映画配給会社社員のやりがい・楽しさ・魅力

映画配給会社社員のやりがい・楽しさ

映画の魅力を伝えるために

映画配給会社で働きたいと思う人は、少なからず映画に対して思い入れがあることでしょう。

自分が大好きな映画に仕事として関わっていき、素晴らしいと思う映画を世の中に広めていける映画配給会社の仕事。

映画を愛する人にとっては、それだけでも大きな魅力を感じられるものです。

「映画を一人でも多くの人に見てもらえるようにするにはどうすればよいのか」。

それを徹底的に考え続けていき、作品を世に送り出していくことの喜びを日々感じられる仕事です。

アイデアを仕事に反映

映画配給会社では、映画の効果的な売り込み方についてもイチから考え、方針を立てていかなくてはなりません。

そのためには世の中の動向やニーズ、流行などを理解している必要があります。

さらに各メディアとの関係構築、そしてさまざまなものにアンテナを張っている必要があります。

自分のアイデアを一つずつ形にしていく作業は骨の折れるところがある反面、とてもやりがいがあり、うまくいけば大きな達成感が得られることです。

自分が考えたことを具現化するのが好きな人であれば、ワクワクしながら仕事ができるでしょう。

観客からの反応が励みに

映画配給会社で働いていて嬉しくなる瞬間の一つは、映画の公開初日、劇場にお客さまがたくさん入っているのを見たときでしょう。

そして「すごくよかった」と笑っている人、感動の涙を流している人を見れば、それまでの苦労も一気に吹き飛びます。

また、自身が関わった作品がテレビや雑誌などでたくさん取り上げられているのを見たときも嬉しくなります。

後世までずっと愛され続けていく作品に関われる喜びは、何物にも代えがたいものだといえるでしょう。

映画配給会社社員の仕事内容・企業の種類

映画配給会社社員の魅力

好きなことを仕事にできる

映画配給会社で働いている人は、自分の好きなことを仕事にしている喜びを感じられます。

仕事を通じてさまざまな作品に触れることができるので、客としてお金を払って映画館に通わなくても流行の映画を観ることができるのです。

映画配給会社の社員は根っからの映画ファンであることが多く、映画研究会や映画サークルの出身者も珍しくありません。

学生時代は自分で映画を撮っていた、というほど熱心な人もいるほどです。

まさに趣味の延長線上に仕事があるような状態ともいえます。

たとえ忙しい毎日を送ることになっても、ストレスがたまることがあっても、映画に携れる喜びが仕事を支えてくれるでしょう。

業界内で広がるコネクション

映画配給会社で働いていると、業界の関係者との交渉や打ち合わせ、インタビューなどをする機会があります。

仕事を通して、ずっと憧れていた映画監督や大好きな芸能人と会える機会を得られるのは幸せなことです。

また、広告代理店やプロダクション、メディアの関係者など、さまざまな業界の人たちとやり取りをする機会があります。

キャリアを積み重ねるのと同時に人脈が広がっていくので、刺激の多い毎日を送ることができます。

このことも、映画配給会社社員として働く魅力の一つであるといえるでしょう。