このサイトは演出家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「演出家」

仕事内容
演出家は、テレビドラマや映画、舞台作品を制作する際の、演出面に関する総責任者です。俳優の演技や照明、美術、音楽、装置などに関して指揮をとり、多くのスタッフをまとめながら作品の世界観を創り上げていきます。そのため、演出家は自らが演技や舞台芸術についての知識を持っていることはもちろん、高い指導力、表現力、センスなども求められます。中には、俳優業と演出の仕事を兼ねて活動する人もいます。
なるには
演出家になるのに決まった道はありませんが、表現の世界について深い知識を有していなければ、この仕事をするのは難しいでしょう。そのため、まずは専門学校や大学で演出について学び、制作会社に入社するケースが多いです。また、劇団で役者や俳優として活動しながら、演出家を目指す人もいます。いずれにせよ、すぐに第一線で演出の仕事をするのは難しく、長い下積み生活を経て実力が認められれば徐々に大きな仕事を任されるようになります。
給料
演出家といっても、例えば 大規模なドラマや映画作品を手がける場合と、個人劇団の小さな作品を手がける場合とでは給料に大きな差があります。第一線で活躍する有名演出家の場合、年収1000万円をゆうに超えますが、駆け出しの演出家の中には月に数万円程度しか稼げず、アルバイトをしながら生計を立てている人もいます。制作会社勤務の場合は毎月会社から給料が支払われるものの、基本的にフリーランスで働く人が多いため、不安定な生活になりがちです。
将来性
演出家には「こうすれば絶対に成功する」という方法はありません。才能があっても、芽が出ないまま脱落してしまう人も多い、厳しい世界であるということは覚悟しておく必要があるでしょう。しかしながら、この仕事は年齢を問わず一生続けられるものであり、もし自分の実力が認められれば、世界中で活躍できる可能性もあります。チャンスをモノにするためには、日々自分の感性や知識を深め、絶対に演出の世界で生き抜くという強い意思が求められます。