「映像クリエイター」とは

映像クリエイター_画像

テレビのコマーシャルや映画、CG技術を駆使したものなど、各種映像作品を制作する。

映像クリエイターは映像制作のスペシャリストです。テレビのコマーシャルや映画、CG(コンピューターグラフィックス)技術を駆使したゲームやアニメ、アーティストのミュージックビデオやゲームなど、さまざまな映像を制作しています。

映像制作専門の企業やテレビ局、広告代理店などで働いており、人気や実力が収入に直結する職業です。

大手企業の正社員や、知名度や実力があるフリーランスの映像クリエイターは高収入を得ることができます。

仕事をする上で特別な資格や免許は必要ありませんが、芸術的なセンスや最新の機器を使いこなすテクニックは欠かせません。

美術系の大学や映像の専門学校で勉強してから就職をめざす人も多くいます。

豊富な映像コンテンツがあふれる現代社会において、ますますの活躍が期待されている職業です。

「映像クリエイター」の仕事紹介

映像クリエイターの仕事内容

CMやゲームの映像を制作

テレビのコマーシャルや映画、ゲームなどのさまざまな場面で流れる映像をデザインし、作り上げるのが映像クリエイターの仕事です。

ターゲットとなる視聴者層や伝えたいメッセージ、予算などを確認した後に、具体的な企画を考えてシナリオや絵コンテを作り提案します。

年配の方にとってはピンとこない職業かもしれませんが、CG(コンピューターグラフィクス)技術を駆使したゲームやアニメ、Web上で流れるアーティストのミュージックビデオなどを見ながら育った若い世代にとって憧れの職業のひとつともなっています。

豊富な映像コンテンツが次々と生み出される現代社会において、映像クリエイターの活躍の場はどんどん広がっています。

映像クリエイターの就職先・活躍の場

制作会社や広告代理店で活躍

映像クリエイターを目指すのであれば、映像制作を専門に請け負っている制作会社や、テレビ局、広告代理店などの求人に応募するのが一般的な方法になります。

また、最近では結婚式やお葬式などの冠婚葬祭で流すプロフィールビデオやメッセージビデオを制作する企業も増えてきているようです。

「映像」といってもその仕事内容は本当に幅広いので、自分がどんな分野の作品を作りたいのかを考えた上で企業を選ぶことが大切です。

映像クリエイターの1日

アイデアが浮かぶまで終わらない仕事

11:00 出勤
11:30 CMの企画を制作
13:00 昼食休憩
14:00 ディレクターと打ち合わせ
16:00 修正を受けて企画を練り直す
17:00 絵コンテの作成
19:00 夕食休憩
20:00 作業再開 
22:00 勤務終了

映像クリエイターの仕事はクリエイティブな仕事なので、定時になれば勤務終了というわけにはいきません。

アイディアが浮かぶまで、あるいはイメージを形にできるまでは残業をすることも多く、過酷な現場です。

映像クリエイターになるには

映像制作専門の企業に入社

映像クリエイターになるための一般的な方法は、専門学校や大学で映像制作について学んだあとに映像制作専門の企業やテレビ局、広告代理店に入社するという道です。

入社後にいきなり一本の作品を任せてもらえることはなく、一般的にはまずは先輩のアシスタントにつくことになります。

企画の絵コンテやシナリオの清書を手伝ったり、撮影や編集に使用する機材の発注をしたりしながら仕事の流れを学んで一人前を目指すことになります。

映像クリエイターの学校・学費

大学や専門学校で勉強を

映像クリエイターを目指す人の中には、専門のスキルやセンスを身につけるために大学や専門学校で学ぶ人もいます。

一般的に最も難易度が高いとされているのは芸術大学や美術大学の映像関係の学科です。

武蔵野美術大学の映像学科、多摩美術大学の映像演劇学科やグラフィックデザイン学科が有名です。

専門学校の場合は東京や大阪を中心に多数の学校があり「映像学科」「CGクリエイターコース」などの学科やコース名となっています。

映像クリエイターの資格・試験の難易度

資格よりも実力主義の業界

映像クリエイターとして働くために特別に必要とされる資格や免許はありません。

この業界は正真正銘の実力主義なので、資格の有無よりも、クライアントが求める映像のイメージを掴み取る能力や芸術的なセンス、幅広いテクニックを持っていることが何よりも大切です。

それでも何らかの映像関連の資格を取得しておきたいということであれば、CG-ARTS協会が行っている「CGクリエイター検定」を受けてみるとよいでしょう。

映像クリエイターの給料・年収

高収入から時給制まで

映像クリエイターの給料や年収は、就職する企業や雇用形態によって大きく左右されます。

一般的には、テレビ局や広告代理店、大手の映像制作会社の正社員として採用されている人は待遇がよく、昇進してチーフになれば年収1000万円以上の高収入になることもあります。

