歌手の需要・現状と将来性

歌手の現状

「歌手になりたい」という夢を持つ人は多くいますが、その大半が志半ばで夢を諦めてしまうことになります。

というのも、純粋に歌を歌う仕事だけで生活できる人はほんの一握り。

デビューしたものの鳴かず飛ばずで、事務所の雑用やアルバイトをして生計を立てる人も多いのが実情です。

さらに、プロの歌手としてデビューしたとしても、自分の好きな曲だけを歌えるわけではありません。

事務所やレコード会社の意向で、自分の望むような曲を歌えないこともあります。

プロの歌手は常にヒット曲を出すことが求められるため、ときには自分の思う曲ではなく、「売れるための曲」を歌わなければならないこともあるのです。

表現者である自分と、商業的な成功を追い求めなければならないジレンマ。

そのもどかしさに苦しみ、事務所を移籍したり、アマチュアに戻って自由に、好きな活動をする人も少なくはありません。

歌手の需要

 

音楽には、人の心を豊かにしたり癒したり励ましたりする特別な力があります。

たとえどんなに時代が移り変わっても、歌手の仕事自体がいなくなるということは考えにくいでしょう。

その一方で、最近では「ボーカロイド」という音声を合成する技術を使って歌を表現するスタイルが若者を中心に大きな人気を集めています。

「ボカロ」「初音ミク」などのワードを耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

生身の人間が歌わなくても人工音声を使うことで楽曲が完成する時代が来たわけですから、歌手としてやっていくためには人間ならではスキルが不可欠です。

声質や歌い方の技術を磨き、歌手本人の人間性やライブパフォーマンスなどでもファンを獲得していく必要があるでしょう。

歌手の将来性

 

歌手として成功を続けるのは決して簡単なことではありませんが、人の心を動かせる歌い手はいつの時代でも変わらず求められています。

業界関係者は次のヒットメーカーを常に探しており、積極的なスカウト活動をしています。

最近では素人が参加する歌のオーディション番組も増えてきているようです。

あらゆる方法で積極的に自分を売り込み続けていれば、予期せぬところで運よくデビューの話が舞い込む可能性もあります。

現在売れている歌手たちも、場合によっては10年以上という長い時間をかけて、地道な下積み時代を乗り越えているのです。

諦めず、根気よく、そして何より「絶対に歌手になりたい」という強い志を持ち続けることが、歌手になるためには必要だといえるでしょう。

歌手の今後の活躍の場

テレビを見ていると、歌手としてデビューした人がドラマの出演やテレビ番組の司会など幅広い場面で活躍している姿を目にすることがあります。

アイドルやタレントに自作の楽曲を提供したり、児童向けの合唱曲や行政のキャンペーンのイメージソングを作っていることもあります。

さらに、テレビの出演だけではなくラジオのDJやインターネットの動画チャンネルの開設、SNSでの情報発信などさまざまな仕事をしていることもあります。

「歌手」といっても自作の歌を歌うことだけが仕事なわけではなく、マルチな才能があればいくらでも可能性を広げていくことができるのです。

これからの時代、インターネットを使った自由な活動が可能なので、アイディア次第でさらに自分の仕事の幅を広げていくことができるでしょう。