ストリートミュージシャンになるには?

ストリートミュージシャンになるまでの道のり

「ストリートミュージシャン」になるためには、基本的に学歴や資格などのキャリアは問われず、希望すれば誰でもストリートミュージシャンを名乗り、音楽活動をすることができます。

もちろん、路上ライブを行うまでには相応の練習が必要になりますし、実力不足だと路上ライブを行っても望んだとおりの成果が出ないこともあるでしょう。

基本的に高校などで軽音楽部などの楽器演奏に関わる部活に所属したり、音楽系の大学で本格的に音楽の勉強をこなし、さまざまな曲を演奏して経験を積んでおくことがストリートミュージシャンとしての道のりとして一般的です。

ストリートミュージシャンとして活動して知名度を高め、メジャーデビューを果たしたというミュージシャンもいます。

ストリートミュージシャンの資格・難易度

特別な学歴や資格は問われない

ストリートミュージシャンを名乗るためには、特別な学歴や資格は問われません。

ミュージシャンにとって経験や学歴は自身の評価を高めるための武器ではありますが、一番求められているのは、優れた音楽を世に送り出すことだからです。

路上ライブには許可が必要

ストリートミュージシャンの演奏場所は「路上」などの場所になりますが、こうした場所でライブ活動を行うためには「許可」を得る必要があります。

一部の公園や駅などの場所では、事前に申請を通しておけば合法に路上ライブを行えるように制度が整備されています。

基本的に路上ライブは「道路交通法」に抵触し、罰則もありえまえす。

ストリートミュージシャンになるための学校の種類

音楽系の専門学校

音楽の勉強をする場所というと「音楽大学(音大)」をイメージする人が多いですが、音楽大学は「学問としての音楽」を勉強するという要素が強く、どちらかといえば「音楽家」になるための勉強が中心になります。

そのため、楽器演奏などの実技面に特化している音楽系の専門学校でスキルを磨くほうが、ストリートミュージシャンになるための勉強に適しています。

音楽教室

ストリートミュージシャンに必要な楽器演奏やボーカルのスキル・知識については、個人の音楽教室でも学ぶことができます。

ストリートミュージシャンに向いている人

最新のトレンドをいち早く吸収できる

ストリートミュージシャンとして成功するためには、最新の音楽トレンドを知り、それを自分の音楽にいち早く取り込むことができる吸収力と柔軟性が求められます。

トレンドに置いて行かれた音楽は人々の関心を集めることが難しく、自分の音楽を追求しながらも最新のトレンドを吸収して新しい音楽を生み出す能力が問われるのです。

周囲を巻き込む魅力を持つ

ストリートミュージシャンは、ライブハウスやコンサートと異なり、人々の注目を集めることが重要課題の1つとなります。

特にボーカルのように注目されやすい人が人々を惹きつけるだけの魅力を持っていれば、観客を集めて注目してもらうことの難易度を下げることができるでしょう。

体力がある、安定した収入源を持っている

ストリートミュージシャンは、安定した収入を得ることが難しい仕事でもあります。

アルバイトで収入を得るのが一般的ですが、音楽活動とアルバイトの両立をこなすだけの体力がある、あるいは何らかの方法で安定した収入を得る方法を確立していないと生活が困難になります。

ストリートミュージシャンのキャリアプラン・キャリアパス

成功すればメジャーデビューも夢ではない!

ストリートミュージシャンとして活動したのちにメジャーデビューを果たすことも、決して夢ではありません。

実際に世界中にはストリートミュージシャンとして活動して知名度を高め、最終的にメジャーデビューを果たしたミュージシャンが数多く存在します。

成果を出せずに終わることも…

とはいえ、大きな成功を収めることができるストリートミュージシャンは、ほんの一握りに過ぎません。

音楽活動で得られる収入はわずかであり、アルバイトなどで生計を立てなければ生活していくことすら難しいです。

生活の安定のため、先行きへの不安を拭えないため、さまざまな理由で志半ばで音楽の道を諦めた元ストリートミュージシャンは星の数ほど存在します。

ストリートミュージシャンを目指せる年齢は?

ストリートミュージシャンに「定年」はない

基本的にストリートミュージシャンには「定年退職」というものはなく、何歳であってもストリートミュージシャンになり、ストリートミュージシャンとして活動し続けることができます。

ストリートミュージシャンは雇用契約のもとに成り立つ仕事ではないため、法律などの制限でストリートミュージシャンになるための年齢制限を気にする必要はないのです。

体力的な問題を無視することはできない

とはいえ、年齢的な問題がストリートミュージシャンには存在しないというわけではありません。

ストリートミュージシャンは路上ライブが基本ですから、例えば「気候」の問題は重くのしかかります。

暑い夏、寒い冬が存在する日本の気候は、野外で音楽活動を行うストリートミュージシャンの体力を奪います。

若者であれば耐えられるような環境でも、高齢でストリートミュージシャンとして活動する人には健康面での問題が無視できないのです。

ストリートミュージシャンは高卒から目指せる?

ストリートミュージシャンとして活動するためには、特別な学歴は必要としません。

楽器演奏等の技術は求められますが、そこには学歴などのキャリアはほとんど関係しません。

優れた音楽を広めたいという熱意と技術があれば、学歴に関係なくストリートミュージシャンとして活動し、メジャーデビューを果たすこともできるかもしれません。