携わる人の数も少しずつ減少しています。

制作費を大きくかけられない厳しい状況とも言えますが、それでもラジオ愛好家は全国に存在しており、今こそラジオディレクターの腕の見せどころです。

本当に実力のある人なら、多方面から必要とされる存在になれるはずです。

ラジオへの情熱と、面白い番組を作りたいという強い想いを持った人材が生き残っていけるでしょう。