テレビディレクターになるためにはどんな学校に行けばいい?

テレビディレクターになるための学校の種類

テレビディレクターは特定の資格や免許を必要としない職業です。

医師看護師のように専門の学校や学部を卒業しなければいけないわけではないので、必ずしも学校に行く必要はありません。

しかし、映像に関する知識や技術があれば仕事に役立てられることは間違いないので、こうしたスキルを教えてくれる学校やスクール・大学に行くことで、ディレクターへの道のりが近くなるといわれています。

テレビディレクターを目指すのであれば、映像系の専門学校やマスメディアに関する勉強ができる大学に進学するのがおススメです。

また、一般的な大学ではなくて美術大学や音楽大学からテレビ業界に就職する人もいます。

映像の学部ではなくて、自分の得意な分野や好きな学問を勉強すれば番組作りに生かすことはできるでしょう。

テレビディレクターになるには

テレビディレクターになるための大学

テレビディレクターになるための大学としては、私立大学から国立大学までさまざまな大学が挙げられます。

特定の学部を卒業しなければいけないというわけではないので、理系でも文系でもかまいません。

テレビ業界への就職を目指す人が意識しておくとよいのは、四年制の大学を選ぶこととできるだけレベルの高い大学を目指すことで将来の選択肢が広がるということです。

テレビ局の採用試験は難関で、非常に狭き門となることで知られています。

全国から優秀な学生が応募してくるので、難関大学で勉強やサークル活動などの実績がある人の方が自己アピールをしやすくなるでしょう。

また、マスコミのOBが多い大学の場合、テレビ局に就職した先輩がアドバイスをしてくれたりOB訪問を受け入れてくれたりするため、就職活動の対策を練りやすいという強みもあります。

テレビディレクターになるための専門学校

映像系の専門学校ではどんなことが学べるのでしょうか。

学校によってさまざまですが、ここでは一例を紹介します。

まずは、映像の演出法を理論的に、さらに、実践的に学ぶことができます。

たとえば、「カットインやフレームインには、どんな演出効果があるのか?」ということを座学で学べたり、実際にスタジオを使ってテレビ番組を制作できたりするわけです。

卒業制作としてミニドラマやアニメ、ドキュメンタリーや映画を制作することができる学校もあります。

この他にも、テレビ・放送の歴史、放送に関する法律を学ぶことができます。

テレビマンとしての基礎知識を学習することによって、常識ある作り手を目指すと同時に、現在のテレビ業界の問題点なども知ることができるでしょう。

独学でテレビディレクターになれる?

マスコミに強い大学や映像系の専門学校で学んだりしなくても、独学でテレビディレクターになることは可能です。

その場合、自分で映像のセンスを磨く努力をしておくとよいでしょう。

たとえば、趣味の映像サークルで映画やドラマを作る経験を積んだり、映像コンテストに出品したりするのは貴重な経験になります。

最近では動画サイトで個人が作った映像を配信することもできるので、自力で挑戦して視聴者の反響を見ながら技術を磨いてもよいかもしれません。

また、映像を作ることはできないという人でも、たくさんの映画やテレビ番組を見ることはできます。

どのような構成になっているか、どのような編集をしているか、どのような演出をしているか。

それを意識しながら見るだけでも貴重な経験につながります。

独学でテレビディレクターを目指す人は、自分のできる範囲で地道にコツコツ努力をすることが大切なのです。

テレビディレクターの学校選びのポイントは?

進路に合わせて選ぶ

テレビディレクターを目指す人が学校を選ぶときのポイントはどのようなことでしょうか。

まず考えなければいけないのは、将来の就職先としてテレビ局を目指すかどうかです。

「キー局に入りたい」とか「NHKに入りたい」という夢を持っている人であれば、四年制の大学のなかでもできるだけ優秀な大学や、マスコミ業界にたくさんの人材を輩出している大学を選ぶとよいでしょう。

一方、「番組制作会社に入りたい」とか「憧れのプロダクションがある」という人の場合は、実践的な知識や技術を学ぶことができる映像系の専門学校に入ると夢への近道になるでしょう。

専門学校の場合、座学だけではなくて実際に映像を制作する経験を積むことができるので、就職してから即戦力として働くことができます。

専門学校ならではのメリットも

テレビディレクターを目指す人にとっては、専門学校ならではのメリットもあります。

そのメリットとは、テレビ業界や映像業界を目指す仲間に囲まれて勉強できることです。

バラエティ志望の者・ドラマ志望の者、他にもドキュメンタリーや映画制作を目指す者が集まっているのが映像系の専門学校です。

彼らと生活をともにすることによって、制作者として刺激的な時間を過ごせることでしょう。

一緒に自主制作番組を作り、その動画をインターネットで公開し、視聴者の反応がすぐに見ることもできます。

同世代で同じ目標を持った人物と切磋琢磨することは、みずからのセンスを磨くことができる貴重な経験となるのではないでしょうか。