映画配給会社への転職・中途の未経験採用はある?

映画配給会社社員への転職状況は?

映画が大好きな人であれば、映画の仕事に携わりたいと一度は考えたことがあるかもしれません。

しかし、映画業界全体としては採用が活発に行われていないという厳しい現状があります。

たとえ映画配給会社の求人があったとしても、募集人数はほんの1、2名程度から若干名ということは珍しくありません。

新卒採用はもちろんのこと、中途採用でも、映画配給会社への就職は狭き門になっていることは事実です。

中途採用の情報を見つけたい場合は、求人情報サイトをチェックしてみましょう。

求人広告を出さない企業もあるため、各社のホームページをチェックしたり問い合わせしたりする努力も必要になります。

欠員が出たとき人員補充のために急きょ求人が出ることもあるので、粘り強くチャンスを待ちましょう。

映画配給会社社員への転職の志望動機で多いものは?

映画配給会社社員への転職を目指す人は、映画が大好きな人ばかりです。

もともと趣味で月に何度も映画館に足を運んでいる人。

大学時代に映画サークルに入っていた人。

個人で映画のレビューブログを運営している人。

いずれにしても、映画への情熱は誰にも負けないという人がたくさんいます。

さらに彼らの共通点として、新卒採用で映画業界にチャレンジしたものの内定をもらえなかったという人が多いようです。

映画配給会社は新卒の採用員数が非常に少ないので、希望の会社から内定をもらえないことは珍しくありません。

一度は別の道を目指したものの、やはり諦めきれずに転職にチャレンジするのです。

ただし、中途採用に関しても厳しい現実があるので、転職で簡単に夢が掴めるとは考えないほうがよいでしょう。

映画配給会社社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験・社会人から映画配給会社社員になるには

映画配給会社に正社員としての採用されるのは、かなりの狭き門です。

さらに未経験からの挑戦となると、非常に厳しいといわれています。

試験では映画に対する熱意、ビジネスセンスや感性、一般常識、コミュニケーション能力など、さまざまな観点から能力や人柄を判断されます。

面接官との相性といった「運」の要素も絡んでくるところがあります。

また、未経験者の場合は正社員としては採用していない企業もあります。

どうしても映画配給会社で働きたいのであれば、アルバイトなど正社員以外の雇用形態で働くことも視野に入れたほうがよいかもしれません。

アルバイトであれば正社員よりは積極的に採用している企業が増えます。

求人を出していない場合も、片っ端から映画配給会社に連絡をして雇ってもらったという例もあるようです。

映画配給会社社員への転職に必要な資格・有利な資格

映画業界では、これといった資格や免許が求められることはありません。

どちらかというと、「人の心を動かす」仕事であることから、スキルよりも人間性が重視される傾向にあります。

具体的にいうと、映画への情熱や行動力、バイタリティといったものが歓迎される風土があります。

もちろん、高いコミュニケーション能力も大切です。

基本的なパソコンスキルや営業スキルなども生かすことができます。

また、洋画の買い付けや海外の企業との交渉など、業務内容によっては語学力が必要になることがあります。

留学経験がある人、TOEICや英検などの語学の資格を取得している人が重宝されることがあるようです。

英語はもちろんのこと、中国語や韓国語などが生かせる局面もあるでしょう。

映画配給会社社員に必要な資格やスキルはある?

映画配給会社社員への転職に役立つ職務経験は?

転職してこの仕事に就いた人たちも、どのようなルートで入ってきたかはそれぞれ異なるようです。

社内に知り合いがいたことから紹介されたケース、家族が経営している会社に入社したケース。

アルバイトや契約社員からスタートして正社員になったケースもあります。

人によって本当にさまざまです。

いずれにしても映画業界では、映画に携わる経験があるとプラスに評価されやすいようです。

たとえアルバイトであっても業務経験がある人は、転職活動時に大きなアピール材料にできるでしょう。

この他には、営業の経験がある人、広報の経験がある人も経験を生かすことができます。

グローバルな仕事をしてきた人も、海外企業との交渉や打ち合わせで活躍できるでしょう。

映画配給会社は、採用人数が少ない割にこの仕事をしたいと考える人はたくさんいます。

その中でいかにチャンスをつかみ取るか、自分の強みを全て生かして挑むことが大切です。

映画配給会社社員への転職面接で気をつけるべきことは?

映画配給会社への転職を目指すのであれば、必ず面接試験を受けることになります。

面接試験では映画業界を目指すきっかけや志望動機などを尋ねられます。

映画配給会社の中途採用は採用人数が非常に少なく、厳しい競争を勝ち抜かなければいけません。

自分を全力でアピールできるよう、しっかり準備して臨むようにしましょう。

転職を目指す際に一点気をつけておきたいのは、面接では希望する職種についても尋ねられるということです。

「買い付け」や「宣伝」など、自分のしたい仕事を具体的に考えておきましょう。

ただし、現代の映画業界は分業化が進んでいます。

配給の仕事のなかでも「宣伝」については、別会社が専門的に行うケースが増えています。

希望する企業にどのような部署があるのかも事前によく把握しておくことが大切です。

映画配給会社社員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

映画配給会社の求人、とくに中途採用の募集はさほど多くはありません。

こうした事情から、正社員での採用が難しい場合は、アルバイトや契約社員として入社するという道もあります。

この場合、まずはアシスタントとして雑用のような仕事を始めることになります。

あくまでも見習いという立場なので、正社員に比べると給料は低いですし待遇も決してよくはありません。

仕事を頑張ればいつかは正社員になれるかもしれませんが、それが何年後になるかもわかりません。

不安定な生活のなか、がむしゃらに働かなければいけないので、気力と体力のある若いうちにチャレンジしたほうがよいでしょう。

一般的には、20代、あるいは30代前半までに転職を目指す人が多いようです。

未経験から映画配給会社社員の転職での志望動機

映画配給会社での業務経験が全くない人が転職を目指すのであれば、志望動機に説得力がなければいけません。

今まで自分がしてきた仕事と映画を結び付けながら、自分にしかできないことを伝えることが大切です。

<海外の企業で営業マンとして働いていた人の場合の志望動機の例>

「学生時代から映画が大好きで、映画の魅力を世間の人たちに広く知ってもらいたいという気持ちが強いことから御社への転職を希望しました。

今まではアメリカの出版社で営業を経験しており、語学力とコミュニケーション能力には自信があります。

このスキルを生かして、御社で洋画の買い付けの仕事に就くのが夢です」

自分の経歴を志望動機にからめてアピールするとよいでしょう。