音楽家の需要・現状と将来性

音楽家の現状

実力主義の世界

音楽家の世界は「完全な実力主義」で成り立っています。

現在、一流の音楽家と呼ばれる人たちは、類まれな実力を発揮して世間に認められており、実力の乏しい音楽家は努力の日々を送り続けることになります。

音楽家として一流と呼ばれ、成功できる人はほんの一握りであり、ときには運を味方につけながら音楽家としての活動を続けて、コンクールなどで実力を認められる必要があります。

ファン獲得が課題

音楽家にとって重要な課題として挙げられるのが「ファンの獲得」です。

現代音楽であれば比較的容易な話ではあるのですが、「クラシック」などの古典的な音楽の場合は根強いファンを増やすことが課題であるといえます。

クラシックを愛する人は根強く残り続けているため、そうしたファンの支えを受けながらいかにしてファン層を厚くできるかということが課題となるのです。

音楽家の需要

音楽関連の需要は廃れない

音楽という文化は、人間の歴史の中で形を変えながら現代まで受け継がれてきました。

そんな音楽に携わる音楽家は、今後のその仕事が人々に必要とされ続けるものだと考えられます。

ただし、どんな形で求められるかについては、その時代の文化と密接なかかわりを持つといえます。

特に現代的な音楽に携わる音楽家の場合、流行の流行り廃りに応じて需要も大きく変動することになるのです。

音楽家自体の需要はこれからも続いていくでしょうが、どんな形で音楽に関わるのか、その形については十分に考慮する必要があります。

求人は狭き門である

例えばクラシック音楽の演奏に携わりたい場合、「楽団に所属する」という道が一般的です。

では、楽団の求人は多いのかといえば、そうでもありません。

楽団の場合は「定員」がしっかりと決まっていることが多く、例えば欠員が出た場合に必要な人数だけ募集するという形になることが多いです。

音楽教師としての道も、かなり狭き門であるといわざるをえません。

個人で教室を開く場合には、音楽家としての実績がなければ生徒を確保することが難しくなります。

音楽家の将来性

実力がなければ生き残れない

音楽家そのものは需要がこれからも継続するであろうと推測できますが、食いはぐれが起きないかといえばそうではありません。

「音楽家としての自身の将来」を考えるのであれば、いかに優れた技術やセンスを武器にコンクールで入賞するなどして実力を認められ、知名度を高められるかを考えなければなりません。

当然ながら、成功の未来のためには地道で血のにじむような努力が欠かせないでしょう。

AIやロボットは音楽家の仕事を奪うのか?

昨今、「AI」や「ロボット」が人間の仕事を代替する可能性についてメディアでも多数取り上げられています。

実際にAIが作曲を行ったり、ロボットが楽器を演奏し、CDなどで素晴らしい音楽を聴くことができる時代ではありますが、音楽家の仕事が完全にAIやロボットに代替されることは考えにくいです。

音楽家のように芸能面のセンスが問われる仕事は、人間らしさが問われる分野でもあるため、AIやロボットが音楽家としての活動を可能にするとしても、完全に取って代わることは考えにくいのです。

音楽家の今後の活躍の場

メディアの広がりで活躍の場も広がる

音楽家は、人々に音楽を披露してはじめてその価値を見出してもらうことができます。

従来はCD販売やコンサート会場などを利用するほかは路上での披露など方法が限られていましたが、最近ではネットを通じて動画投稿サイトなどで音楽を披露する環境が整っています。

今後、さらにメディアの形が変化すれば、音楽家も自分の技量を披露する場が増えてくることになるでしょう。

優れた技術や特殊な技術があれば、自然と人々の注目を集めることができます。

従来の形は廃れる可能性もある

逆に、従来の形は廃れてしまう可能性は捨てきれません。

特殊な披露の仕方に特化している場合、その方法が廃れてしまうと注目される可能性を減らしてしまうことになります。

時代の移り変わりに合わせて、自分の音楽を披露する形についても考慮していく必要があります。