テレビ局に就職するためにはどんな学校に行けばいい?(学歴・大学学部)

テレビ局社員になるための学校の種類

 

テレビ局で働くには「正社員として働く」「契約社員として働く」「業務委託をしている番組制作会社の社員として働く」などの道があります。

正社員として就職するのであれば、試験の応募条件が「四年制の大学を卒業していること」であることが多いので、大卒の学歴が必要です。

契約社員や番組制作会社の社員の場合は、高卒や専門学校卒の学歴でも問題ないことがあります。

どのルートを目指すかによって求められる学歴が異なるので、早い段階で進路を考えることが大切です。

たとえどんなに才能やセンス、熱意があっても、学歴が要件を満たしていなければ残念ながら応募することさえできません。

少しでも正社員を目指す可能性があるのなら、四年制の大学に進学しておくと選択肢を広げられます。

テレビ局で働くには

テレビ局社員になるための大学

テレビ局は就職試験の倍率が非常に高く、受験生にとっては厳しい戦いになります。

そのため、大学のレベルはできるだけ高いほうがよいといわれています。

キー局の場合は、東大、京大、早稲田、慶応、上智などの有名な大学の出身者が。

地方局の場合も関東や関西の有名大学か地元のトップレベルの大学の出身者が多いという傾向はあるようです。

また、大学院の卒業生や留学経験者も多いので、高い学力を身につけて多様な経験を積んでおくことが大切です。

正社員を目指す場合の大学の学部に関しては、これといった決まりはありません。

アナウンサーやディレクターは文系が多く、技術職は理系が多い傾向はありますが、希望する職種や仕事の内容を踏まえて決めれば問題ないでしょう。

また、大学によっては「マスコミ研究会」や「アナウンス研究会」というサークルがあり、たくさんのマスコミ内定者を輩出しています。

このようなサークル活動での経験や人脈が就職活動で役立つことがあるので、大学を選ぶ際に参考にするのもよいのではないでしょうか。

テレビ局社員になるための専門学校

テレビ局社員のなかでもアナウンサーを目指す人の場合は、大学とアナウンスの専門学校をダブルスクールで通うことが多いようです。

アナウンサーの採用試験は特殊で、実際にニュース原稿を読むカメラテストが行われます。

こうした試験の対策のために、多くの受験生はアナウンスの専門学校やアナウンススクールに通って、プロの発声技術を学ぶのです。

地方の出身者や帰国子女の場合、自分では気が付かないうちにイントネーションに独特の癖がついてしまっていることもあります。

こうした癖を早い段階で修正するため、大学に入ってからすぐに専門学校を探す人もいます。

ただし、専門学校に通うことはマストではありませんし、授業料も高額なので無理に通う必要はありません。

アナウンサーの他にも、ディレクターやカメラマン向けの養成講座やスクールに通う人もいます。

テレビ局社員の学校選びのポイントは?

テレビ局の社員を目指すための学校選びのポイントは、まずは四年制の大学に進学することです。

テレビ局の採用試験は非常に倍率が高いので、できるだけレベルの高い大学を目指すとよいでしょう。

マスコミに多くの人材を輩出している大学であれば、OBや教授から話を聞きやすいというメリットもあります。

そのうえで、自分が目指す職種を決める必要があります。

もしもアナウンサーを目指すのであれば、大学のアナウンス研究会や放送部に所属するとよいでしょう。

また、アナウンサーの専門学校やアナウンススクールに通いながら発声のトレーニングをする道もあります。

大学生活の四年間という限られた時間のなかで、いかにして自分の持ち味と技術を磨くかが大切です。

大学でも専門学校でも積極的に学ぶ姿勢を持ち続けることが何よりも求められます。