女性の映像クリエイターのキャリアパス・結婚後の生活

女性の映像クリエイターの現状

映像クリエイターは、女性も活躍できる職業です。

素晴らしい映像作品を作るためには芸術的なセンスが求められますし、クライアントが持っている映像イメージを掴み取って自分のアイディアを膨らませていくためにはコミュニケーション能力も大切です。

そのため女性の豊かな感性や積極性を生かしやすい仕事といってもよいでしょう。

女性の映像クリエイターの強み・弱み

クライアントから依頼される映像は、女性の視聴者をターゲットにしていることもあります。

大手企業の商品コマーシャルでは化粧品や衣料品、食品などをPRするためのものも多く、女性がどんな視点で映像を見てどんな表現なら注目をしてくれるのかを理解しておくことが大切です。

このような場面では、女性クリエイターならではの強みを生かした企画の立案ができるので有利な点があると考えられます。

最近では女性の映画監督や女性のテレビプロデューサーもどんどん増えており、ターゲットを女性にした番組や 広告も増えてきています。

これからはますます女性の映像クリエイターが活躍していくことが期待されています。

映像クリエイターの結婚後の働き方・雇用形態

女性の映像クリエイターが家事や育児と仕事を両立するために、在宅で働く方法があります。

映像制作に関する機材を一式揃えて、自宅に作業スペースを設ければ、打ち合わせや試写以外の作業を在宅で行うということは不可能ではありません。

現場で働き続けるとなるとどうしても激務になってしまいがちですが、この方法ならば家庭生活との両立とも不可能ではありません。

映像クリエイターは子育てしながら働ける?

子育てをしながら働きたいという人には、企業の正社員ではなくフリーランスで働くという選択肢もあります。

映像クリエイターの仕事は単発の依頼も多く、フリーランスで活動する場合は自分のペースで仕事を引き受けることもできます。

家庭を大切にしながら適度なペースで好きな仕事を続けていけることは非常に魅力的です。

また結婚・出産を経験することで、主婦向けや子育て世代へ向けた映像制作ではよりリアリティを生み出すことができるという点もあります。

映像クリエイターは女性が一生働ける仕事?

映像業界はまだまだ男性が多い業界ですが、近年は女性の活躍も増えてきています。

業界全体として体力的に厳しい一面があることや、下積み期間が必要な仕事であることから、女性が長く続けていくことは難しいと考えられてきましたが、近年は第一線で働くだけでなく、チーフやディレクターなど管理職として働く人もいます。

男性にはない女性ならではの視点やセンスを武器にしていくことで、女性映像クリエイターとしての道が開けていくでしょう。

映像クリエイターは女性がさまざまなスタイルで働き続けられる職業のため、ほかの仕事に比べても自由度が高く、工夫次第では一生働けるといってもよいでしょう。