その一方で、いわゆる下請けの仕事が多い小さな映像制作会社で働く場合は契約社員やアルバイトなどの非正規雇用として時給1000円ほどで働くケースもあります。

映像クリエイターのやりがい、楽しさ

感性をフル活用した仕事

映像クリエイターとして働くためには、自分の感性をフル活用することが大切です。

クライアントのメッセージを伝えるためにどんな映像を繰り広げ、どんな音楽を流して、どんなナレーションやセリフをあてるのか、すべてをゼロから創造していきます。

ときには生みの苦しみと戦わなければいけないこともありますが、自分だけの感性を生かして素晴らしい作品を世に送り出せることこそがこの仕事の最大の魅力といってもよいでしょう。

映像クリエイターのつらいこと、大変なこと

生き残りをかけた厳しい競争

映像クリエイターは常に厳しい競争にさらされています。

テレビのCMでは「視聴率」が、インターネットの動画サイトでは「再生数」や「コメント数」が、ゲームでは「売り上げ」が常に注目されており、結果が芳しくないときにはクライアントから次の契約を打ち切られることもあるのです。

数字で結果を出せなければ次の仕事がもらえないという厳しい状況で働くことになるので、常にプレッシャーと戦える人でなければ務まりません。

映像クリエイターに向いている人・適性

芸術に精通している人

映像クリエイターとして活躍するために絶対に欠かせないのは、芸術的なセンスです。

映像というのは人間の視覚と聴覚両方に訴えかけるものですから、美術的なセンスと音楽的なセンスの両方を駆使しなければ素晴らしい作品を作り上げることはできません。

テレビ番組や映画を観るのが大好きな人やアートに精通している人、幅広いジャンルの音楽を知っている人や耳がよい人は映像クリエイターとしての適性があるといえるでしょう。

映像クリエイター志望動機・目指すきっかけ

作りたい映像のイメージを明確に

映像クリエイターを目指すのであれば志望動機をしっかり考えておきましょう。

仕事の幅が広いので、自分がやりたいことがCMなのか、ゲームなのか、アニメなのか、ミュージックビデオなのか、大まかでもよいのでイメージを固めておくとよいでしょう。

また、「美しい映像を通して感動を共有したい」「楽しい映像で笑いを共有したい」「世の中に強く訴えたいことがある」など映像を通して伝えたいメッセージがあれば主張しましょう。

映像クリエイターの雇用形態・働き方

正規雇用からアルバイトまで

映像クリエイターの雇用形態は正社員、契約社員、派遣社員とさまざまです。

業界全体の特徴としてはフリーランスで働いている人も多いという実情があり、人気や実力がある映像クリエイターの場合はたくさんのオファーの中から引き受ける仕事を選びながら働いています。

また、映像の仕事で一人前になるまでには長い時間がかかることから、映像制作会社では最初は契約社員やアルバイトなどの非正規雇用として採用することもあります。

映像クリエイターの勤務時間・休日・生活

自由な働き方のスタイル

映像クリエイターの勤務や休日のスタイルはさまざまです。

一ヵ月間ほとんど休みなく働いてひとつの作品を完成させ納品した後はしばらく長期休暇をとる人もいますし、仕事に使う機材を自宅に揃えて在宅で映像制作をしている人もいます。

最近ではテレビ電話で関係者と打ち合わせをしたり、制作した映像をデータで送ってクライアントにチェックしてもらったりすることもできるので、自由な働き方のスタイルはさらに広がっています。

映像クリエイターの求人・就職状況・需要

求人は増えている傾向

映像業界は景気によって影響を受ける業界ではありますが、テレビのデジタル化やインターネットの台頭によって、昔に比べると映像の仕事は格段に増えているといっても過言ではありません。

動画サイトで流すミュージックビデオや企業のPR番組などの仕事も増えていますし、最近では結婚式で流すプロフィールビデオやメッセージビデオを制作する企業も増えてきているようです。

昔に比べると求人募集は多い傾向といってもよいでしょう。

映像クリエイターの転職状況・未経験採用

未経験者にもチャンス

映像クリエイターはセンスさえあれば学歴や資格がなくてもなることができる職業です。

たとえ業界未経験で独学であっても、自力で制作した映像が動画サイトで話題になったり映像コンテストで入賞したりすれば、この業界に飛び込むことが可能でしょう。

ただし、企業によっては転職志望者の採用試験の際に学歴や経験の有無を重視することもあるので、自分の志望する企業がどのような人材を求めているかを事前によく調べておきましょう。

映像クリエイターの現状と将来性・今後の見通し

社会に大きな影響を与える存在に

ひと昔前まで「映像クリエイター」という職業は社会にそれほど広く認知されていませんでした。

しかし、テレビのデジタル化や高画質化、3D映画の流行などによって、品質のよい映像を制作できる映像クリエイターの需要は高まり続けています。

仕事の幅に関しても、従来のようなテレビのCMや映画の仕事以外にも、動画サイトで流すミュージックビデオの仕事やスマートフォン用のゲームの仕事など、新たな仕事が増えてきています。