「テレビ局社員」とは

テレビ局社員_画像

テレビ番組の企画・制作をするテレビ局に勤める人。制作部隊のほか営業職や事務職なども。

テレビ番組を視聴者に届けるために働いているのがテレビ局の社員です。

番組を作る「ディレクター」や「アナウンサー」「記者」「カメラマン」以外にも、CMのスポンサーを探す「営業」や「経理」「広報」「人事」などの職種があり、多くの人たちが放送の裏側を支えています。就職には四年制大学以上の学歴が必要となることが多く、試験は倍率が高いことで有名です。

高収入の業界として知られていますが、近年では若者を中心としたテレビ離れが加速し、テレビ局はどこも苦戦を強いられているという現状があります。

厳しい時代の中でもテレビへの情熱を持って新しいことに取り組みたい、という志がある人がチャレンジすべき業界といえるでしょう。

「テレビ局社員」の仕事紹介

テレビ局社員の仕事内容

良質なテレビ番組を届けるために

お茶の間に良質な番組を届けるのがテレビ局に勤めている社員の仕事です。

番組を企画する「ディレクター」や「プロデューサー」、ニュース原稿やナレーションを読む「アナウンサー」、事件や事故の取材をする「記者」、撮影をする「カメラマン」など、さまざまな職種の人たちが放送の舞台裏を支えています。

また、CMのスポンサーを探す「営業」や放送におけるタイムテーブルを作成する「編成」、この他にも「経理」「広報」「人事」を担当する職種もあり、事務系の人たちも活躍しています。

クリエイティブな仕事に携われることが多いので、好奇心旺盛な人や伝えることへの情熱がある人にとっては大きなやりがいを感じられる職場となるでしょう。

テレビ局社員の就職先・活躍の場

民間放送局やNHKに就職

テレビの業界においては、「キー局」と呼ばれている主要放送局があります。

一般的に、東京に本社を置く民間の放送局である「テレビ朝日」「TBSテレビ」「フジテレビジョン」「日本テレビ放送網」「テレビ東京」のことを指しています。

キー局に対して、全国各地にある民間の放送局のことを、地方局(またはローカル局)と呼んでいます。

テレビ局社員を目指す人は民放のキー局かローカル局、あるいはNHKに就職するのが一般的です。

テレビ局社員の1日

アナウンサーのスケジュール

04:00 起床
06:00 放送局に出勤
07:00 番組の打ち合わせとリハーサル
08:00 朝の情報番組を担当
10:00 終了後、反省会
12:00 昼食休憩
13:00 翌日の仕事の準備
16:00 退勤
21:00 就寝

アナウンサーとして朝の情報番組を担当しているテレビ局社員の場合、早朝からの勤務になります。

出勤後は番組の打ち合わせやリハーサルを経て生放送に臨み、放送終了後に反省会や翌日の準備をしてから退勤します。

テレビ局社員になるには

テレビ局の採用試験に合格を

テレビ局の新卒採用は基本的に年に一度行われています。

応募にあたって資格や免許は特に必要ありませんが、大学を卒業していることが応募条件となっていることが多くあります。

就職試験は、他の企業と同じように書類審査(エントリーシート)から始まります。

時事問題の筆記試験や面接やディスカッションがある場合もありますし、職種によっては番組の企画を立てる試験やスタジオで原稿を読むカメラテストを受けることもあります。

テレビ局社員の学校・学費

難関大学の出身者が多い傾向

テレビ局で正社員として就職したいのであれば就職試験の応募条件が「大学を卒業していること」となっていることが多いので、大卒の学歴が必要です。

また、試験の倍率が非常に高く厳しい戦いになることから、一般的にはテレビ局社員は難関大学か地元のトップレベルの大学の出身者が多いという傾向はあるようです。

大学院の卒業生や留学経験者も多いので、就職を目指すのであれば高い学力を身につけて多様な経験を積むことが大切です。

テレビ局社員の資格・試験の難易度

求められる専門スキル

テレビ局の社員になるために必要な資格はありません。

特定の資格よりもテレビに対する情熱や発想力や企画力などのクリエイティブな能力が重要な職業なので、このようなスキルがあることが重視されると考えておいたほうがよいでしょう。

必須ではありませんが、職種によっては、語学が堪能であることを証明する「TOEIC」や「英検」のような資格や日本語能力が高いことを証明する「漢字検定」などの資格が役に立つことがあります。

