このサイトはコンサートプロモーターを目指す人のための情報サイトです。

コンサートプロモーターとは?

コンサートプロモーターは、コンサートを開催するにあたってのプロモーション活動(宣伝、販売促進)などの企画・運営をする仕事です。芸能プロダクションやレコード会社から依頼を受けて行う「委託興行」であれば、会場確保やスタッフの手配、チケット販売、当日の会場設営や観客誘導・警備、さらには進行管理や撤収などまで幅広く請け負い、裏方としてコンサートを成功に導きます。おもな就職先はイベント企画・制作会社であり、特別な資格は必要ありませんが、興行の企画・運営は独自の慣習や歴史があるため、地道な下積みが必要となります。華やかに見える世界とは裏腹に上下関係が厳しいといった一面もあり、新人時代は決して高い給料が望めるわけではありません。時代とともに変化するさまざまな問題を好転させるアイデアを持ち、業界関係者と良好な関係を築きながら臨機応変に立ち回る力が必要とされます。

コンサートプロモーターの仕事内容

コンサートを開催するにあたり、プロモーション活動(宣伝、販売促進)などの企画・運営を行うのがコンサートプロモーターの仕事です。

芸能プロダクションやレコード会社から依頼を受けて行う「委託興行」と自ら主催者となる「自主興行」があります。

「委託興行」の場合、

・会場の確保
・スタッフの手配
・許可申請
・プロモーション活動
・チケットの販売
・事前準備
・当日の会場設営や観客誘導・警備
・出演者の送迎手配
・進行管理
・撤収

などを請け負います。

コンサートプロモーターの収入は、「委託興行」であれば主催者から支払われる企画・運営費、「自主興行」であれば観客が支払うチケット代になります。

「自主興行」は海外アーティストのコンサートや音楽フェスティバルが多いでしょう。

コンサートプロモーターになるには・必要な資格は?

コンサートプロモーターになるために必要な資格はとくにありません。イベント企画・制作会社に就職するのが一般的です。

音楽関係やイベント関係の学科がある専門学校や大学で学ぶ人もいます。

コンサートの専門知識や現場経験が豊富な人材が求められるため、学生時代からコンサート会場やイベント制作会社でアルバイトをしたほうがいいでしょう。

アルバイトのコンサートスタッフとして多様な業務を経験し、能力を認められて、企画も行うプロモーターになるケースもあります。

テレビ業界や音楽業界から転職する人もいるなど、経験者が優遇される傾向があります。

学生時代にアルバイトとして経験を積むと、卒業後にそのまま関わったイベント制作会社に正社員として採用される可能性も出てきます。

即戦力となるような現場経験ができる専門学校などを選ぶ方法もあります。

コンサートプロモーターに向いている人

ひとくちにコンサートといってもさまざまなジャンルがあります。

歴史的な過去から最新情報に至るまで音楽全般について詳しい知識のある人はコンサートプロモーターに向いているといえるでしょう。

ひとつのコンサートを開催するにしても非常にたくさんのスタッフが関わります。小さなミスが公演の成功を妨げることにもなりかねません。

コミュニケーション能力や交渉力、英語など語学力に優れた人、細やかな心配りや気づかいのできる人は適性があります。

また興行の企画・運営は歴史のある仕事です。上下関係も厳しく、挨拶に始まり挨拶に終わるような礼儀が重んじられる業界でもあります。

コンサートの専門知識や現場経験も必要ですが、一般常識をわきまえていることがコンサートプロモーターに求められます。

コンサートプロモーターの就職状況・雇用形態

コンサートプロモーターのおもな就職先はイベント企画・制作会社です。雇用形態は正社員、契約社員、アルバイトとさまざまです。

アルバイトやインターンシップで学生時代に現場経験をしていると採用される確率は高まります。

芸能プロダクション、音楽プロダクション、コンサートホールやライブハウスなどの音楽施設、レコード会社、広告代理店などでも求人はあります。

テレビ業界や音楽業界で勤務経験のある人が転職して中途採用されることも多いでしょう。

イベント制作会社は東京や大阪といった大都市のみならず全国各地に点在しているため、生まれ育った地元近くで正社員として就職することもできます。

ただしコンサートの開催地は各地におよぶため出張することも日常茶飯事です。

コンサートプロモーターの給料・年収・待遇

イベント企画・制作会社に勤務する正社員の場合、就職してしばらくのあいだは月収17~25万円程度、年収250~350万円程度でしょう。経験の浅いうちは収入の少ない状態が続くこともあります。

ただし実績を重ねて能力を認められると年収はあがっていきます。

定員数千人の「ホールクラス」や定員1~2万人前後の「アリーナクラス」に対して、定員数万人の「スタジアムクラス(ドームクラス)」の興行を請け負うと高収入になるでしょう。

コンサートプロモーターの生活・勤務時間・休日

コンサートプロモーターはひとつの興行に対して最初から最後まで関わります。

正社員であれば11:00~20:00の8時間勤務、土日祝の週休2日制などの基本はありますが、コンサートは土日祝に開催されることも多く出勤することになります。

企画を担当できるようになるまでにはさまざまな経験を積む必要があります。

まずは会場の調整やチケット販売、宣伝活動のような地道な業務を務め、開催当日は1番に会場入りして機材の搬入や観客の誘導などをサポートします。

公演終了後も最後まで残って掃除をし、打ち上げの手配をすることもあります。数多く存在するスタッフのなかでも拘束時間は最も長く、体力的に厳しい仕事です。

開催地に合わせてあちこち飛び回ることもあるでしょう。

コンサートプロモーターの現状と将来性

2020年に開催される東京オリンピックの影響か、首都圏のアリーナクラスのコンサート会場が建て替えや修繕のため一時閉鎖となる「2016年問題」が起きています。

会場不足を解消するためこれまで利用頻度の少なかった会場の平日利用が増加しています。

芸能プロダクションやレコード会社、アーティストに平日開催や地方公演などを提案するのもコンサートプロモーターの仕事です。

音楽業界としてはCDの売り上げが減少している一方で、コンサートやライブ、フェスティバルで音楽を楽しむ人口は増加している現状があります。

時代とともに変化するさまざまな問題を好転させるようなアイデアの持ち主が、関係者に信用されるコンサートプロモーターとしてますます活躍するでしょう。