テレビプロデューサーのやりがい・楽しさ・魅力

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

テレビプロデューサーのやりがい・楽しさ

クリエイターとしての面白さ

日常的に激務となるテレビプロデューサーにはどのようなやりがいがあるのでしょうか?

プロデューサーは、番組制作における金銭面の管理をするとともに、番組の新企画や内容についても考える役割を果たしています。

つまり、「どんな芸能人を起用し、どのような番組を作りたいか?」というビジョンがあると、自分の思い描く通りの番組を作ることができるのです。

プロデューサーは、ものづくりをする仕事です。

自分が頭で描いたことをディレクターやAD、放送作家や他のスタッフとともにひとつの形に仕上げることで、クリエイターとしての大きなやりがいを感じられるでしょう。

憧れの人と働ける喜び

みなさんには憧れの芸能人や文化人、有名人がいるでしょうか?

プロデューサーに代表されるテレビマンは、自分の憧れの人と一緒に働くことができます。

これもひとつのやりがいといえるでしょう。

今、活躍している芸能人は、類い稀なる才能を持っている人ばかりです。

彼らの技術やオーラ、魅力を身近で感じる事ができるのはテレビマンにとって幸せなことです。

憧れの有名人が持ち合わせる魅力を最大限に生かし、テレビ番組を制作することは非常に難しく、プレッシャーも感じる事でしょう。

だからこそ、自らがキャスティングした芸能人がカメラの前で生き生きと仕事をし、それが番組で表現されたときの達成感は、何にも代えがたいものとなるのです。

視聴者の反響がやりがいに

プロデューサーの最大のやりがいは、視聴者からの反響が届いたときです。

番組が放送された翌日には、視聴率が発表されます。

その視聴率が高かったり、視聴者からの感想のメッセージが届いたりしたときには、激務のなか番組を制作した甲斐があったと実感できるのです。

また、最近ではTwitterやブログ、その他SNSサイトなどで、リアルタイムに視聴者の感想が目に届きます。

自分が制作した番組が誰かに見られているという達成感や、自らの企画で視聴者が盛り上がっているという喜びをダイレクトに感じられるのです。

もちろん、ときには視聴者からの批判をいただくこともあります。

そんなときは、「次は必ずもっと良い企画を放送する!」という強い意志を持てばよいのです。

賛否両論、どんな意見でも視聴者からの反応が届いたときに、仕事に対する情熱が生まれます。

テレビプロデューサーの仕事内容

テレビプロデューサーの魅力

 

近年は、「テレビがつまらなくなった」という声がよく聞かれます。

制作費削減により昔のように豪華な番組を作れなくなったという現状は、確かにあるのでしょう。

しかしながら、このような苦しい状況でも人気ドラマや定評のあるバラエティ番組、あるいは、視聴者の心をとらえるドキュメンタリーなど、質の高いテレビ番組はたくさん制作されています。

つまり、どんな状況にあっても、面白いアイデアや番組の演出次第で人気番組を作り上げることができるのです。

そしてそんな番組を作り出せるかどうかは、まさにテレビプロデューサーの腕にかかっているといってもよいでしょう。

激務となることもありますが、ひとたびヒットを生み出せれば、世間からの反響や業界内での名声、大きなやりがいと高い収入など、たくさんの宝物が手に入ります。

テレビプロデューサーは成功を夢見る人にとって、夢のある仕事なのです。