映像クリエイターに向いている人・適性・必要なスキル

映像クリエイターに向いている性格・適性

芸術に精通している人

映像クリエイターとして活躍していくために欠かせないのが、芸術的なセンスです。

映像は、視覚と聴覚の両方に訴えかけることができるもので、美術的なセンスと音楽的なセンスの両方を駆使しなければ、素晴らしい作品を作り上げることができません。

テレビのコマーシャルや映画を見るのが好きだったり、アートに精通していたりするのはもちろんのこと、幅広いジャンルの音楽を知っている人や良質な音を聞き分ける耳がある人は映像クリエイターとしての適性があるといえます。

さらにこうしたセンスを駆使してオリジナルの創作物を生み出せる人であれば、映像クリエイターとして十分に能力を発揮できることでしょう。

技術的な勉強を続けられる人

映像クリエイターとして活躍する上では、芸術的なセンスだけではなく、撮影や編集で使用する機材を扱うための豊富な知識とテクニックが必要になります。

たとえば撮影の際には、被写体のサイズや仕上げたい映像の雰囲気によって使用するカメラや照明機器が大きく変わります。

また映像の編集や音楽の加工をする際には、さまざまな編集機や映像・音声の加工ソフトを使用することになります。

最近ではデジタル化の波の中で次々と新しい技術が生み出されているということもあり、使い手の立場としても勉強を続けることが必要です。

誰もが思わず惹きつけられるような素晴らしい映像を世の中に発信していくために「最新の技術を学び続けたい」という向上心がある人は、この業界の第一線で活躍し続けることができるでしょう。

映像クリエイターになるには

映像クリエイターに必要なスキル・能力

テレビ番組でも映画でもコマーシャルでも、映像作品というのは誰かに何かを伝えるために作られるものです。

「楽しい映像でお茶の間に笑顔を届けたい」という目的で作られる映像もあれば、「画期的な新商品で革命を起こしたい」という目的で作られるメーカーのコマーシャルもあります。

ミュージックビデオの場合は、ミュージシャン自身が曲に込めた思いやメッセージを映像で表現するために作られています。

映像制作に携わる人間は、その映像が誰に何を伝えるために作られるものなのかを正しく理解し、完成までとことん力を尽くすことが大切です。

自分の仕事を通して世の中にメッセージを届けたいという情熱のある人にとっては、大きなやりがいの感じられる仕事になるでしょう。

映像クリエイターに向いていないのはどんな人?

映像クリエイターには撮影や編集に関する基礎的なスキルが欠かせません。

そのためまったくのゼロから映像クリエイターを目指すのは難しいのが現実です。

最近ではパソコンのソフトやアプリを使えば一般人でも簡単に映像を作ることができるので、たとえ学校で習っていなかったとしても、まずは自分で何か制作してみて適性を考える材料にするとよいでしょう。

また高校の放送部や大学の自主制作映画サークルなどで映像を制作した経験は、直接仕事に生かすことができるかもしれません。