「音楽家」とは

音楽家_画像

主にクラシックの分野において、楽器演奏や声楽、作曲、指揮などを専門的に行う。

音楽家とは、主にクラシックの分野において音楽を生業とする人のことを言います。

一般的には、器楽奏者、声楽家、作曲家、指揮者などを総じてこう呼びます。音楽家は、ソリスト(独奏者)として活動する人もいれば、オーケストラに属して他の音楽家と演奏する人もいますが、いずれの場合でも演奏会やコンサートなどの場で、自らの演奏によって人々の心を動かし、感動を与えます。

また、音楽大学や個人レッスンで後進の指導に当たる人もいます。

音楽家の世界は完全実力主義であり、学校などで音楽理論や技術を学んだ上で、国内外のコンクールで上位入賞を果たすことがプロになる第一歩です。

成功できるのは一握りですが、一流になれば世界を股にかけて活躍することができます。

「音楽家」の仕事紹介

音楽家の仕事内容

音楽で人々に感動を与える

音楽家とは、特にピアノやヴァイオリンなどの器楽奏者、声楽家、作曲家、指揮者など、クラシック音楽の分野で活動する人のことを言います。

音楽家といっても、楽器を演奏する人もいれば作曲をする人もいて、具体的な仕事内容はそれぞれ異なります。

しかし、音楽家に共通して言える大きな役割は、人々に音楽を通して感動を与えるため、日々鍛錬を重ね、表現力や技術を磨くことです。

主な仕事は、演奏会やコンサートで演奏すること、またはその楽曲を提供することで、腕が認められれば活動の範囲は日本に留まらず、世界を股にかけることも可能です。

一方、音楽大学や個人レッスンなどで後進の指導を行う人もいます。

次世代の音楽家を育てるためにも、現役の優秀な音楽家の力は欠かせないものなのです。

音楽家の就職先・活躍の場

音楽に関するさまざまな場所に活躍の場が

音楽家といってもソリスト・オーケストラ団員・音楽講師など、さまざまな働き方があります

ソリストやオーケストラ団員の場合は、楽団やオーケストラに所属して働きます。

コンクールで上位入賞を果たしたり、華々しい成績を残して世界から評価された人は、フリーランスで活動したり、芸能人のように事務所に所属して働くこともあります。

音楽講師の場合は、音楽系の学校や民間のスクールなどで教鞭をとります。

自宅や貸しスタジオを使って個人レッスンを開き、後進を育てている人も少なくありません。

音楽家の1日

演奏会やオーディションに合わせた生活

音楽家の仕事は、主に演奏会やコンサートで演奏したり、そのための作曲をしたりすることです。

こうしたスケジュールに合わせて動くため、一日のスケジュールはサラリーマンのように決まっていません。

ここでは、あるバイオリニストの一日をご紹介します。

8:00 事務作業(スケジュール確認や請求書の整理など)
終わり次第貸しスタジオに移動

10:00 練習開始
全体練習の前に個人練習をして気になるところをチェックしておきます。

12:00 休憩

スタジオを出てリハーサル会場へ移動

14:00 会場入り 楽器の手入れや同パートの人と打ち合わせ

15:30 全体練習・リハーサル開始

18:00 リハーサル終了

21:00 帰宅
遠方の演奏会の場合はホテルに泊まることもあります。

音楽家になるには

音楽の基礎を学ぶ

音楽は実力主義の世界です。

クラシック音楽は、長い歴史の中で作られた理論やルールに基づいて演奏するため、できるだけ早い段階で、きちんとした指導を受けることが必要です。

音楽家を目指す人は幼少期から音楽の個人レッスンを受け、高校卒業後に音楽大学に入学するケースが多く、在学中や卒業後に国内外のコンクールを受け、上位入賞することがプロになるための第一関門となります。

また音楽家として大成できるかどうかは、指導者選びが非常に重要な要素を占めると言われます。

学校に在学することと並行して、著名な指導者の個人レッスンを受ける人も少なくなく、中にはヨーロッパやアメリカなど、海外の音楽学校で学ぶ人もいます。

いずれにせよ、プロになるまでには多くのお金と時間がかかることを覚悟しておきましょう。

音楽家の学校・学費

音楽大学への進学

音楽家を目指す人は、音楽大学へ進学するのが一般的です。

しかし、音楽の知識や技術が問われるため、まったくの素人が突然受験するというのは難しいでしょう。

実際、数年間浪人をして技術を身につけ、合格を目指す人も多々います。

在学中にどれだけ力を身につけられるかが重要なポイントですが、難関大学では著名な音楽家を数多く輩出しており、ハイレベルの指導が受けられるという面で有利と言えるでしょう。

特に一流ソリスト(独奏者)を目指すのであれば、コンクールやオーディションは避けられません。

音楽家の給料・年収

所属先によって異なる

指揮者やピアニスト、バイオリニスト等のソリストとして活動する音楽家の場合、その大半は音楽事務所に所属しています。

このような音楽家は、コンサートを開催するたびに入る出演料が主な収入源となりますが、そこから事務所の経費(15%から20%程度)と源泉税(約10%)を差し引いた額が音楽家の取り分となります。

