このサイトはレコーディングエンジニアを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「レコーディングエンジニア」

仕事内容
アーティストがスタジオでレコーディングを行う際に、音響機器を調整してより良いサウンドに仕上げるのがレコーディングエンジニアの仕事です。ボーカルやコーラス、各楽器の演奏を個々に録音していき、それぞれの音量などのバランスを調整。1つの楽曲としてまとめ、最終的にはマスターテープを仕上げて完了となります。アーティストの都合によってはレコーディングが深夜に及んだり泊まり込みになったりすることもあり、勤務体制は不規則です。
なるには
レコーディングエンジニアには資格や免許は必要ないものの、さまざまな音響機器の操作やデジタル処理の技術が必要であるため、専門学校で学ぶのが王道だといえるでしょう。学校を出ても新卒ですぐに就ける仕事ではなく、まずはアシスタントや見習いとして就職するのが一般的です。先輩であるレコーディングエンジニアにつき、教わったり先輩の技を吸収したりしながら、現場で数年間、経験とスキルを磨いた後に、晴れてレコーディングエンジニアへのキャリアアップが叶います。
給料
アシスタントエンジニアの初任給は正社員や契約社員の場合、月収15〜18万円、アルバイトの場合は時給850円〜が相場です。会社員のレコーディングエンジニアの給料は会社の規模や経営状態によって異なりますが、大手レコード会社の場合は平均年収が600〜800万円だといわれています。また、有名アーティストに腕を認められフリーランスへ転向したレコーディングエンジニアの場合、給料は実力や仕事内容、依頼するアーティストのレベルにより異なりますが、1日に数十万円になることもあるようです。
将来性
近年、1曲単位での楽曲ダウンロードが安価に行えるようになり、音楽市場全体は低迷していますが、朝起きてから夜寝るまで音楽が絶えることがないといっても過言ではない環境にあります。この先も音楽そのもののニーズが尽きることはなく、その音源を作るレコーディングエンジニアは実力と努力により、活躍し続けることが可能だといえるでしょう。しかし、最初は金銭的にも体力的にも苦しいアシスタントからのスタートとなり、実際にレコーディングエンジニアとして活躍できるのは、ほんの一握りだけだという厳しい現実もあります。