「音楽家」とは

主にクラシックの分野において、楽器演奏や声楽、作曲、指揮などを専門的に行う。

音楽家とは、主にクラシックの分野において音楽を生業とする人のことを言います。

一般的には、器楽奏者、声楽家、作曲家、指揮者などを総じてこう呼びます。音楽家は、ソリスト(独奏者)として活動する人もいれば、オーケストラに属して他の音楽家と演奏する人もいますが、いずれの場合でも演奏会やコンサートなどの場で、自らの演奏によって人々の心を動かし、感動を与えます。

また、音楽大学や個人レッスンで後進の指導に当たる人もいます。

音楽家の世界は完全実力主義であり、学校などで音楽理論や技術を学んだ上で、国内外のコンクールで上位入賞を果たすことがプロになる第一歩です。

成功できるのは一握りですが、一流になれば世界を股にかけて活躍することができます。

「音楽家」の仕事紹介

音楽家の仕事内容

音楽家とは、とくにクラシックの分野で音楽を奏で、聴衆に感動を与える人のことをいいます。

ピアノやヴァイオリンなどの器楽奏者のほか、声楽家、作曲家、指揮者などを総じて「音楽家」と呼ぶことが一般的です。

音楽家は、演奏会やコンサートで個人や複数、もしくはオーケストラで演奏するほか、レコーディングをしてCDを出したり、テレビに出演したり、音楽大学や個人レッスンを通して後進の指導に励む人もいます。

音楽家になるには

音楽の世界は、本当に力を持った人だけが生き残れる厳しい場所です。

とくにクラシック音楽は長い歴史の中で作られた理論やルールに基づいて演奏するため、幼い頃から個人レッスンを受けて基礎を学んだり、音楽の専門学校や音楽高校・大学に進学し、スキルを磨く必要があるといえます。

一流の独奏者を目指す場合は、国内外のコンクールへの入賞を果たすことも求められます。

音楽家の給料・年収

独奏者として活動する音楽家の大半は、音楽事務所に所属しています。

そのような人の場合はコンサートに出演するたびに入る出演料から、経費等を引かれた額が自分の収入となります。

一般的に、知名度や実績がある音楽家ほど出演料は高くなりますが、安定した収入を得られる人は決して多くありません。

そのため、演奏活動の傍ら音楽学校の講師などを務めたり、ホテルやレストランで演奏のアルバイトを行ったりして、生計を立てている人もいます。

音楽家の現状と将来性・今後の見通し

一流音楽家になるためには、時間とお金をかけて厳しいレッスンを受けたり、毎日何時間も自己練習を続けたり、大きなコンクールへの上位入賞を目指したりなど、非常に険しい道のりが待っています。

しかし、ひとたび実力が認められれば、世界中で活躍できる可能性を秘めています。

努力を続けても全員が成功できるとは限らない厳しさがありますが、情熱を持って努力を続ければ、チャンスを掴むことができるでしょう。