映像クリエイターの需要・現状と将来性

映像クリエイターの現状

映像クリエイターは近年急速に需要が高まっている職業ですが、生計を立てていくうえでは厳しい一面もあります。

近年は市販されている家庭用のカメラやパソコンも性能が高く、一般人であっても簡単に映像を制作することができます。

ある程度の知識とテクニックを身につけてしまえば、それなりのレベルの映像を作ることができ、インターネットの動画サイトにはアマチュアの作品とは思えないような高いクオリティの映像が数多く公開されています。

企業や学校のPR用のビデオを職員自ら制作するということもありますし、結婚式の際に会場で流すプロフィールビデオも自分たちが制作することが珍しくありません。

アマチュアが作るものとプロが作るものに誰もが認めるくらいの歴然とした差がなければ、プロの映像クリエイターとして成功するのは難しいのが現実です。

「ちょっと映像の編集ができるから」「動画を作ったことがあるから」といった軽い気持ちではプロの映像クリエイターになるのは難しいでしょう。

映像クリエイターの需要

これまで映像クリエイターという職業はそれほど認知度が高くありませんでしたが、テレビのデジタル化や3D映画の流行によって高品質な映像を制作できる人材の需要は高まり、時代の流れとともに仕事量が急激に増加しています。

さらに、インターネットの動画サイトでさまざまな映像を見られることやスマートフォンでゲームやアニメを楽しめるようになったことから、映像クリエイターという職業へ関心を持つ人も増えてきています。

近年では映像制作や映像加工の技術を専門に学ぶ学校も増え、就職希望者も多い現状があります。

映像クリエイターの将来性

映像クリエイターの仕事の幅に関しては、テレビのコマーシャル、映画、動画サイト、ミュージックビデオ、スマートフォン用のゲームなどと実にさまざまで、今後はより幅広い活躍の場が望めます。

映像コンテンツはこれからより進化していくと考えられ、エンターテインメント、アミューズメント、プロモーションなど日常のあらゆる場面で映像を見る機会は増えていくでしょう。

常に新しいことにチャレンジしたい、枠にとらわれず働きたいという人にはピッタリの仕事でしょう。

映像クリエイターの今後の活躍の場

パソコンやスマートフォンの普及により、映像コンテンツが爆発的増えていることから、映像制作を取り巻く環境は大きく変わっています。

映像といえばこれまでは映画やテレビが中心でしたが、これからはインターネットをはじめ、屋外の大型スクリーン、アミューズメント施設のアトラクションなど新たな媒体向けの映像コンテンツが求められていくでしょう。

またクライアントもマスコミ関連が中心だったものから、一般企業から個人まで裾野はどんどん広がってきています。

今後はさまざまな業界からのオファーが増え、ニッチな内容を確実に映像化できるクリエイターの需要も増えていくでしょう。