ミュージシャンの1日

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ミュージシャンの業務スケジュール

基本的に不規則な生活スタイル

ミュージシャンの業務スケジュールは基本的に不規則であり、その時その時の仕事内容によって生活スタイルも大きく変動することになります。

業務スケジュールに決まりきったパターンというものは存在せず、仕事に合わせた業務スケジュールをその都度こなすことになりますので、1日の過ごし方も仕事に合わせた形になることがほとんどです。

夜型の生活スタイルのミュージシャンも多い

ミュージシャンの中には、基本的な生活スタイルが「夜型」であるという人も少なくありません。

バンドでのリハーサルやレコーディングなどの作業を深夜に行うというスタイルになりますが、ミュージシャンは一般的な会社員とは異なりますので、そうした生活の送り方も基本的に自由なのです。

さまざまなミュージシャンの1日

ミュージシャンにもいろいろな人がいますので、「かけだしミュージシャン」と「有名ミュージシャン」の1日について見てみましょう。

かけだしミュージシャンの1日

6:00 起床
朝早くからアルバイトの予定が入っているため、早くに起床する必要があります。

朝食をとり、その日の予定を確認してから身だしなみを整えて、アルバイトに出勤します。

8:00 アルバイト
かけだしミュージシャンはなかなか稼げる仕事をもらえないため、アルバイトをして生計を維持する必要があります。

将来的に有名になり、忙しくなることを考えれば、アルバイトで体力を鍛えておくことは理に適っているともいえます。

12:00 昼休憩
昼食をとり、午前の労働で消費した体力を回復します。

時間に余裕があれば、演奏予定の楽譜を確認したり、簡単なリズムトレーニングなど、職場の休憩室でも可能な音楽の練習を行います。

17:00 スタジオで練習
アルバイトが終わったら、貸しスタジオでバンドの練習を行います。

スタジオを借りることはプロでないと難しいと思われるかもしれませんが、趣味のレベルでも借りれる程度の料金で利用できるところも少なくありません。

19:00 夕食
この日は20時からライブハウスでの演奏の予定があるので、その前に軽く夕食を済ませておきます。

何か確認事項等があれば、この場で連絡を行います。

20:00 ライブハウスで演奏
ミュージシャンが自身の音楽を披露する場として有名なのが「ライブハウス」です。

音楽に興味がある人に音楽を披露する絶好のチャンスになりますので、自身が演奏できる持ち時間など、情報を確認しておく必要があります。

一般的なライブでの持ち時間は30分前後、5曲ほどレパートリーを持っている必要があります。

21:00 反省会・打ち上げ
本番が終われば、反省会を兼ねた打ち上げを行います。

バンドで活動している人はバンドメンバーとのコミュニケーションが重要な要素の1つとなりますので、こうした時間は貴重です。

23:00 帰宅
打ち上げが終われば、その日のスケジュールは終了です。

翌日にもアルバイトが控えていますので、しっかりと寝て体力を回復させます。

有名になったミュージシャンの1日

11:00 起床
この日は夜明け頃までスタジオ入りしていたため、起床時間は遅めとなります。

このミュージシャンは基本的に夜型生活というわけではなく、たまたま就寝が遅くなってしまったがための遅めの起床となりました。

ミュージシャンとして有名になればこうした不規則な生活リズムにも耐えられる能力も必要になるのです。

マネージャーからのメール等をチェックし、近所のファミリーレストランに向かいます。

体が資本のミュージシャンとしては野菜・肉など栄養バランスの取れた食事も重要なので自炊するミュージシャンも少なくありません。

ただし、外食の方が手軽に栄養を摂取できる点がメリットになります。

14:00 打ち合わせ
開催予定の全国ツアーについての打ち合わせを、バンドメンバーやマネージャー、関係者と話し合います。

有名になるほど大規模なイベントを開催する機会も多く、イベントの規模が大きくなるほど打ち合わせに必要な時間も必然的に大きくなります。

17:00 スタジオで調整
打ち合わせ後、スタジオ入りして次のレコーディングに向けた調整を行います。

有名ミュージシャンとして適当な音楽を世に出すわけにはいきませんので、念入りな話し合いが行われます。

22:00 帰宅・練習
帰宅後、軽く食事をとってから自宅の防音スペースで個人練習を行います。

ミュージシャンの中にはこうした1人の時間のときに新曲のアイデアが思い浮かぶこともあるそうです。

練習時間は、帰宅時間と就寝時間によってまちまちですが、日によっては日付をまたいで何時間も練習することもあります。

24:00 就寝
この日の就寝時間はこのミュージシャンとしては早い方で、日付をまたぐ前に就寝します。

翌日に朝早くからの仕事が入っていることが大きな要因であり、もし午前中の仕事がなければ夜中まで起きて練習などに時間を費やすこともあるようです。

ミュージシャンの生活

アルバイトが必要なミュージシャンも多い

ミュージシャンとして一人前と言える要素の1つが「音楽活動だけで食べていけること」だそうです。

駆け出しミュージシャンのほとんどは音楽活動で得られる収入だけで生活していくことは難しく、生計を維持するための収入は「アルバイト」で得ています。

必然的に1日のスケジュールにアルバイトを組み入れなければならず、音楽活動に費やせる時間はプロと比較して限定されてしまいます。

プロでも音楽と直接関係しない仕事に従事しなければならない

かけだしはアルバイト等で時間を使いますが、プロ・有名だからといって1日のすべてを音楽に費やせるわけではありません。

メジャーデビューが決まればレコード会社や音楽プロダクションと契約するわけですが、ファンを増やすためには積極的な「プロモーション活動」が欠かせません。

会社と相談してメディアに出演したり、ホームページやブログで情報発信したりと、音楽活動とは直接関係しない行動に時間を費やさなければならないのです。