演出家と監督の違い

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

演出家と監督の仕事内容の違い

演出家と監督

厳密に言うと、監督や脚本家の意見を汲み、役者の演技や音楽、カメラワーク、ライティングなどに指示をしてより効果的な場面を作るように色を加え、脚色していくのが演出家です。

一方、演出、脚本、スタッフ、スタッフや俳優すべてをとりまとめ、作品全体を作っていくのが監督です。

監督はカメラマンと兼業することも多いです。

つまり監督の下に演出家という構図になりますが、近年ではこの区別もなくなってきました。

監督がいる場合は演出はおらず、逆に演出がいる場合は監督が不在の場合も珍しくありません。

つまり監督も演出もほぼ同じ役割で、作品に必要な演出をコーディネートしつつ、現場をとりまとめる指揮官ともいえます。

演出家、監督の違いは、その作品の現場でどう呼ばれるかの違いだけになっていることがほとんどです。

一つの作品に監督と演出家がいる場合

一般的には、演劇やミュージカルなど舞台作品の場合に演出家と呼ばれることが多いようです。

舞台の場合は「舞台監督」が別にいますが、スタッフの調整・指揮・進行管理をすることが主な仕事で、演出に直接口を出すことはほとんどありません。

テレビドラマやバラエティ番組では、監督と演出家が両方いることがあります。

この場合は、シリーズ全体の監修をするのが監督、各話の演出をするのが演出家というような役割分担になっているのが一般的です。

転身や兼業も多い

演出家と監督の垣根がなくなってきている最近では、監督と演出の両方をこなす人が増えてきています。

映画監督がドラマを演出したり、舞台の演出家がドラマや映画の監督を担当したり、どちらのケースも話題性もあって注目を集めることが多いようです。

舞台の演出家がドラマや映画作品などで監督デビューする場合、自分の所属する劇団やひいきの役者を起用する例もよく見られます。

それをきっかけに露出が増え、一躍人気となる役者が多いのも特徴です。

まずは自分の得意分野でしっかりと実績を積み、チャンスがあれば他分野にも挑戦できる、幅広い活躍ができるのも演出家の魅力のひとつです。

映画監督の仕事

演出家と監督のなる方法・資格の違い

演出家になるためには、大学や専門学校で必要なノウハウを学び、その後に制作会社へ入社する人や、劇団へ所属する人が大半です。

専門的な知識をつける前に現場へ飛び込み、アシスタントやアルバイトとして下積みをする方法もあります。

一方監督の場合は、映画制作に関する知識を学び、映画制作会社へ入社したり、直接映画監督の弟子となったりして、働きながらスキルアップを目指す人が多いです。

まずは映画監督の下のポジションとなる「助監督」として実績を積み、一人前になるまでには10年以上かかる場合もあります。

演出家と監督の資格・必要なスキルの違い

演出家、監督ともに芸術性を求められる仕事です。

ただし感性が優れているだけではなく、多くの役者やスタッフをまとめ上げなくてはならないため、人に好かれ、信頼されるような人でなくてはなりません。

演出家と監督の学校・学費の違い

演出家も監督も、映像制作を学べる学校や演劇を学ぶ学校へ進学するのが一般的です。

映像系や演劇の専攻学科がある美術系の大学もありますが、必ず専門の学校で学ばなければこの仕事になれない訳ではありません。

演出家と監督の給料・待遇の違い

演出家の場合給与の幅はとても広く、駆け出しの頃にはアルバイトを掛け持ちしながら活動するケースも珍しくありません。

テレビ局や制作会社に就職した場合、初任給は20万円程度のところが多いです。

一方、映画監督はフリーランスで働く人が多く、作品1本ごとのギャラとして支払われます。

ギャラは、駆け出しの監督であれば作品1本につき400万円程度、大物監督になれば1本1000万円以上となることも珍しくありません。

作品のDVD化などによってさらなる収入も期待できます。

演出家と監督はどっちがおすすめ?

近年では演出家と監督には厳密な違いはなく、同様の仕事をしていることが大半です。

どちらかの職業を目指す場合は、チャンスがあればどちらも経験してみるつもりでチャレンジしてみるとよいでしょう。