ミュージシャンになるためにはどんな学校に行けばいい?

ミュージシャンになるための学校の種類

ミュージシャンを志す人が学ぶべき学校の種類は、大きく分けると「音楽系の専門学校」と「音楽系のスクール・音楽教室」です。

音楽の勉強をするために入る学校としては「音楽大学」がイメージしやすいですが、音楽大学ではどちらかといえば「学問としての音楽」を学ぶ場所という側面が強いため、ミュージシャンに必要な実技や知識の勉強から少し離れてしまう部分もあります。

専門学校やスクールでは、楽器や演奏パートごとに学科が分けられており、ミュージシャンとして実践的な勉強が可能です。

ただし、基本的にミュージシャンは学歴や経歴などが問われない世界であるため、高校や大学・専門学校に進まずミュージシャンを目指して活動を開始することもできます。

ミュージシャンになるには? どんなデビュー方法がある?

ミュージシャンになるための大学

有名なミュージシャンの中には音楽大学の出身者もいます。

音楽大学で管楽器の演奏や声楽などを学び、将来、ミュージシャンの仕事に生かすこともできるでしょう。

ただし、音楽大学で学ぶ音楽はクラッシックが大半であり、ポップス、ロックなどミュージシャンが追及する音楽のジャンルとは異なるところがあるため、ミュージシャンへの早道は、専門学校で学ぶことと言えるでしょう。

ミュージシャンになるための専門学校

音楽系の専門学校では楽器や演奏パート、その他のジャンルに分けて学科などが設置されており、それぞれの技術や知識に特化した勉強を受けることができます。

例えば「ボーカル系の学科」であればボイストレーニングや歌唱表現力を鍛えるカリキュラムが組まれ、「楽器系の学科」であれば楽器演奏の基礎やジャンルごとの演奏テクニックを鍛えるカリキュラムが組まれます。

より特化した学科として「シンガーソングライター向けの学科」「ギターボーカル向けの学科」「楽曲制作向けの学科」などが設置されている専門学校もあり、将来なりたいミュージシャンの姿に最も適した学科を選ぶことが重要です。

ミュージシャンになるためのスクール

学校法人ではない場所でミュージシャンになるための勉強を希望する場合には、ミュージシャン向けのレッスンを実施しているスクールを利用することをおすすめします。

スクールでは月に数回から週1回程度のペースでレッスンに参加し、歌や楽器演奏の技術を高める勉強を受けられます。

趣味のレベルで通っている人も少なくありませんが、スクールによってはプロ向けのカリキュラムを用意しているところもあるため、本格的にミュージシャンを志している人はそうしたカリキュラムを提供しているスクールを探しましょう。

レッスンの形式も個人レッスンやグループレッスンを選べたり、都合によってレッスン予定を振り替えられるなど、専門学校よりも通いやすい形式で音楽の勉強ができる点もメリットです。

独学でミュージシャンになれる?

ミュージシャンになるためには特別な学歴や経歴、資格を有している必要はないため、独学でミュージシャンとして活動することは十分に可能です。

有名なミュージシャンの中にも若くして独学でのミュージシャンの道を志し、ストリートミュージシャンなどを経験しながら後にメジャーデビューを果たしたミュージシャンも少なくありません。

独学での勉強方法はさまざまであり、他のミュージシャンの音楽を聞いて真似してみたり、バンドに参加して実戦形式で音楽を学んでいくということも可能です。

最近では動画投稿サイトなどで演奏を披露するなど、活動の場所も広がっているため、自分の音楽や演奏技術を知ってもらう方法は一昔前と比較して多様化しているといえます。

ミュージシャンになるための留学

音楽の本場である海外でミュージシャンになるための勉強をすることも考えられます。

特に、海外での活動を視野に入れるとなると、世界的に通用する音楽を作り上げるための勉強を海外で本格的に行うというケースは珍しくありません。

ただし、留学には言語の壁がありますし、費用面での問題もありますので、そうした「海外留学をするための問題」をクリアしなければなりません。

ミュージシャンは将来的な大成功が期待できる仕事ではある一方、無名の頃は音楽活動で得られる収入は限定的であるため、費用面での問題は重くのしかかります。

活動内容次第ではありますが、日本で活動するよりも過酷な道のりになる可能性は十分に考えられますので、本気でミュージシャンとして成功したいと考える人でないと挫折は避けられないでしょう。

ミュージシャンの学校選びのポイントは?

ミュージシャンに限った話ではありませんが、将来なりたい仕事を考えて進路を決める際には「その仕事に就くために必要な知識や技術が学べる学校であるかどうか?」を念入りに調べておかなければなりません。

ギタリストになりたいのであれば、ギターの演奏技術に特化した専門学校やスクールを選ぶべきであり、漠然と音楽大学に入学しても希望する勉強を受けられるとは限りません。

また、学校によって設置している学科や用意されているカリキュラムは異なりますので、目指す道が明確に見えているのであればその道に適した学科・カリキュラムを提供している学校を選びましょう。

そうした情報は各学校のホームページやパンフレットなどの資料から読み取ることができますので、しっかりと確認して比較し、最適な学校を探してください。