ラジオパーソナリティに向いている人・適性・必要なスキル

ラジオパーソナリティに向いている性格・適性

好奇心を持つこと

ラジオパーソナリティには、さまざまなことに興味を持つことが求められます。

たとえ音楽番組であっても、音楽の背景には芸能・社会・歴史・時事問題などが存在し、その曲にまつわる逸話・歴史的背景など、雑学とも言える情報をプロのパーソナリティならば知っています。

さまざまなジャンルに関心を持っていなければ話題は広がりませんし、ラジオパーソナリティは勤まりません。

適応能力が高い

ラジオは生放送が多いため、緊急時に即座に対応できる力を持ち合わせていることが重要です。

例えば、流すはずだった曲が見つからなかったり、急なトラブルでかからなかったりした場合は、他愛もない言葉や内容で切り抜ける能力が必要なのです。

また、ラジオの生放送中に大きな事故や災害が発生する場合にはリスナーに対し緊急の案内を呼びかけることもあります。

急なトラブルがあった際には臨機応変に対応できることが求められます。

ラジオパーソナリティになるには? 未経験からなれる?

ラジオパーソナリティに必要なスキル・能力

何をどう伝えるかを意識すること

ラジオパーソナリティは、情報をリスナーに伝える仕事です。

「何をどのように伝えるか」をしっかりと意識すれば、おもしろい番組ができあがり、魅力的なパーソナリティになることができるでしょう。

また「リスナーを楽しませたい」という気持ちを忘れてはいけません。

「人気パーソナリティになりたい!」という利己的な考えだけでは、決して人気パーソナリティになることはできません。

ラジオはリスナーの支えや応援があってこそ成り立つもので「リスナーを楽しませたい」「どのように伝えたら楽しんでもらえるか?」というサービス精神は、パーソナリティにとって大切なものづくりへの姿勢といえるでしょう。

話す以外の仕事

ラジオパーソナリティは、マイクの前で喋るまでに多くの準備をしています。

ニュースや芸能情報を勉強したり、音楽や映画なども時間を割いてチェックしたりします。

リスナーを楽しませるトークをするために、日常生活でもネタ探しやネタ作りをしている人がほとんどです。

ラジオに生かしたいという前提でさまざまな体験をすることは、パーソナリティにとって非常に大切なことで、番組本番で表に出ない準備をすることが、おもしろい番組作りや魅力的なパーソナリティの基礎となります。

番組の空気を作る役割

ラジオ番組はテレビなどに比べて、少人数で制作されることが多く、ラジオパーソナリティもディレクターや構成作家に加わって、企画案を出し、番組内容を考えることがあります。

パーソナリティ自らが企画を出すことにより、番組を演出する能力も求められるのです。

ただ喋りたいことを喋るだけではなく、番組全体の空気を作ることもパーソナリティの大切な役割だといえるでしょう。

また、少人数体制でラジオ制作をするからこそ、番組の顔となるパーソナリティとして番組を引っ張ってゆく能力も求められます。