シンガーソングライターに向いてる人・適性・必要なスキル

シンガーソングライターに向いている性格・適性

自分の世界観を表現できる

シンガーソングライターは、誰かに提供された楽曲を歌いこなす歌手とは異なり、基本的に自分自身で作詞と作曲を手掛けて歌を歌います。

詞や曲の中に自分の世界観を表現することになり、楽曲はまさに自分の分身のようなものだといえます。

音楽が好き、歌うことが好きという人は大勢いますが、自分の中に「表現したいこと」がなければ、曲作りも難航してしまうことになるでしょう。

またシンガーソングライターとして活躍するには、コンスタントに曲を生み出し続ける能力も求められてきます。

人前でパフォーマンスすることが好き

シンガーソングライターの大半は、メディア出演やライブ・コンサートなどの場で、観客の前に立って歌を披露しす。

つねに誰かに見られる仕事であるため、パフォーマンスすることが苦手な人よりも、たくさんの人の視線を集めることで輝けるようなタイプの人に向いているといえるでしょう。

舞台に立つことが好きだったり、人前で何かを発表することを楽しめたりする人であれば、シンガーソングライターとしての適性があるでしょう。

向上心がある

プロのシンガーソングライターとして活躍している人も、売れない時代があったり、人知れず苦労や努力をしたりしている人は少なくありません。

音楽や芸能の世界は華やかなように見えて、限られた人しか生き残れない厳しい世界です。

継続的に人気を保ち続けることは簡単ではありません。

自分の表現力や技術を高め続け、飽きられないような工夫をしながら活動していく必要があります。

目立たないところでも、自分の夢や目標に向かってコツコツと一人で努力を続けられるような人だけが、シンガーソングライターとして花開く可能性があると考えておいたほうがよいかもしれません。

シンガーソングライターになるには

シンガーソングライターに必要なスキル・能力

歌唱力

シンガーソングライターは、自分で作った曲を歌うという点では「歌手」であるといえます。

いくら素晴らしい曲を生み出すことができても、歌は下手ということでは、多くの人々に受け入れられることは難しいものです。

シンガーソングライターとして成功したいのであれば、歌唱力を身につけることは必要不可欠であるといえるでしょう。

ボイストレーニングのレッスンに通ったり、自主的に発声練習や各種トレーニングを行ったりしながら、人に伝わる歌を歌えるようになるためのスキルアップが必要です。

作詞や作曲のスキル

シンガーソングライターは、歌を歌えることに加えて、作詞と作曲のスキルも必要とされます。

ただ言葉を並べたり、自由に音を鳴らしたりするだけであれば誰にでもできますが、人の心をつかむ「作品」として仕上げるためには、音楽理論などの知識も求められます。

曲作りのノウハウを身につけて向上させていくことも、シンガーソングライターにとっては必要なスキルだといえるでしょう。

楽器演奏の技術

シンガーソングライターのなかには、ピアノやギターといった楽器を弾きながら歌を歌う人も多く、そのためには楽器演奏の技術も磨いていく必要があります。

歌をより魅力的に聞かせるだけの演奏能力がつけば、表現の幅がさらに広がっていくでしょう。

パフォーマンスのスキル

シンガーソングライターは、舞台などで人前に立ってパフォーマンスする仕事です。

そこでは「魅せる」というスキルが必要になってきます。

なかにはもともと人を惹きつける人もいますが、大半の人は、慣れないうちは本番で緊張して頭が真っ白になってしまうものです。

大勢の人の前でも自信を持ってパフォーマンスできるように場慣れしていく努力が求められてきます。

シンガーソングライターに向いていないのはどんな人?

シンガーソングライターは、レコーディングやライブなど仕事をする上で「一発本番」という機会も多いです。

ここぞというときに最大限のパフォーマンスができなければ、この仕事を続けるのは難しいでしょう。

また、本番に緊張しやすいという人も向いていないかもしれません。

ただし、シンガーソングライターをはじめ芸能界で活躍する人のなかには「もともと人前に出るのは苦手」「内気な性格だった」という人も少なくありません。

たくさんの経験を重ねて、自分に自信をつけていくことが大切です。