テレビ局社員の仕事内容・企業の種類

テレビ局社員の仕事とは

テレビ番組を視聴者に届けるために働いているのがテレビ局の社員です。

番組制作に関わるのは「ディレクター」や「アナウンサー」「記者」。

放送を技術的に支えるのは「カメラマン」や「音声スタッフ」「照明スタッフ」。

CMのスポンサーを探す「営業」や、事務を担当する「経理」「広報」「人事」などの職種もあります。

就職するためには四年制大学以上の学歴が必要とされることが多く、試験は倍率が高いことで有名です。

高収入の業界として知られていますが、近年では若者を中心としたテレビ離れが加速し、テレビ局はどこも苦戦を強いられているという現状があります。

厳しい時代の中でもテレビへの情熱を持って新しいことに取り組みたい、という志がある人がチャレンジすべき業界といえるでしょう。

テレビ局社員の業務の内容

 

放送部の仕事

 

テレビ局にはさまざまな仕事があり、大まかにいうと「放送部」と「技術部」と「それ以外」の部署に分けることができます。

放送部というのは、その名の通り放送に直接的に携わる部署のことです。

番組を企画する「ディレクター」や「プロデューサー」、ニュースや中継を担当する「アナウンサー」、事件や事故などの取材をする「記者」は放送部に所属しています。

テレビ局の看板商品であるテレビ番組そのものを制作する仕事をしているため、どの職種も非常に忙しいのが特徴です。

クリエイティブな仕事に携われることが多く、自分のアイディアや伝えたいことを番組にするやりがいを感じられる部署ともいえます。

技術部の仕事

 

テレビ番組を放送するための技術的なサポートを行うのが、技術部の仕事です。

世間で最もよく知られているのは、映像を撮影する「カメラマン」ではないでしょうか。

それ以外にも、音楽やインタビューを収録する際に活躍する音声スタッフや、スタジオのライティングをデザインする照明スタッフもいます。

それぞれが技術的な知識やスキルを駆使して番組制作に携わっているのです。

地デジの放送システムを構築する仕事や電波の送受信に関わる問題に取り組む仕事もあり、視聴者には見えない部分で多くの技術スタッフが放送を支えています。

営業部の仕事

 

テレビ局には、それ以外にもさまざまな仕事があります。

たとえば、テレビが存続し続けるために欠かせない職種ともいえるのが「営業」です。

民放の場合は、CMを放送するスポンサーとなってくれる企業を探して交渉をするのが仕事です。

高い値段でCMを勝ち取るためには、自局の番組をプレゼンテーションするスキルが欠かせません。

ちなみに、公共放送であるNHKにも「営業」という仕事があります。

NHKの場合はCMがないので、受信料を支払う義務がある個人や団体を相手に交渉などを行います。

テレビ局社員の役割

 

お茶の間に良質な番組を届けるのがテレビ局に勤めている社員の役割です。

番組を企画する「ディレクター」や「プロデューサー」、ニュース原稿やナレーションを読む「アナウンサー」。

事件や事故の取材をする「記者」、撮影をする「カメラマン」。

それぞれの業務内容は異なりますが、よい番組を作りたいという思いはみんな同じです。

災害や大きな事件事故が起きたときには、テレビ局社員の役割は非常に重要なものとなります。

ニュースを通して世の中にいち早く正しい情報を伝えることで、誰かの命を助けたり新たな被害を防いだりできることもあるからです。

実際に、東日本大震災の発生や新型コロナウイルスの感染拡大など、社会が大きな困難に陥ったときにテレビは重要な役割を果たしてきました。

テレビ局社員は、「自分たちの仕事が社会に大きな影響を与える仕事をしている」という使命感を持って働いています。

テレビ局社員の勤務先の種類・有名な企業

 

テレビの業界においては、「キー局」と呼ばれている民間の主要放送局があります。

一般的にキー局とは、東京に本社を置く「テレビ朝日」「TBSテレビ」「フジテレビジョン」「日本テレビ放送網」「テレビ東京」のことを指しています。

ゴールデンタイムに放送する人気番組を多く制作するキー局は、日本人であれば誰もが一度は名前を聞いたことがある放送局ともいえるでしょう。

キー局に対して、全国各地にある民間の放送局のことを、地方局(またはローカル局)と呼んでいます。

「北海道テレビ」「中京テレビ」「広島ホームテレビ」「九州朝日放送」など、全国各地にあるのがローカル局です。

テレビ局社員を目指す人は民放のキー局かローカル局、あるいは公共放送であるNHKに就職するのが一般的です。

テレビ局社員の仕事の流れ

 

テレビ局社員は、さまざまな職種の人が連携し合うことで一つの番組を作り上げています。

まず、ディレクターやプロデューサーが番組の企画を作り、編成のスタッフと一緒に放送日時を調整します。

番組のコンセプトやキャスティングがある程度固まれば、その情報をもとに営業マンがスポンサーに営業をかけて、CMを勝ち取っていきます。

さらに実際の番組制作の現場では、カメラマンやアナウンサー、照明スタッフなど、さまざまな立場のスタッフが関わることになります。

この他にも、放送前には広報のスタッフがメディアへの売り込みやSNSを使った情報発信を行って番組の認知度を高めます。

テレビ番組というのは、テレビ局社員がそれぞれの立場を生かして連携することで制作しているコンテンツといえるでしょう。

テレビ局社員と関連した職業

 

テレビ局社員と関連する職業として、番組制作会社の社員が挙げられます。

番組制作会社というのは、テレビ局からの依頼を受けて番組制作を専門に行っている企業やプロダクションのことです。

ディレクターやカメラマンなどが所属しており、テレビ局社員と同じような仕事を行っていることが多いのが特徴です。

ただし、両者のキャリアアップの道筋は大きく異なります。

テレビ局社員は、経験を積みながらデスクやプロデューサー、放送部長や局長など管理職にキャリアアップするのが一般的なルートです。

これに対して、番組制作会社社員は現場での番組制作だけに携わり続けることが多いです。

また、給料に関してもテレビ局社員のほうが高く、休暇や休職などの福利厚生も充実している傾向があります。

番組制作会社社員の仕事