テレビ局に就職するためにはどんな学校に行けばいい? 有利な大学・学部はある?

テレビ局で働くことは、メディアで働きたい多くの学生にとって大きな目標です。

しかし、テレビ局に就職するためには、適切な進路選択や一定の学歴を持つことが重要です。

しかし、学歴だけではなく、熱意や才能も重要な要素となります。

この記事では、テレビ局に就職するための学校選びのポイントや求められるスキルについて解説し、テレビ局に就職するための道のりを紐解いていきます。

テレビ局社員になるためには四年制大学に進学する

テレビ局で働くには、正社員、契約社員、番組制作会社の業務委託社員などさまざまな道があります。

学歴要件はそれぞれ異なるため、進路を考える際には注意が必要です。

一般的にテレビ局の正社員として就職するためには、四年制の大学を卒業していることが求められます。

大卒の学歴が必要とされる理由は、幅広い知識や学術的な背景を持つ人材を求めているからです。

一方、契約社員や番組制作会社の社員として働く場合は、高卒や専門学校卒の学歴でも問題ないことも多いです。

こうしたポジションでは、学歴よりも実務経験や専門知識、実績などが重視されることがあります。

自身がどのルートを目指すかによって求められる学歴が異なるため、早い段階で進路を考えることが重要です。

一方で、学歴だけでなく、才能やセンス、熱意も重要な要素です。

学歴が要件を満たしていない場合でも、実務経験や関連する資格の取得などで自己アピールをすることで採用されることは珍しくありません。

ただし、将来的に正社員を目指す可能性があるのであれば、四年制の大学進学を検討することで選択肢を広げることができます。

テレビ局で働くには

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

テレビ局社員になるために学部は決まりはない

テレビ局の就職試験は競争率が高く、大学のレベルが一定の参考になることがあります。

キー局においては、東大、京大、早稲田、慶応、上智などの有名大学の出身者が多く見られます。

地方局でも関東や関西の有名大学や地元のトップレベルの大学の出身者が多い傾向があります。

また、大学院の卒業生や留学経験者も多く、高い学力や多種多様な経験を身につけることが求められることもあります。

ただし、大学の学部に関しては特に決まりはありません。

アナウンサーやディレクターの職種では文系の学生が多く、技術職では理系の学生が多い傾向がありますが、希望する職種や仕事の内容を考慮して大学を選ぶことが重要です。

放送・映像学部やメディア・コミュニケーション学部などに所属することは、マスコミについて知識をつけることにはなりますが、これは必ずしも必須ではありません。

また、大学のサークル活動も就職活動に役立つ要素となる場合があります。

例えば、「マスコミ研究会」や「アナウンス研究会」といったサークルがある大学では、マスコミ業界での内定者を輩出していることがあります。

このようなサークル活動を通じて経験や人脈を築くことは、就職活動を進めるうえで有利になることがあります。

テレビ局社員になるための専門学校も多い

アナウンサーを目指す場合、大学とアナウンスの専門学校をダブルスクールで通う人も多くいます。

放送局や映像制作会社と提携している専門学校や専門コースは全国各地に数多くあります。

一般的な専門学校の他にも、各テレビ局がアナウンサー志望者向けに「アナウンススクール」や「アナウンス講座」等を開講していることもあります。

アナウンサーの採用試験は独特であり、実際のニュース原稿を読むカメラテストなどが行われるのが一般的です。

このような試験に対応するため、多くの受験生はアナウンスの専門学校やアナウンススクールに通ってプロの発声技術を学びます。

特に地方の出身者や帰国子女の場合、イントネーションに独特の癖がついてしまっていることがあるかもしれません。

早い段階で癖を修正するために、大学入学後すぐに専門学校を探す学生もいます。

ただし、専門学校に通うことは必須ではありませんし、こうした学校に通っていないながらも、アナウンサーとして採用された人もたくさんいます。

また、アナウンサーの他にも、ディレクターやカメラマン向けの養成講座やスクールに通う人もいます。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

テレビ局社員の学校選びのポイント

テレビ局の社員を目指す際の学校選びのポイントとして、以下の要点が挙げられます。

四年制の大学への進学

正社員を目指すのであれば、四年制大学を卒業することは必須です。

テレビ局の採用試験は競争率が高いため、できるだけレベルの高い大学を目指すことが重要です。

テレビ局採用者を輩出している大学の選択

マスコミに多くの人材を輩出している大学であれば、OBや教授からのアドバイスを受けることができるなどのメリットがあります。

目指す職種の決定

自分が目指す職種を具体的に決め、それに適した学校やサークル活動に参加することが重要です。

たとえば、アナウンサーを目指す場合はアナウンス研究会や放送部に所属することで採用に近づくことができます。

専門学校やアナウンススクールへの通学

アナウンサーを目指す場合、発声技術などを磨くために専門学校やアナウンススクールに通うことも選択肢の一つです。

ただしこれは必須ではありませんし、通ったから必ず合格するというものでもありません。

自分を磨き続ける

大学や専門学校で学ぶだけでなく、積極的に学び続ける姿勢を持ち、自分の強みや特技を持つことが重要です。

自分の持ち味や技術を磨くために、大学生活の四年間を有意義に過ごすことが求められます。

これらのポイントを踏まえながら、合格に向かって学校選びを進めることが重要です。

テレビ局に就職するには?のまとめ

一般的に、テレビ業界では専門的な知識や実践的なスキルが求められます。

そのため、四年制大学に進学するのがはじめの一歩となります。

放送・映像学部やメディア・コミュニケーション学部など、関連する学問を専攻する大学に進学する人も多いですが、これらは必須ではありません。

合格に近づくために、放送局や映像制作会社と提携している専門学校や専門コースと大学をダブルスクールをする人もいます。

学生時代から実践的なスキルを身につけるためには、大学内の放送部や映像制作サークルなどに参加するなど、積極的に活動することが大切です。