オーケストラ団員として所属する場合、固定給の収入を得ている人が多いです。

楽団の規模や個々の実力によってその額に差はあるものの、全体的には月収40万円、年収にして400万円から500万円が相場となっているようです。

音楽家のやりがい、楽しさ

音楽で人の心を動かせる

音楽は、言葉がなくても人の心を動かすパワーを秘めています。

実際、言葉が通じない国でも演奏を通じて、お客さまを喜ばせたり、感動させたり、勇気を与えたりできます。

音楽を通じて言葉を超えて感動を与えられることは、音楽を愛する音楽家にとって最高の喜びといえるでしょう。

もちろん、最もやりがいを感じられる一つの瞬間は、演奏後に聴衆から大きな拍手や歓声を受けた瞬間です。

音楽が伝わった、音楽で大きな感動を与えられたと感じることで、どんなに厳しい練習も続けていくことができるのです。

音楽家のつらいこと、大変なこと

日々の厳しいレッスン

音楽家になり、音楽家として成功し続けるためには、想像を遥かに超えるほどの努力が必要となります。

どれだけ楽器が弾けるようになっても、自分に厳しくあり続けなければならないのは、音楽家としての大変な部分です。

また、として世間から認められるようになったとしても、実力あるライバルたちは続々と現れますから、もし手を抜いてしまえばあっという間に追い抜かれてしまいます。

成功する音楽家たちは、決しておごり高ぶることなく、そうしたプレッシャーと闘いながら自分自身を高め続けているのです。

音楽家に向いている人・適性

音楽への情熱と体力・精神力

音楽家になるまでには、相当な時間をかけて努力し続けなければならず、コンクールでは常に順位が付けられ、競争の厳しい世界を勝ち抜いていく必要があります。

音楽への情熱はもちろん大事ですが、このような厳しさについていける人でなければ、音楽家になるのは難しいでしょう。

また、音楽家にはステージでも普段通りのパフォーマンスができるだけの強い精神力が求められます。

プレッシャーや不規則な生活でストレスを感じやすくなるため、それにも負けない身体と心を持っていることが大事です。

音楽家志望動機・目指すきっかけ

音楽を仕事にしたいという強い思い

音楽を聞いて感動したり、元気になったり、楽しい気持ちになったりするのは、世界のどの国の人も同じです。

こうした自分の音楽を世界に届けたい、音楽を仕事にしたいという強い思いが音楽家を目指すきっかけとなるでしょう。

また、幼少からレッスンをしてきた一にとっては、音楽はまさに自分そのものです。

音楽家は仕事と人生を切り離して考えていない人も多く、生涯を通じて愛する音楽を突き詰めていく喜び、苦労、そして醍醐味が味わえる魅力ある仕事と考える人が多いようです。

音楽家の雇用形態・働き方

事務所やオーケストラに所属する

音楽家といっても、その雇用形態はさまざまです。

音楽事務所に所属する場合、自分の代わりに事務所にマネジメントや宣伝活動などを任せ、自らは演奏活動に集中できるメリットがあります。

オーケストラの団員として所属する場合は、固定給が得られますが、オーケストラの年間スケジュールに合わせた生活になります。

そのほか、自宅などに生徒を集めて個人レッスンを開く人もいますし、音大の非常勤講師として働く人や、結婚式場やホテルなどで伴奏・演奏のアルバイトなどをしている人もいるようです。

音楽家の勤務時間・休日・生活

生活の中心は練習

音楽家にとって練習は、絶対に欠かせないものです。

世界的な一流音楽家でも、一曲をしっかりと演奏するために、裏では何十時間、何百時間もかけて練習を続けています。

重点的に練習する部分を考え、より効果的な練習の方法を工夫していくことも重要です。

音楽家は、基本的に演奏会とそれに向けての練習をひたすら繰り返す生活となります。

必ずしも全ての音楽家が練習好きというわけではありませんが、音楽家になれば練習から逃れることはできません。

音楽家の求人・就職状況・需要

団員も講師も狭き門

オーケストラ団員を目指す場合、各楽団のホームページなどで採用情報を探すことになります。

しかし、オーケストラは各楽器で定員が決められていることも多く、欠員が発生した時のみ採用を行うということも少なくありません。

音楽大学の講師は競争率も高く、海外の有名な音楽院で学んだ経験のある人など、レベルの高い争いが繰り広げられるようです。

一方、音楽教室の場合はピンキリで、音大や音楽の専門学校出身者というだけで採用されることも多いようです。

音楽家の転職状況・未経験採用

若手音楽家が期待されている

毎年、国内外で数々のコンクールが開催されており、時に大きなコンクールで日本人が入賞したり、史上最年少の受賞者が誕生したりすると、大きくニュースに取り上げられます。

それだけ世間からの注目度も高いことの表れだと言えるでしょう。

音楽家は実力さえあれば年齢を問わず活躍できる仕事で、ベテランの活躍も目立つ一方で世間は常に若手音楽家の誕生を期待しています。

そのため音楽家を目指す人は、一定の年齢に達したら夢をあきらめたり転職したりという人も多い過酷な世界なのです。

音楽家の現状と将来性・今後の見通し

クラシックファンの獲得が課題

クラシック音楽は、誕生から何百年もの歴史を経て、現代の人々にも親しまれています。

しかし、ポップスのようにCDが大きく売れるというケースはまれで、一部のクラシックファンに支えられている分野でもあります。

そのため、今後も爆発的な人気が出ることは考えにくく、クラシックファンの獲得が課題となるでしょう。

近年は世界的に活躍する音楽家だけでなく、女性の音楽家や地域を中心に活動する音楽家など、親しみやすい新たなイメージで売り出している人も少なくなく、どのようなスタイルで活動していくかも問われていくことでしょう。