このサイトはPAエンジニアを目指す人のための情報サイトです。

PAエンジニアとは?

PAエンジニアは、コンサートやライブ、舞台、イベントなどでPA(音響設備)を用いて音の調整をする仕事です。その場に適した音作りをすることが役目となりますが、常設の音響設備がない会場であれば、音響機材の選定および配置図・配線図の作成から撤収うまで担当します。音響に関する専門知識や技術が必要となるため、音響について学べる専門学校や大学の工学部で学び、音響会社や舞台企画会社、ライブハウスなどへ就職する人が大半を占めています。経験と実力によって収入はアップしますが、アルバイトとして働く人も少なくありません。体力的にハードな面もあるため若手が中心となっていますが、音楽、舞台、放送、いずれの分野においても総合的な音響プロデュースができるようになれば、この世界でキャリアを発展させていくことができるでしょう。

PAエンジニアの仕事内容

コンサートやライブ、舞台、イベントなどでPA(音響設備)を用いて全体的に音の調整を行うのがPAエンジニアの仕事です。

音楽関係、演劇関係、イベント関係という活動分野や開催場所によって発生する業務は異なります。

常設の音響設備がないコンサートやライブ、イベント会場の場合は事前に音響機材の選定および配置図・配線図の作成を行います。

公演の責任者や舞台監督、アーティストらと綿密な打ち合わせが必要です。

複数の音響スタッフが関わり、公演前に機材の搬入、セッティング、音の調整、リハーサルを行います。本番中は音の調整を行い、終了後は音響機材を撤収します。

音響設備が常設されている会場ではPAエンジニアが1人の場合もあります。

PAエンジニアになるには・必要な資格は?

PAエンジニアになるために必要な資格はありません。

ただし「舞台機構調整技能士」という技能検定制度による国家資格や一般社団法人「日本音響家協会」による「音響家技能認定」という民間資格があります。

音響機材を運搬するため「普通自動車免許」や「中型自動車免許」が必須という会社もあります。

就職先は音響会社、コンサートや舞台の企画・制作会社、コンサートホールやライブハウス、劇場などになります。

機材や配線のセッティングというアシスタントから、モニターミキサー、メインミキサーという段階を経て、フリーランスになる人もいます。

音響や音響工学に関する知識や技術が必要なため、音響関連の専門学校や大学(工学部など)で学んだほうがいいでしょう。

PAエンジニアに向いている人

技術畑のPAエンジニアは職人気質の人が多いでしょう。

一般的に上下関係の厳しい業界ですから、年上の人にかわいがられるタイプの明るい性格の人、コミュニケーション能力に長けた人、協調性のある人は適性があるでしょう。

音響設備が常設されているコンサートホールや劇場の正社員であればほとんどないかもしれませんが、勤務先によっては重い音響機材の運搬が日常業務になります。

体力があり、力仕事であっても腰を痛めないような人がよいでしょう。

また音響の良し悪しによって公演全体の出来栄えが左右されることもあります。

担当する公演はもちろん音楽や舞台について歴史的な成り立ちから最新情報に至るまで詳しい知識がある人、音感が鋭い人は適切な音の調整を施すことができるでしょう。

PAエンジニアの就職状況・雇用形態

PAエンジニアとして活躍するためには、音響会社、コンサートや舞台の企画・制作会社、コンサートホールやライブハウス、劇場、ホテル、テーマパークなどに就職するのが一般的です。

雇用形態は正社員か契約社員、アルバイトになります。少ない収入でまずは雑用から従事するため、採用数はそれなりにあります。

またPAエンジニアがさまざまな音響エンジニアとして幅広く仕事を請け負うこともあります。

テレビ局のMA(マルチオーディオ)エンジニアやラジオ局のミキサー、録音スタジオのレコーディング&ミキシングエンジニアなどです。

テレビ局に所属するMAエンジニアは4年制大学を卒業し、制作技術部に音声担当として就職する必要があるため、就職難易度は非常に高いでしょう。

なお、テレビ番組のMAエンジニアは制作会社勤務のPAエンジニアが請け負うこともありますが、制作会社の方がテレビ局よりは採用される確率が高くなります。

PAエンジニアの給料・年収・待遇

専門学校や大学を卒業し、PAエンジニアとして音響会社や音楽施設、コンサートなどの企画・制作会社に就職した場合の初任給は15~16万円程度でしょう。

能力に応じて昇給し、月給40~45万円程度になることもあります。

いわゆる体育会系の職場が多いため、仕事を始めたばかりのころは収入や待遇面において厳しい状況になることもあるでしょう。

音楽関係のPAエンジニアのなかでもツアーであちこち出向く人と、音楽施設に常駐する人にわかれます。

同じ常駐者であっても地方のコンサートホールは公共施設も多く、団体職員として採用されることもあり、収入や待遇面は比較的安定しやすいでしょう。

ライブハウスではまず時給750~1,500円程度のアルバイトとして採用されることが多いようです。

PAエンジニアの生活・勤務時間・休日

特定のコンサートホールやライブハウス、劇場に勤務するPAエンジニアの勤務先は1か所に定まっています。

勤務時間は10:00~18:00、週休2日制などおおまかな基本はありますが、公演のスケジュールに合わせて変動することが多いでしょう。

さらに特定のアーティストのツアーに帯同したり、イベントに出向いたりするPAエンジニアは勤務時間や休日が交代制となるのはもちろんのこと仕事の現場もさまざまです。

朝早くから仕込みが始まり、夜遅くまで撤収作業に追われることもあります。

一般的には休日や勤務時間外にあたるときに仕事が集中することも多いため、不規則な生活となることは否めません。

ただし厳しい下積み時代を乗り越えて実績を積めば能力を認められて昇給し収入にも反映されることでしょう。

PAエンジニアの現状と将来性

重い音響機材を運搬し、生活も不規則になることから男性の割合が高い職業でしたが、最近は女性も数多く活躍するようになりました。

必ずしも好みの公演ばかりとは限りませんが、音楽や舞台が好きであればやりがいや達成感を味わうことができるからでしょう。

体力的にハードな職業ですから若い人が多いという傾向があります。

管理職に就くような年齢に達したときにどのような業務を担当したいか、どうすれば関わる業界がより発展できるかを考えながら経験を積むといいでしょう。

また、テレビのMAエンジニアや録音スタジオのレコーディング&ミキシングエンジニアなど音響エンジニアとして幅広く活躍する方法もあります。

音楽、舞台、放送、いずれの分野においても総合的な音響プロデュースができる人材が望まれているでしょう。