【2021年版】映画配給会社社員に必要な資格やスキルはある?

映画配給会社社員におすすめの資格は?

映画配給会社で働くうえで、何か特別な資格が必要とされることは普通ありません。

映画配給会社では視聴者として映画を楽しむのではなく、「どうすれば映画を世の中に広めていけるか」といった企画力や交渉力が必要になります。

映画を扱うといってもさほど特別なことはなく、一般的な企業に就職するのと同じように、ビジネスパーソンとしてのさまざまなスキルが求められるのです。

ただし、入社時点でスキルが求められることはさほど多くありません。

映画と仕事への熱意さえあれば、受け入れられやすい風土があるといえるでしょう。

未経験のアルバイトや派遣社員として入社し、経験を積んで努力が認められれば正社員になるといった人も少なくありません。

映画配給会社社員の資格の種類は?

どうしても映画業界に関する資格を取得したいのであれば、「映画検定」といった民間の資格を取得することはできます。

ただし、先述のように、これは映画配給会社で働くために必要な資格ではありません。

あくまでも映画ファンとしてのさまざまな知識を問うものとなっており、趣味の範囲内でチャレンジする人が多い検定です。

映画業界で働くにあたって、大きくプラスになることはほとんどないと考えておいたほうがよいでしょう。

もちろん映画への情熱や想いがあることは重要ですし、映画についての知識があるに越したことはありません。

興味がある人はこうした検定を受けてみると、映画について学ぶきっかけになるのではないでしょうか。

この検定以外には、語学系の資格やビジネスの資格を取得することで、映画配給会社での仕事に生かせることがあります。

映画配給会社社員の買い付けに有利な資格

洋画を扱う配給会社であれば、英語をはじめとする語学力は、一つの強みとして十分に生かすことができるでしょう。

そこでは海外の映画会社と契約を結ぶことになるため、ビジネスを進めるうえで、英文の契約書の読み書きやメールなどのやりとりが日常的に発生します。

また、作品の良し悪しや、内容をきちんと理解するうえでも語学のスキルがあると何かと役に立つはずです。

こうしたことから、映画配給会社のなかには語学堪能な人を優遇して採用しているところもあります。

映画業界は非常に狭き門となっているため、とにかく配給会社に入りたい人は、少しでも語学力を高めておくとチャンスが広がるかもしれません。

TOEICや英検などの資格を取得しておくとよいでしょう。

映画配給会社社員の宣伝に有利な資格

映画配給会社の宣伝部で働くのであれば、マーケティングのスキルも大切です。

今、世界ではどんな映画が人気を集めているのか。

日本ではどんなものが流行っているのか。

若い世代は何に興味があるのか。

どんな形で宣伝をすれば興味を持ってもらえるのか。

ターゲットを絞り、入念に市場調査を行ったうえで、新たなヒットを生み出せるように戦略を練ります。

こうしたスキルは仕事をしながら身につけることができるものではありますが、学生時代にマーケティングを専門に勉強する人もいます。

さらに、マーケティングに関する資格を取得する人もいます。

「マーケティング・ビジネス実務検定」や「マーケティング検定」「ネットマーケティング検定」など、さまざまな関連資格があります。

興味がある人はぜひ調べてみるとよいでしょう。