このサイトは映像クリエイターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「映像クリエイター」

仕事内容
テレビのコマーシャルや映画、CG(コンピューターグラフィックス)技術を駆使したゲームやアニメ、WEB上で流れるアーティストのミュージックビデオなど、さまざまな映像を制作するのが映像クリエイターの仕事です。クライアントと打ち合わせをして企画を考え、絵コンテやシナリオを制作し、撮影、編集、映像や音声の加工という作業を経てひとつの映像を作り上げます。アートや音楽に対する深い知識や芸術的なセンスはもちろんのこと、最新の機器を使いこなす高いテクニックやクライアントに対するコミュニケーション能力も必要とされる職業です。
なるには
映像クリエイターとして働くための近道は、映像制作専門やテレビ局、広告代理店などの求人に応募することです。最近では結婚式でプロフィールビデオを流す新郎新婦が増えていることから、結婚式場で求人を出していることもあります。映像クリエイターは、特定の資格や免許が必要な職業ではないので、熱意さえあれば誰でもチャレンジすることができます。就職前にしっかりと勉強をしたいという人は、美術系の大学や映像の専門学校でノウハウを学んでから就職活動をするとよいでしょう。また、映像コンテストの受賞歴が仕事につながることもあるので、こうしたコンテストに積極的に応募してチャンスを掴むというのもひとつの方法です。
給料
映像クリエイターの給料や年収は、就職する企業や雇用形態によって大きく左右されます。一般的には、テレビ局や広告代理店、大手の映像制作会社の正社員として採用されている人は特に待遇が良く、昇進してチーフになれば年収1000万円以上の高収入になることもあります。一方で、正社員ではなくて契約社員やアルバイトなどの非正規雇用者として時給1000円ほどで働くケースもあるようです。フリーランスで活動する場合、収入は完全に出来高制となります。映像の仕事を一本引き受けると数万円〜数百万円の契約になり、放送するメディアや尺、そして何よりも映像クリエイター自身の知名度や実力によってその金額は大きく変わります。
将来性
テレビのデジタル化や3D映画の流行によって高品質な映像を制作できる映像クリエイターの需要は高まり、時代の流れとともに仕事量が急激に増えてきています。さらに、インターネットの動画サイトでさまざまな映像を見られることやスマートフォンでゲームやアニメを楽しめるようになったことから、映像クリエイターという職業への理解や憧れは高まっている傾向にあるようです。テレビのコマーシャル、映画、ミュージックビデオ、スマートフォン用のゲーム、アニメ…と豊富な映像コンテンツがあふれる現代社会ですから、映像クリエイターの活躍の場は今後もどんどん広がっていくと期待されています。