放送作家の需要・現状と将来性

放送作家の現状

娯楽の多様化とともにテレビ離れが進んでいるとも言われる世の中ではありますが、それでも各放送局は早朝から深夜まで多種多様な番組を放送しています。

そして、この先もテレビ放送が完全になくなることは非常に考えにくいといえます。

キー局の視聴率は低下傾向といわれていますが、CS放送などの多チャンネル化により、番組数は増えているという状況です。

ですから、考え方によっては放送作家はとても将来性がある仕事です。

高い視聴率が取れる番組を担当する敏腕放送作家、年収何千万円も稼ぐ人気放送作家は100人もいないといわれています。

テレビプロデューサーなど番組制作の中心に携わる人たちは、才能を感じる新たな放送作家の登場を今か今かと待ちわびているのです。

放送作家の需要

放送作家は実力主義の仕事です。

人気があれば各放送局から引っ張りだこ状態になりますし、「この人の作る番組は面白くない」「視聴率が取れない」「人間性に問題があるので一緒に仕事をしたくない」と思われれば、あっというまに仕事がなくなってしまいます。

その一方で、年功序列や定年退職のシステムもないので、実力と人気さえあればいつまでも第一線で仕事を続けることができるのが強みです。

実際に50代、60代になっても現役で活躍を続けている放送作家もいらっしゃいます。

どれだけ活躍できるかはまさに自分次第。

常に頭をフル回転させて企画を考え、幅広い知識を身につけて必要とされる存在になれれば、仕事はいくらでも舞い込んでくるでしょう。

もちろん、そうはいうものの昔と比べればテレビの存在感が薄れていることもまた事実です。

そんななかで放送作家に求められるのは、「どれだけ人の心を動かせる番組が作れるか」ということ。

それはバラエティであっても、ドキュメンタリーであっても変わりません。

視聴者が「面白い!」「また観たい!」と思ってくれるような番組を作っていかなければいけないことを忘れてはいけません。

放送作家の将来性

現在活躍している放送作家の方々は、放送作家としての本業以外にもさまざまな分野で活躍されています。

映像の分野でいうと、インターネット動画配信番組の構成はもちろんのこと、自ら出演もなさる方もいます。

テレビやラジオを制作してきたプロだからこそできる「放送」についての話や経験談を披露することができるのです。

また、テレビでは放送コードに引っかかってしまうという理由から実現できない企画でも、ネット上では配信することが可能です。

彼らは、「従来の枠組みから外れたことでもやってみたい!」という熱意に溢れています。

SNSなどのツールを有効に使うと、新しい形の放送が可能な時代です。

ネットにいかに対応するかということも、これからの放送作家には求められるでしょう。

放送作家の今後の活躍の場

放送作家が本業以外にも活躍できる場は、他にもあります。

小山薫堂さんは、ラジオパーソナリティやドラマ・映画の脚本、そして、小説の執筆も手がけていらっしゃいます。

また、プロモーションのお仕事では、地元熊本県のゆるキャラ「くまモン」誕生に携わっておられます。

このようにアイデア勝負の放送作家は、自身の発想力を活かすと、放送以外の分野でも大いに活躍できるのです。

そのためには、時代を読む力ももちろん必要ですし、常に考えることも求められます。

これは、放送作家の本質といえるでしょう。

つまり、放送作家としての能力がなければ、本業以外の分野で活躍することは難しいのです。

人々を引きつけるアイデアをいつも提案できていれば、幅広い仕事のオファーが入ってくるでしょう。

マルチに活躍をしたいのであれば、まずは放送作家として一人前になることを目標に仕事をすべきです。

発想の仕方、言葉のセンス、人物の魅力の表現法など、しっかりとした基礎が備えることを念頭に置き、活動していくとよいでしょう。