映像クリエイターの志望動機と例文・面接で気をつけることは?

映像クリエイターを目指すきっかけで多いものは?

映像クリエイターは、近年若い世代から人気を集めている職業のひとつです。

スマートフォンやタブレットで日常的に動画サイトを閲覧していて映像制作に興味を持ったという人もいますし、安価でビデオカメラやパソコンを購入できるようになったため、趣味で動画編集を楽しむうちに仕事にしたいと思うようになったという人もいます。

映像クリエイターの志望動機の考え方

映像制作の仕事は仕事量の多さや不規則な勤務というイメージがあり、とくに小規模な制作会社では給料が非常に安いなど決してよい環境が整っているとはいえないところもあります。

業界全体としては離職率も高いため、新卒の場合はとにかく熱意を伝えたり、業界の現状を理解しているといったアピールがあったりするとより伝わりやすいでしょう。

映像クリエイターの志望動機の例文×3

映像制作会社(CG)への志望動機

「貴社を志望したのは、CG映像技術が特に優れていると感じたからです。

子どものころに貴社がつくった「○○」と言う作品を見て、モーションキャプチャーを使ったリアルなCGに惹かれ映像制作の道を選びました。

専門学校でもCGについて専門的に学び、コンテストでの入賞経験もあります。

これまで身に付けてきた自分の力を生かし、働きながらさらにスキルを高めることで、貴社の作品作りに貢献したいです。」

映像制作会社への志望動機(広告)

「貴社を志望したのは、広告に対するメッセージの伝え方が素晴らしいと思ったからです。

学校で広告に関する映像を研究しているとき、高い技術と演出力があり、芸術性を兼ね備えながらもメッセージをわかりやすく伝えているCMを見て感銘を受けました。

私は、今後はものやサービスの価値よりも、コンセプトやコーポレートメッセージが重要だと考えます。

映像業界において先進的、革新的な映像を作り続けている貴社でぜひ映像制作に携わりたいです。」

映像制作会社への志望動機(冠婚葬祭)

「私が貴社を知ったのは、姉の結婚式がきっかけです。

姉が結婚式を挙げる際に○○という結婚式場を利用し、そこで撮影と編集のサービスをしていたのが貴社でした。

数時間前に撮影した映像を編集して結婚式の最後に流したり、リアルタイムで編集をしたりなど、個人のリクエストに合った映像をつくっているところに非常に惹かれました。

一人ひとりの希望に沿った映像をつくることで、多くの人に喜んでもらいたいと思います。」

映像クリエイターの面接で聞かれること・注意点

映像クリエイターの面接は、新卒か中途かで聞かれる内容が大きく変わります。

新卒の場合は、経験がないため志望動機や自己PRなど業界や映像制作に関する熱意を問われます。

中途の場合は、これまでの経験や実績、スキルなどを問われることが多いため、数字や情報など具体的な受け答えが必要です。

またクリエイティブな業界ではリクルートスーツでなく自由な服装であることも多いですが、服装で自己を表現するのではなく、あくまで面接内容で勝負しましょう。

映像クリエイターの自己PRのポイント

具体的なきっかけ

子どもの頃からテレビやCMが好きだった、映画サークルで映像制作に興味を持った、などこの業界に関心を持ったきっかけや出来事などを話すとよいでしょう。

自分の趣味やスキルなど

絵画や音楽など、映像制作の仕事に生かせるような趣味や特技がある人は、それをアピールしましょう。

また学校で習ったスキルや入賞した作品がある場合はぜひアピールしてください。

好きな映像作品について

映像制作の面接では、自分が一番好きな映像作品について質問されることもあります。

有名なものでなくてもよいので、質問されても答えられるようにいくつか作品を考えておくとよいでしょう。

好きな作品を話すことで、自分の価値観やセンスを知ってもらい自己アピールにつなげることができます。