映画配給会社社員の勤務時間・休日・残業は多い?

映画配給会社社員の勤務時間

一般的な映画配給会社では、フルタイムとして働く場合の勤務時間は9:00~19:00くらいとなっています。

1日の実働は7.5時間~8時間程度です。

これは他業界に勤める一般的なサラリーマンとほとんど変わらないと考えてよいでしょう。

ただし、会社によっては朝の出勤が若干遅めとなっており、10時に始業というところもあるようです。

また、企業や部門によっては「フレックスタイム制」を採用していることも多いようです。

フレックスの場合、会社が定めるコアタイムに出勤していれば、それ以外の時間帯についてはフレキシブルな形で働くことが可能です。

アルバイトとして採用されている場合には、1日に4~6時間程度だけ働くといった人もいます。

映画配給会社社員の休日

映画配給会社の多くは、休日について土日祝日が休みの「週休2日制」を基本にしています。

こちらも一般的な企業と変わりません。

なかには月に何日かだけ土曜出社とされていることもありますが、基本的には週末に休む人が多いようです。

ただし、自社が配給した作品の公開初日やイベント等がある場合には、休日出勤を求められることもあります。

その場合は、振替にて休日を取ることが可能です。

これ以外には、休暇制度として夏季休暇や有給休暇があります。

大手の映画配給会社の場合は、これに加えて、リフレッシュ休暇、産休・育休、慶弔休暇などもあるようです。

年末年始に関しても暦通りに休めることが多いようですが、担当している作品の公開時期によっては休めないこともあります。

映画配給会社社員の残業時間

映画配給会社における残業の状況は、勤務先となる企業によって異なります。

ハードな業界といわれていますが、「ほとんどない」あるいは「月に10時間~20時間程度」というところもあります。

その一方で、「50時間以上」発生しているところもあるようです。

また、そのときに自分が関わっているプロジェクトによって、残業時間が増えたり減ったりすることも考えられます。

映画配給会社ではさほど多くない人数で仕事を回している職場も多いので、忙しい時期は必然的に残業が増えるのです。

深夜残業が増えてくると体調を崩しやすくなりますし、精神的にもストレスを感じてしまいがちです。

仕事にメリハリをつけて生活リズムを自分で上手にコントロールする努力が必要になるでしょう。

映画配給会社社員は忙しい?激務?

映画配給会社の社員の忙しさは企業によって異なりますが、一般的には忙しいことが多いといわれています。

大手の場合は人手が多いので交代要員がいますが、小規模な企業は少ない人数で仕事を回さなければいけません。

一人ひとりに与えられた役割が多く、企画から社内での打ち合わせ、外部との交渉や事務作業まで全て自分でこなす必要があります。

担当している作品の公開時期が近付いてくると、さらに忙しくなっていきます。

深夜残業や休日出勤も増えるので、日頃から食事や運動に気を付けて体調を管理しておくとよいでしょう。

映画配給会社社員の休日の過ごし方

映画配給会社で社員として働いているのは、もともと映画が大好きな人ばかりです。

そのため、休日も趣味として映画鑑賞をして過ごすことがあります。

現在公開中の映画はもちろんのこと、過去の名作を掘り起こすのも楽しみのひとつです。

また、映画だけではなくテレビ番組を見たり音楽を聴いたりすることで、新しい刺激を得られることもあります。

こうした時間を過ごすうちに、仕事のアイデアやヒントを見つけられることもあるので、休日の過ごし方はとても大切です。