女性のテレビ局社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性のテレビ局社員の現状

ひと昔前までは、テレビ局をはじめとしたマスコミ業界は、圧倒的に男性社員が多いことで知られていました。

しかし、女性の社会進出に伴い、近年では総合職としてテレビ局に入社する女性が急増しています。

デスクやプロデューサーなどの管理職として働く女性も増えてきているので、これからの時代はますます女性のチャンスが増えると考えられます。

ただし、体力を必要とする「カメラマン」や「ディレクター」「記者」などは、まだまだ男性社員のほうが多い傾向があります。

女性社員が増えているとはいっても、現時点では男女の比率が同じというわけではないのが現状です。

女性のテレビ局社員の強み・弱み

強み

 

テレビ局で働く女性は、女性ならではの強みを生かして仕事をすることができます。

たとえば、アナウンサーの場合。

女性アナウンサーの声や表情は、男性アナウンサーに比べて柔らかい印象を与えられるといわれています。

視聴者に親しみやすさを感じてもらうことができるでしょう。

また、ディレクターや記者の場合。

生活情報を取り上げたり介護や育児の問題に焦点を当てた報道をしたりすることで、女性視聴者の共感を得ることができます。

テレビの番組というのは主婦層をメイン視聴者として想定している時間帯も多いので、女性の感覚がわかる人が舞台裏にいることは大切なことです。

最近では、あえて女性スタッフをたくさん起用する番組も増えてきています。

弱み

 

もちろん、女性がテレビ局で働くにあたっては覚悟しなければいけないこともあります。

たとえば、放送に携わる部署は非常に忙しいことで知られており、ディレクターや記者は放送直前には泊まり込みで編集作業をすることもあります。

職場のソファーで仮眠をとりながらお風呂にも入れずに長時間働き続ける、ということも珍しくない世界なのです。

また、事件や事故、災害が起きたときには緊急呼び出しがあり、現場に真っ先に向かわなければいけないのが宿命です。

プライベートを優先したい女性にとっては厳しいことかもしれません。

仕事が本当に好きで、精神的にも肉体的にもタフな女性が活躍できる職場なのです。

女性のテレビ局社員の結婚後の働き方・雇用形態

テレビ局は基本的に大手企業です。

キー局にしても地方局にしても社員の待遇が手厚いことで知られており、福利厚生の整っている優良企業ともいえます。

昔は結婚してからも働き続ける女性社員は少なかったのですが、令和の時代は決してそのようなことはありません。

女性社員の産休や育休の制度も充実しているので、本人に熱意さえあれば結婚後も正社員として活躍し続けることができます。

女性のテレビ局社員は子育てしながら働ける?

女性のテレビ局社員が育休を経て復職した場合、子育てと仕事をどのように両立させることができるのでしょうか。

これに関しては職種にもよりますが、時短勤務を用いながら保育園やベビーシッターに子どもを預けて働くのが一般的です。

ディレクターや記者の場合、海外出張や地方への取材、ロケなどの仕事は免除されることが多いようです。

これからの時代、テレビ局の女性社員が子育てをしながら活躍し続けることが、ますます期待されています。