このサイトは映像作家 を目指す人のための情報サイトです。

映像作家の仕事内容

映像作家とは映像作品を制作する作家の総称です。

映画やテレビドラマの監督、演出家のことを指しますが、最近ではCMやPV、MVディレクター、CGクリエイター、アニメーション作家、実験映像やパフォーマンスのアーティストなど多様化しています。

これらを複合して行う映像作家も多数見受けられます。

CMやPV、MVディレクターの場合、クライアントの要望をふまえて、商品(サービス、作品)の効果的なコンセプトを企画し、絵コンテや脚本を書き、各担当者に指示を出し、演出します。

撮影、照明、音響、美術、編集、衣装、メイク、CG制作など、それぞれ担当者が存在する場合と映像作家が兼任する場合があります。

映像作家になるには・必要な資格は?

映像作家になるために必要な資格はとくにありません。

大学や短大、専門学校を卒業して映画会社やテレビ局、または番組、広告、映像の各制作会社(プロダクション)に就職するのが一般的です。

実際の仕事現場では専門的な知識が幅広く必要とされるため、監督や演出家、ディレクターのもとでまずは助手(アシスタント)をしながら技術を身につけます。

あるいは映像関連の学部や学科の設置されている大学や専門学校で学びます。

実際に映像作家として活躍している人のなかには、学生時代にサークルやアルバイト、インターンシップで映像の仕事に携わり、就職や自立の道をつかんだという話もあります。

映像作家に向いている人

実写、CG、アニメーション全般の映像が好きで数多く見ることは映像作家になるための必要条件です。

現在はスマートフォンやデジタルカメラでも動画を撮影できますから、ともあれ映像を制作したことのある人は映像作家に向いているでしょう。

ただし、企画、脚本、撮影、編集といった技術は学校や仕事の現場でも習得できます。重要なのはセンスがあるかどうか。

映像のセオリーを理解するセンス、何をどう撮るかというセンスがなければプロとして通用しません。

また、大勢の人と連携して作業を行い、撮影対象が人であることも多いため、コミュニケーション能力やリーダーシップに長けた、人間好きな人は適性があると言えるでしょう。

映像作家の就職状況・雇用形態

映像作家は主な活動内容によって就職先や就職状況が異なります。映画、テレビ番組、CM、ウェブコンテンツ。あるいは監督やディレクター、演出家なのか、クリエイターやアーティストなのかといった違いです。

映画やテレビ、広告業界はすでに歴史があり、関連会社は多数存在します。

映画会社、テレビ局、番組制作会社、広告制作会社、それぞれ正社員の求人情報や募集人数は決して少なくありません。ただし競争率が激しいことは事実です。

映像ディレクターやCGクリエイター、アーティストとしての映像作家であれば、実績を積んでフリーランスとして独立したり、数人で映像制作会社を設立したりする人もいます。

映像作家の給料・年収・待遇

フリーランスのCMディレクターであれば、15秒~60秒のテレビCMを1本制作して平均70万円の収入があると言われています。

広告制作会社に勤務する社員であれば、基本の月給に作品手当てが上乗せされます。

また、PVやMVは制作費が1本50万円と低予算の場合もあり、PVやMVの仕事だけでは食べていけないという現場の声も聞こえてきます。

依頼される仕事の本数や予算規模に応じて収入は増減するため、不安定な側面もあるのです。

しかし、コンテストに入賞するなど作品が高く評価されると、年収1000万円以上稼ぐことも夢ではありません。

平均年収は500万円程度といわれていますが、収入は実力次第で左右されると言えるでしょう。

映像作家の生活・勤務時間・休日

プロダクションに所属しているか、フリーランスか、あるいはどのような映像作品を制作するかによって、勤務時間や休日などのライフスタイルは不規則なのが映像作家の特徴です。

撮影中は各地を飛び回り、編集中は会社に泊まり込み、長時間労働は当たり前、休日はほとんどないなどの声もあります。

映像制作が単純に好きというレベルを越えて、ライフワークや人生そのものになっている人が多いようです。

テレビ番組に関わる映像作家のなかには、テロップに名前が出ると実家の家族に喜ばれる反面、その家族と会う時間もないほど忙しいと嬉しい悲鳴を上げる人もいます。

映像作家の現状と将来性

コンテンツ産業の発展により、映像作家になりたいと志望する人の数は増加傾向にあります。

またデジタル機器の進化により、手軽な映像であればアマチュアでも制作可能となり、プロとの境目がなくなったともいわれています。

ただしアマチュアの映像作家が高い人気や収入を得ていると知りまねをしてみても、同じように成功するとは限りません。

一時のブームで終わったり、年数が経つと見劣りしたりする作品もあるでしょう。

プロの映像作家として活躍するためには、時代に即した進化を遂げながらも、時代に翻弄されない作家らしさをどこまで表現できるかにかかっています。

ますます盛り上がる映像制作の現場で、アイデアの豊富な映像作家の作品はこれからも人々を心から楽しませてくれることでしょう。