テレビ局社員の給料・年収

高収入のテレビ局社員

キー局の正社員というと「高収入」というイメージを持っている方が多いかもしれませんが、実際の年収も平均的なサラリーマンよりも高い傾向にあります。

入社の時点から給料が高く、フジテレビの場合は初任給が245,500円(2015年4月実績)です。

年に一回の昇給と年に二回の賞与もあり、30代で年収1000万円を超えることも少なくありません。

さらに住宅手当がついたり保養所を使えたりして福利厚生も整っています。

テレビ局社員のやりがい、楽しさ

テレビを通して世界を変える

テレビというのは何十万人もの人々に同時に視聴してもらうことが可能なメディアですから、そのぶん映像を通して伝えられることの可能性も非常に幅広くなります。

ドラマや情報番組を通して新たな流行を生み出すことができますし、報道番組が世論や政治を動かすきっかけとなることもあるのです。

「誰かに何かを伝える仕事がしたい」という情熱がある人にとっては、テレビの仕事は大きなやりがいを感じられる仕事となるでしょう。

テレビ局社員のつらいこと、大変なこと

放送直前は激務になることも

テレビ番組は放送日時に合わせてスポンサーのCMが流れることが決まっており、新聞やインターネットのテレビ欄にも告知が出ています。

これに間に合わせるためテレビ局の社員は常に放送日時という締め切りに追われており、必然的に激務となることが多いのです。

職種によっては深夜残業が続き精神的にも肉体的にもきつい生活になるので、特に女性にとっては過酷な毎日となります。

体力に自信がある人のほうが向いているでしょう。

テレビ局社員に向いている人・適性

高い倫理観のある人

テレビは「真実の報道」という重大な使命を背負っているメディアです。

ニュース番組では偏向的な取材や編集を行うことなく常に視聴者に真実を伝える姿勢を貫くことが大切です。

情報番組やバラエティ番組では「やらせ」と呼ばれるような作為的な演出は許されません。

最近ではインターネットの発展により演出側のごまかしが世間に見抜かれることも多いので、テレビ局社員が高い倫理観を持って放送に携わることが強く求められています。

テレビ局社員志望動機・目指すきっかけ

職種ごとの志望動機を大切に

テレビ局の場合は、就職試験の時点で希望の職種を決めておかなければいけないことも多いので、自分がどんな仕事に就きたいのかを具体的にイメージした上で面接に臨むことが大切です。

テレビ局の採用情報が掲載されているホームページには「ディレクター」「アナウンサー」「カメラマン」「営業」「編成」「経理」など各職種の詳しい説明が書かれているので、チェックして自分に最も合う職種を選んで志望動機を考えるとよいでしょう。

テレビ局社員の雇用形態・働き方

正社員と契約社員の違い

テレビ局の社員を目指す人の多くが正社員として雇用されることを希望していますが、実際は正規雇用の採用は非常に狭き門となっています。

そのため、非正規雇用の契約社員として就職する人も決して少なくはないのが現状です。

特に「ディレクター」「アナウンサー」や「記者」などの人気職種は契約社員として働いている人がたくさんいます。

本人の適性や実力、実績によっては中途採用で正社員になれるチャンスを掴めることもあります。

テレビ局社員の勤務時間・休日・生活

職種によって異なる勤務に

テレビ局の社員は、職種によって勤務のスケジュールが大きく異なります。

報道に携わる記者やディレクターやカメラマンの場合は、突発的な事件や事故の速報が飛び込んで来たら一刻も早く現場に直行するのが重要な任務です。

たとえ休日であっても深夜であっても電話で急に呼び出されることがあります。

その一方で広報や経理、人事など事務を担当している人たちの場合は、基本的には急な呼び出しや深夜残業、休日出勤などはありません。

テレビ局社員の求人・就職状況・需要

少ない求人に応募が殺到

テレビ局では毎年新卒の学生向けの採用試験が行われますが、狭き門であることで知られています。

ここ数年、キー局の新卒採用人数は全職種あわせても30人ほどであることが多く、ローカル局にいたっては数名のみの採用となる年もあります。

NHKの場合は300人ほどの新卒採用を行いますが、この人数は本部だけでなく全都道府県にある地方局に赴任する人を含めての人数となります。

非常に倍率が高いことは覚悟したほうがよいでしょう。

テレビ局社員の転職状況・未経験採用

マスコミ関係者の転職が多い傾向

テレビ局の採用は新卒採用がメインではありますが、最近では中途採用を行っているところもあります。

中途採用の場合、新聞社や出版社で働いていたマスコミ関係者、番組制作会社で番組を作っていたディレクター、フリーランスで働いていたリポーターやキャスターが正社員の雇用をめざして採用試験を受けることが多いようです。

異業種からの転職を歓迎しているというテレビ局もあるので未経験でも挑戦してみる価値はあるでしょう。

テレビ局社員の現状と将来性・今後の見通し

信念と覚悟の必要な業界に

時代の流れの中で若者を中心としたテレビ離れが加速し、テレビ局はどこも苦戦を強いられています。

よほど面白いコンテンツを生み出さなければ視聴者の興味を集めることができなくなっているのです。

これからの時代は本当にテレビが好きで「テレビの未来を守りたい」「新たなコンテンツを作ってテレビの時代を取り戻したい」という強い志がある人が、信念や覚悟をもってチャレンジすべき業界だと考えておいたほうがよいでしょう。