女性の映画配給会社社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の映画配給会社社員の現状

映画業界は、他の業界と比べると就業人口がそれほど多いわけではありません。

そのため、女性がどのように働いているかについて具体的なイメージがわかない人もいるでしょう。

しかし、実際には映画配給会社でバリバリ働きながら力を発揮している女性社員はたくさんいます。

業界に入り込むことは難しいものの、入社することができれば、チャンスは無限大です。

雇用形態や待遇に関して、男性と比べて差別されるということはありません。

映画を世の中へ広めたいという行動力やバイタリティ、柔軟な発想や湧き出るアイデア。

そして熱意があれば、男性と同じように活躍することができます。

仕事のやりがいも大きく、キャリアアップを望むこともできます。

女性が活躍できる業界であることは間違いないでしょう。

女性の映画配給会社社員の強み・弱み

配給会社の仕事では、映画製作側のスタッフや各メディア、劇場関係者など、多くの人とコミュニケーションをとって仕事を進める必要があります。

こうした場面では、女性のきめこまやかな配慮やコミュニケーションスキルが役立つことも多いといわれています。

これは女性社員ならではの強みといってもよいでしょう。

その一方で、映画業界はハードワークとなることが多く、不規則な生活のなかで働くことも珍しくありません。

海外の映画を買い付ける際には、時差の関係で深夜に交渉や打ち合わせなどの仕事をすることもあります。

こうした場面では、体力のある男性のほうが有利になることもあるようです。

自分自身の強みと弱みをよく理解した上で働くことが大切です。

映画配給会社社員の結婚後の働き方・雇用形態

映画配給会社社員の女性は、結婚後どのような働き方をするのでしょうか。

この業界は基本的に「どうしても映画の仕事がしたい」という強い思いで入社してくる人が多いのが特徴です。

そのため、結婚後もできるだけ仕事を続けたいと考えている女性社員が多いようです。

ただし、正社員の場合は出張や会議に参加することも多いですし、残業や休日出勤も少なくありません。

家族との時間をもっと増やしたい人は、結婚を機にあえて契約社員になるという選択肢もあります。

契約社員は正社員に比べると給料や福利厚生などの面で差があります。

企業によっては、一度自分の意思で契約社員になってしまうと簡単には正社員に戻れないこともあります。

正社員を辞めることを考えるのであれば、熟考したうえで慎重に決断しましょう。

映画配給会社社員は子育てしながら働ける?

配給の仕事をしている女性は、結婚・出産後、育児をしながら仕事を続けている人もいれば、一度現場を離れて育児に専念する人もいます。

自分の仕事が大好きな人が多いため、どちらかというと、ずっと仕事を続けたいと考える人が多いようです。

このような場合は、本人の頑張りによって仕事と家庭を両立させることは可能です。

また、それを支援してくれるものとして、会社の手厚い福利厚生や休暇制度が整っていれば、より働きやすさを実感できるでしょう。

映画配給会社は大手といわれるところから非常に小規模のところまでさまざまあり、会社によって待遇面にもだいぶ差があるようです。

自分が望む働き方が実現できるよう、事前に会社の情報はよくチェックしておいたほうがよいでしょう。

映画配給会社社員は女性が一生働ける仕事?

映画配給会社の社員は、映画が大好きな女性にとって非常に魅力的な仕事です。

映画の買い付けや宣伝という自分の好きなことに携われますし、業界内でたくさんの人たちと出会うことができます。

自分の仕事を通して世の中に喜びや感動を与えることもできるのです。

もちろん、仕事にはハードな一面もありますが、男女の性別に関係なく活躍できる業界なのでやりがいは大きいでしょう。

大手の映画配給会社の場合は育休や時短勤務の制度があるので、女性が結婚や出産をしても働きやすい環境が整っています。

正社員では続けるのが難しいという場合は、会社側と相談して契約社員やパートになるという選択肢もあるようです。

映画の仕事に一生携わりたいと願う女性にとって、夢を叶えることができる職場といえるでしょう。