脚本家のやりがい・楽しさ・魅力

脚本家のやりがい・楽しさ

よい作品を生み出す喜び

よい作品をつくるためのアイデアは誰でも思いつくわけではありません。

だからこそ頭をひねり面白いネタを思いつくと大きな喜びを感じられます。

自分のアイデアからよい脚本を生み出し、作品作りに完成できたことの喜びや、作品がヒットしたときの満足感は誰にも得られないものです。

自分のアイデアが文化に貢献できたという誇りも感じられますし、多くの人にその作品が届けば時代を超えて評価され愛されるものになることもあります。

協力して作品を作り上げる

漫画や小説と違い脚本はあくまで「骨組み」となる部分で、そこから俳優やキャラクターが動き、映像が作られ肉付けされていきます。

現場の人々の解釈やアレンジの仕方次第では、脚本よりも素晴らしい作品になったり、脚本家自体が想像もできなかった仕上がりになったりすることもあります。

ときに現場の俳優や監督が思わぬ提案をしてくれたり、共同で一つの作品をプロダクトしたりすることもあります。

全員の努力と知恵でよい作品を作り上げることができるのは、ほかでは味わえない達成感です。

人々を感動させられる仕事

自分の脚本が多くの人に視聴され、ときに大ヒットして人気作品になると、自分のこどもが愛されているような幸せな気分になります。

よい脚本を書きよい作品に関わることができれば、脚本家自身のファンになってくれたり、これまでの作品を見返してくれたりなど、応援してくれるファンも増えてきます。

自分のクリエイトした作品が世間に受け入れられ、多くの人に感動を与えられることは、脚本家冥利につきます。

脚本家の仕事内容

脚本家の魅力

ものづくりの魅力

脚本はドラマや映画をはじめ、ストーリーの基本を作り上げる作業です。

脚本家として自分の考えた作品が、俳優・台詞・舞台背景など目に見える形となって仕上げられていく「ものづくりの喜び」があります。

物事を0から生み出すというのは簡単ではありません。

アイデアを考え出し、それが多くの人に見られて感情を動かし、支持されていくのを見るのは、ほかの仕事ではなかなか味わえません。

正解のない仕事

脚本は人間の心が対象となり「こうすれば正しい」という正解がありません。

その都度どう仕上げれば素晴らしいドラマとなるか、どうすれば人の心に届くかは、脚本家自身が創意工夫し努力しなければいけません。

脚本づくりの難しさでもあり、また脚本家の仕事の魅力となる点でもあります。

ヒットすると大きな収入を得られる

脚本家として生活していくことは簡単ではありません。

売れない小説家芸能人がそうであるように、駆け出しのうちは食べていけずに他の仕事を兼業するというケースも多々あります。

しかし仕事がヒットし売れっ子の脚本家となると、大きな収入を手に入れることができます。

一話の執筆が数百万になる場合や、1クールで1千万を超える収入になる場合もありますし、ヒットした作品のグッズやDVDなどでの二次使用料も得られます。

有名な脚本家になるとメディアでも取り上げられ一種タレントのような扱いをされることもあり、名声と高収入を手に入れられる魅力があります。