テレビADになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学学部・専門学校)

ADになるためには、基本的にテレビ局か番組制作会社のどちらかに就職する必要があります。

テレビ局といっても民放のキー局から地方局、NHK、ケーブルテレビとさまざまな種類の放送局がありますが、基本的には四年制の大卒以上の学歴のある人を募集するのが一般的です。

その一方で、番組制作会社やプロダクションの場合、学歴に関しては特に重視していないことが多いようです。

短大や高卒の学歴であっても特に問題はありません。

映像制作の専門学校やマスコミを目指す人たち向けのスクールの出身者も多く採用されています。

このように、テレビ業界の場合は目指す就職先によって必要とされる学歴が異なります。

自分がどのような働き方を目指すかをよく考えてから進路を決めるとよいでしょう。

テレビADになるための大学

テレビ局ではたいていの場合、四年制大学卒業以上の学歴が求められます。

また東京のキー局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)では、内定者は六大学レベル以上がほとんどを占めるのは事実だそうです。

国公立の場合、東京大学や京都大学などのトップレベルの大学が多いですし、私立の場合は早稲田大学や慶應義塾大学のような人気大学が多い傾向があります。

テレビ局の就職試験では、何百倍もの倍率をくぐり抜けなければなりません。

特にアナウンサーやディレクターのような人気のある職種は、大学を留年して就職試験に再チャレンジする人も多く、厳しい戦いを強いられることになります。

番組制作に携わりたいという強い意思がある場合、難易度の高い大学に入っておくことは、キー局に入るためのひとつの強みになるでしょう。

しかしながら、学歴が高いからといって、おもしろい番組を作れるわけではありません。

人気番組を制作するには、アイデアや見識などを豊富に持ち合わせていなければなりません。

いまだ学歴社会が通用している業界ではありますが、その点は忘れないほうがよいでしょう。

テレビADになるための専門学校

テレビADを目指す人のなかには、専門学校に進む人もいます。

映画やアニメも含めて、映像系の制作や編集について学べる学校を選ぶ人が多いようです。

このような学校では、映像コンテンツの企画の立て方から台本の書き方、カメラや編集機などの機材の使い方や映像編集のコツまで、幅広い専門知識を学ぶことができます。

また、実習の時間にはチームを組んで映像作品を作ることもあります。

実践的な知識が身につくことや、同じ業界を目指す仲間とのコネクションを作ることができるのが、専門学校の大きな強みです。

学校では実際に活躍しているテレビマンの方の話を聞く機会も多いです。

実際の現場ではどんな風に仕事をしているか、今のテレビ業界の問題点、新たに業界入りするテレビマンに何を臨むかなど、生の意見を聞くチャンスがあります。

彼らの話を聞くことで、テレビマンとして意識しながら日常生活を送ることができます。

たとえば、普段何気なく見ているテレビを、演出や撮影技法の観点から見るなど、映像との接し方が変わることはテレビマンにとって大切なことです。

その一方で、大手のテレビ局や有名な番組制作会社では四年制の大学卒業以上の学歴が求められることがあるので、大学を選ぶのか、専門学校を選ぶのか、慎重に選ぶことが大切です。

テレビADの学校選びのポイントは?

テレビADを目指すにあたって、大学や専門学校などの学校に進学することは必須ではありません。

テレビ業界で人気番組を生み出すには個人の企画力や映像センス、そしてコミュニケーション能力などが何よりも重要となるため、人によっては中卒や高卒でも第一線で活躍することは可能でしょう。

もちろん、そうはいっても、勉強を一切しなくてはよいというわけではないのです。

テレビの企画を作るうえでは一般常識や専門分野の知識、時事問題への理解などが必要不可欠です。

また、旅番組や語学番組の制作やドキュメンタリー番組の取材などで、ディレクターやADが英語が話せたほうがよい場合もあります。

テレビADになるために学歴は必須ではありませんが、学校に行かないのであれば自分でコツコツ勉強をすることが大切です。

また、希望する企業によっては大卒の学歴を必要とすることもあるので、事前によく調べておきましょう。