このサイトは美術スタッフを目指す人のための情報サイトです。

美術スタッフとは?

美術スタッフは、演劇の舞台やテレビ・映画の撮影で使用する舞台装置や小道具を作る仕事です。建物や街並みのような大掛かりなセットもあれば、作品中で使用する小物類を調達することもあります。なるために資格や免許が必要とされるわけではありませんが、技術やセンスが問われるため、デザイン系の専門学校や美術大学でデッサンや造形について学んでから美術制作会社などに就職する人が大半を占めています。一般的には、アシスタントから現場経験を積んで一人前を目指す流れとなっており、キャリアアップするほど年収も上がる傾向にあります。近年の制作現場ではCG技術を使った美術が用いられる場面も増えているため、美術スタッフは新しい技術を学びながら、監督などのあらゆるニーズに応えられる対応できる確かなスキルを身につけていくことが重要です。

美術スタッフの仕事内容

美術スタッフの仕事は、演劇の舞台やテレビや映画の撮影で使用する舞台装置や小道具を作りだすことです。

街並みや建物を表現するために大型のセットを組み立てることもあれば、演技の中で使用する小物類を調達することもあります。

イメージ通りのものが手に入らなければ自分で作り上げることもあり、優れたデザインセンスが必要とされる仕事です。

大規模な制作現場では「美術監督」「助手」「装飾」「大道具」「小道具」など、細かく役割が分かれており、それぞれの持ち場を担当することになります。

美術スタッフになるには・必要な資格は?

美術スタッフは実力とセンスで勝負する職業なので、資格や免許等は特に必要ありません。

仕事をする上では、デッサンや製図、造形に関する技術が欠かせないので、多くの人がデザイン系の専門学校や美術大学で勉強をしてから美術スタッフをめざしています。

また、携わる作品によってはファッションやインテリアに関する知識やCG技術なども必要とされるため、美術全般について幅広く学んでおくことが大切です。

まったくの未経験者からでもこの業界に飛び込むことは可能ですが、デザイン専門学校や美大の卒業生と一緒に働くことも多いので、独学でしっかり勉強しておいたほうがよいでしょう。

美術スタッフに向いている人

美術スタッフとして活躍する上で欠かせないのは、クリエイティブな能力です。

演劇の舞台や映画の制作現場においては、舞台監督や演出担当者が美術セットの大まかなイメージしか伝えてくれないということは珍しくありません。

相手の言葉に耳を傾けて細かい部分まで想像しながらデザインをおこし、それを形にするために必要な材料や制作方法をゼロから考えなければいけないので、美術スタッフには常に高い創造力が求められるのです。

もともと絵や設計図を描くのが好きな人や工作が得意な人、CG技術を究めたい人など、クリエイティブな仕事を心から愛している人でなければ務まらない職業でしょう。

美術スタッフの就職状況・雇用形態

美術スタッフの主な就職先は、美術制作会社や映画の関連会社、テレビ局の美術関連を請け負っている子会社などになります。

正社員以外にも契約社員やアルバイトの雇用が多く、舞台の本番前や大きなセットを制作する時だけ求人募集していることもあるので、就職を希望する人はまずアルバイトを経験してみるのもよいでしょう。

また、この業界は納品前の深夜残業が多く生活が不規則になりやすいことから、結婚や出産を機に現場を離れる女性も多く、人手不足に悩む企業も珍しくありません。

やる気さえあれば未経験者でも採用するところもあるので、こまめに求人情報をチェックしておくことが必要です。

美術スタッフの給料・年収・待遇

美術スタッフの年収は、一般的には年収300万円~600万円くらいです。

所属している組織や仕事量によって差があるだけではなく、同じ会社に勤めている美術スタッフの中でも役職によって給料の金額は変わります。

入社してからの数ヶ月~数年間はベテランスタッフのアシスタントとして低い給料で働き、経験を積みながら「小道具」「大道具」「助手」「美術監督」とキャリアアップするのと同時に昇給していくというケースが多いようです。

演劇の舞台やテレビや映画の撮影で人手が必要なときにはパートやアルバイトの募集をすることもあり、時給1000円前後になります。

美術スタッフの生活・勤務時間・休日

美術スタッフとして働いている人の多くが、締め切りに追われる多忙な生活を送っています。

映画やテレビの撮影でも演劇の舞台でも、とにかく美術セットができあがっていなければ、出演者やカメラマンは仕事を始めることができません。

どんな現場においても締め切りを厳守することは必須ですから、納品直前には夜を徹して作業することも珍しくないのです。

また、映画の撮影や舞台のロングラン公演の際には、美術スタッフも長期出張して各地についていくことになります。

生活が不規則で残業や出張も多い仕事なので、家庭がある人は家族の理解も必要です。

美術スタッフの現状と将来性

美術スタッフの仕事は、芸術的なセンスや優れたデザイン技術がなければできないものです。

言い換えれば、人の手でしか創りだせない、決して機械には任せることができない仕事です。

事務職や接客業などのさまざまな仕事が機械化されていく社会においても、この分野は人間ならではクリエイティブな能力を生かして働いていくことが必要なので、時代が変わってもなくなることのない普遍的な職業といえるでしょう。

ただし、制作の過程においてはCG技術を駆使してクオリティーをあげたり予算を抑えたりすることが求められるようになっているので、新しい時代ならではの新しい技術を学び続ける努力をすることは必要です。