ピアニストのやりがい・楽しさ・魅力

ピアニストのやりがい・楽しさ

ピアニストという仕事は、音楽をプロフェッショナルとして提供し、人に喜びをもたらす仕事です。

これは、一般的なビジネスパーソンの取り組む仕事とは大きちがう職業であるということができます。

大変なことも多いですが、次のようなやりがいや楽しさがあるため、大変魅力的な仕事と捉えている人が多いようです。

人の心を動かすことができる

なんと言っても最も大きなやりがいは、自分の演奏で人の心を動かすことができる点であると言えます。

人に感動を与えられる仕事は、それほど多くはありません。

ピアニストは、人の心に安らぎや喜び、感動を与えられる貴重な仕事なのです。

たとえば、プロのピアニストは、ソロコンサートで曲を弾き終わったあと、観客から送られてくる拍手を聞き、感動した人たちの表情を見ると、非常にやりがいを感じるそうです。

また、結婚式やラウンジなどで演奏するピアニストは、プレイヤーとして主役ではありませんが、人々の心を和ませることができます。

ピアノの生演奏により、その会場の雰囲気がとてもよくなり、居合わせた人々の顔がやさしくなります。

演奏後には、感謝の言葉をかけられることもあり、とてもやりがいを感じられる仕事です。

自分の力が社会貢献になる

音楽には人を癒す効果があります。

その力を最大限に発揮して、ピアニストも社会貢献ができます。

たとえば、東日本大震災の後に、被災した方々を支援するための復興チャリティーコンサートが開かれ、多くのピアニストたちが活躍しました。

また、病院内や老人ホームなどでもコンサートが行われることがあります。

心や体を病んでいる人や、気持ちが沈んでいる人に優しい音楽を届ける仕事は、大変やりがいがあります。

コンサートが終わったあと、観客の笑顔や感謝の言葉に勇気づけられるピアニストもいます。

これから、ますます社会貢献するピアニストに期待がかかるでしょう。

納得のいく演奏ができたときの喜び

ピアニストはとてもクリエイティブな職業です。

楽譜に従い、間違えないように弾けるだけではピアニストにはなれません。

もちろん、暗譜するくらいに楽譜をしっかり読み込み、ミスせず弾けるように練習することは基本中の基本です。

そのうえで、演奏の練習と並行して、楽曲を解釈する作業も必要になります。

作曲家がどのような意図でその曲を作ったのか、いろいろ調べることにより、曲の表現方法が理解できるようになります。

作曲家が誰かに依頼されて作ったのか、あるいは自分の想いを伝えるために作ったのか、どんな場所で作り、時代背景はどうだったのか、深く掘り下げて曲のイメージをふくらませていくピアニストもいます。

このように時間をかけてひとつの曲を仕上げ、自分なりの表現で演奏できたとき、ピアニストは大きな喜びを感じます。

ピアニストの仕事内容

ピアニストの魅力

好きなことを仕事にできる

ピアニストの仕事には、この仕事でしか得ることのできない魅力もたくさんあります。

ピアニストとして活躍している人のほとんどは、ピアノを演奏することが好きでこの職業を選んでいます。

好きなことだからこそ、毎日の長時間の練習や本番のプレッシャー、移動の大変さといった、仕事に付いて回る大変さにも耐えることができますし、プロとして活動を続けていくことができるのです。

大変に感じることもありますが、好きなことだからこそ毎日触れていられるという側面もあります。

努力すればした分だけ結果につながる

練習にかけた時間は、技術を裏切ることはありません。

一時的にスランプに陥ったり伸び悩むことはありますが、最終的には努力した分だけ技術として自分の力になります。

そして、技術をみがけば演奏に還元され、周りからの評価を得ることにもつながります。

ピアニストの世界は実力が重要であり、競争を生き抜くため大変なことも多くあります。

しかし、自分が努力した分だけ演奏や自分自身の成長を感じることができる職業でもあるのです。