映画宣伝の給料・年収

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

映画宣伝の平均年収・給料の統計データ

映画宣伝の仕事の給料は、所属する会社によって異なります。

大手になればなるほど、同年代の一般平均以上の給料やボーナスがもらえる一方、、中堅どころや、映画宣伝を専門に行っている宣伝会社など、規模が小さくなるにつれて給料は安くなってくると考えられます。

映画宣伝の平均年収・月収・ボーナス

職業・出典 平均年収 年収詳細
宣伝・広報・プロモーション
(転職会議)
476万円 20代前半:367万円
20代後半:429万円
30代:526万円
40代以上:613万円
IR・広報・宣伝
(マイナビエージェント)
453万円 20代平均396万円
20代男性平均367万円
20代女性平均405万円
30代平均548万円
30代男性平均585万円
30代女性平均519万円

映画宣伝に限ったものではありませんが、宣伝の職種の年収は350〜600万円の間となる実態が見えてきます。

映画宣伝の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

各社の統計データをもとに算出すると、宣伝の平均年収は450万円前後となると思われます。

ボーナスを加味しない場合、月額総支給額は約37万円、支給されていると考えられます。

東京都で勤務するキャビンアテンダントで、独身の人の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は30万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業とさほど変わらないことがわかります。

映画宣伝の初任給はどれくらい?

大手映画配給会社に新卒で入れば、月収22万円前後です。

大手映画会社は歴史あるところが多く、安定した良い給料が望めますし、福利厚生もしっかりとしています。

一方、小さな配給会社では、最初の数年間は年収200万円~300万円程度に留まることも珍しくありません。

ここから短期間で一気に収入アップというのは見込みにくく、大手配給会社と比べると給料に差がつくことも多くあります。

映画宣伝の福利厚生の特徴は?

大手映画会社は老舗の会社であるがゆえ、福利厚生もしっかりとしているところが多く安心してよいといえるでしょう。

子どもを生んだ女性は、正社員であれば、産休を取得後職場に復帰し、16:00ないし17:00までの短時間勤務で働けるところが多いです。

逆に、中堅どころから小さな宣伝会社によっては、福利厚生もまちまちです。

不規則に働く宣伝部に在籍しながら、時間制で働くことはなかなか困難なため、育児中は、宣伝部の中の業務担当か、部署移動せざるを得ないところもあります。

女性が男性と同じように多く活躍する映画業界にとっては、子どもを生んでも働けるような環境を工夫することが今後の課題になってくるでしょう。

映画宣伝の給料・年収の特徴

映画配給会社の給料

映画配給会社の給料は、年収にして400万円~500万円程度がボリュームゾーンとなっており、一般的な企業とさほど変わりません。

ただし、大手の会社と中小の会社ではだいぶ年収に差が出ているといわれ、年齢や勤続年数、経験に加え、就職先によっても収入にはバラつきがあるものと考えておいたほうがよいでしょう。

マスコミに比べると給料は低め

映画は1人の客単価が1,000円~1,800円なため、車業界、住宅業界、電化製品業界、金融業界などに比べると、マーケット規模としてはさほど大きくありません。

周辺の業界として存在するマスコミ業界にあたるテレビ業界、新聞業界、広告代理店などの大手と比べると、大手の映画会社といえどもやや低い賃金といえるでしょう。

ボーナスの有無

ボーナスについては給料と比例し、大手正社員が一番高く支給されます。

配給した映画が大ヒットしたり、興行成績が著しくよい場合には、ボーナスが増やされることもあります。

また、宣伝という仕事は、目に見える宣伝効果というのが測りづらいため、成果報酬制を取り入れているところはほとんどありません。

映画宣伝の正社員以外の給料・年収

アルバイト

中小の映画配給会社の場合、正社員ではなくアルバイトからスタートすることもよくあります。

給料は時給によるため、さほど高い収入は望めないのが現実ですが、経験を積めば少しずつ給料は上がっていき、会社から認められるようになれば、正社員になることも不可能ではありません。

就職する以上、最初から安定した会社で働きたい気持ちを持っている人は多いでしょう。

しかし映画会社は最大手といわれる企業でも従業員数が400名に満たないなど、他の業界に比べて就業人数はさほど多くないという特徴があります。

小さな会社だと、数名で事業を回しているということも決して珍しくはありません。

こうしたことから映画配給会社で働くこと自体が難しくなっているため、まずはアルバイトであってもどこかの配給会社に入り込んで経験を積無ことが必要です。

培ったスキルを強みに中途採用でステップアップを目指すというルートも考えられます。

フリーランス

映画宣伝や企業の広報として活躍した人が、フリーランスとして活躍するケースもあります。

フリーランスは業務内容に応じて契約を結び、1ヶ月から数ヶ月にわたって仕事をするのが一般的です。

主な業務は、宣伝戦略の立案、プレスリリースの作成、メディア関係者への連絡などで、こうした一連の業務を合わせておおむね10〜20万円ほどとなります。

映画宣伝が収入を上げるためには?

映画宣伝が収入を上げる方法は主に2つです。

まずは勤続して経験を積み、キャリアアップする方法です。

宣伝プロデューサークラスになれば、宣伝に関わる仕事を総括的に行うことができ、給料も大幅にアップします。

また、中小の映画配給会社で働いている場合は、大手映画配給会社に転職する方法もあります。

企業規模の小さな会社ではどうしても大幅な給料アップは見込めないため、給料が上がりやすく出世もしやすい大手に転職するという人は珍しくありません。